【仕事の選び方】お金のためだけの仕事を選ばないための3つのポイント

スポンサーリンク



こんにちは、「なりたい自分になる」を実践、発信中のゆうにゃん(@younyanco2)です。

36歳、最近仕事を辞めました。次の仕事も決まっておらずニート満喫中です。


なぜ、今仕事をやめることにしたかについては 「36歳独身女が正社員雇用の会社員を辞め、フリーターになる道を選ぶ理由」の中で詳しく書きましたので興味のある方は是非\(^o^)/

さて、無職なわたしですが、玉の輿に乗っているわけでもなく収入がないと生活は出来ません。

なので働くつもりでいるのですが、次はどんな仕事にしようかなーと考えている最中です。

ところで、あなたは仕事を選ぶとき、何を基準にして選択しているでしょうか?

給与面?時間帯?やりがい?色んな条件が人それぞれにありますよね。

わたしはこれまでは「生活のための仕事」を選んできました。
つまり「お金」のために仕事を選んできたとも言えます。

ですが、最近になってその選択の方法は間違いで、正しい仕事を選択するためには3つのポイントがあることに気付くことが出来ました。

そこで今日は間違わない仕事の選択をするための3つのポイントについてご紹介していきます\(^o^)/

「お金のため」の仕事はなぜ間違いなのか?

まず、最初に考えていきたいのがなぜ「お金のため」の仕事は間違いなのか?についてです。

ここは人それぞれの考えがあるので正解や不正解はないのですが、わたしの持論を述べさせていただきたいと思います。

生活をするのにはお金は必要不可欠

当たり前ですが、生活していくのにはお金がかかります。
何をするにも、です。

先にも述べましたが、わたしはこれまでは「お金のため、生活のために」仕事をしていました。

自分の親も、周りの友人も、「安月給だ」「ブラック企業だ」と愚痴をこぼしながらも生活のために働いているし、そうすることが当然だと信じていました。

「好き」は仕事に出来る事を知った

ですが、世の中にはお金のため、生活のためではなく自分の楽しみとして働いているひとがいることを知りました。

自分の「好き」を仕事にしている人たちがいるのです。

「そんなこと出来るのは才能のある一部の限られた人たちだけだ!」と思う人がほとんどですよね。

わたしもずーっと長い間そう思っていたのでよくわかります。

しかし、「好き」を仕事にしている人を見ていると、天才だからではなくきちんと自分と向き合い自分の才能をしっかりと見つけることが出来たからだと気付けます。

「わたしには才能がない!」と嘆く前に気付いて欲しい5つのこと

2018.01.09

あなたも自分自身のこととして考えてほしいのですが、「お金のため」に働くより「好きなことのため」に働く方が何倍も楽しいことが想像できるかと思います。

そんな生活が羨ましいとさえ、思うはずです。

人は「安心するために」お金を求める

自分の中のそういう思いに気付いたとしてもやっぱり「自分には出来ない事」だと思う人もいますよね。

それはなぜかというと、お金のために働いている方が安心だからです。

守るべき家族がいれば、なおさらそう感じると思うのですが、自分の「楽しい」を求めるよりも「安定、安心」を求めますよね。

安心、安定はもちろん大事です。
だってお金は必要ですから。

スポンサーリンク

好きでもない仕事は自分を消耗させているだけの時間

ですが、考えてほしいのはお金に踊らせて、自分を見失っていないか?ってことです。

わたし自身、前職では安定を求め好きでもないつまらない仕事を4年半続けていました。

  1. 朝起きて「今日も仕事か…」とため息つきながら支度して、長い道のりをぼーっとしながら仕事に向かう。
  2. 退屈な時間だと感じながらも最低限の仕事をこなして終わるのを待つだけの時間を過ごす
  3. 定時きっかりに会社を出てまた明日に備える

たったそれだけの時間を4年半も過ごしていたのです。
そこになにがあったかというと、「無」です。

厳密に言うとなにかしら学んだこともあっただろうし、感じていたのでしょうが、思い出せない程度のことでした。

今思えば、「お金のため」と安定を求めるだけの仕事は、会社に時間を売って自分を消耗させるだけだったと気付けます。

安定と引き換えに自分自身を失くしていた、とも言えるかもしれません。

たった一度の人生をそんなことに使っている時間はない、自分を取り戻す!思うようになり、わたしは仕事を辞めました。

自分を取り戻すための仕事を選ぶ3つのポイント

前置きが随分と長くなってしまいましたが、自分を取り戻すためには好きなことを仕事にしてしまうことが一番です。

お金になるかならないかは別にして、好きなことを仕事にして生きていけたら最高ですよね。

それでも「まだ好きなことが見つかっていない」という人も多いはずです。
わたし自身まだ明確なモノは見つかっていません。

それでも生活はしないといけないのでいつまでも無職ではいられません。

では好きなことがまだ見つかっていないひとはどんな仕事を選択するべきかについてポイントをご紹介していきます\(^o^)/

そのポイントとは3つあると考えています。

  1. どんなに給料が良くてもやりたくない仕事はしない
  2. 自分の条件に合った仕事を選択する
  3. 自分が学びたい分野を選択する

以下で説明していきます\(^o^)/

スポンサーリンク

仕事を選ぶ3つのポイント①どんなに給料が良くてもやりたくない仕事はしない

わたしで言うならば営業などの仕事は向いていないと自分でもわかるし、やりたくないと思います。

そのように誰にでも「これだけはちょっとやだなー」という仕事があるかと思いますが、そういう仕事はどんなに給料が高くてもやらないと決めてしまいましょう。

「少し嫌だけど、給料が高いし我慢できそう」くらいの仕事ももちろんNGです。

なぜなら、我慢することを前提にしているし、すでにお金に踊らされていますよね。

仕事を選ぶ3つのポイント②自分の条件に合った仕事を選択する

仕事を選択する際に、必ず自分の条件を明確にしましょう。

給与面もそうですが、時間帯や休日などです。

「働ければなんでもいいや~」というふうに、他人(会社)に自分の時間をゆだねないこと。

それはつまり、自分の人生を他人任せにしていることと同じです。

自分の条件を明確にして、それに合った職場を選ぶようにしましょう。

仕事を選ぶ3つのポイント③自分が学びたい分野を選択する

好きなことがまだ見つかっていないとしても、自分が「学びたい」分野を選択するようにしましょう。

わたしだったらWEB関係か、フィットネス関係です。

まったく興味がない分野がダメな理由は「頭を使わない」からです。

学びたい仕事を選択すれば日々頭を使います。

考えることって大人になればなるほど減りますが、実はそれが一番ダメで、常に頭を使って考える環境に身を置きましょう。

思考力がなくなった?!30代からの『考える力』を鍛える4つの方法とは?

2017.10.29

今日のまとめ。

今日は「お金のため」だけの仕事を選ばないための3つのポイントについてご紹介してきました。

お金は大事です。大事ですが、一番大事ではないですよね。

だから、あなたにもお金のためではなく、自分の人生のための仕事をして欲しいと思います。

なによりも心を豊かに出来る人生を送りましょう。

それでは、また!