「ハイボールなら太らない♪」は勘違い!アルコールとダイエットについて考えてみる

こんにちは、内向型*マッチョ女子のゆうにゃん(@younyanco2)です。

最近、友人や知り合いとの会話で、「お酒はハイボール飲んでいれば、太らないよね!」という人が増えているように感じます。

ハイボールは太らないと信じ込んでいる人、とても多い。
これは、はっきり言いまして、とんだ勘違いです!!!

ハイボールでも、飲み過ぎれば、太ります。
そのことに警鐘を鳴らすべく、今回は、ハイボールが太りにくいと言われる理由と、アルコールとダイエットについて、解説していこうと思います。

なぜ、「ハイボールは太りにくい」と言われるのか

あなたも、聞いたことがあると思います。「ハイボールは太りにくい」という言葉を。
事実、わたしもそう思っていました。

これは真実であり、真実でないとも言えます。
どういうことかと言いますと、ご存知の通り、ハイボールとは蒸留酒であるウイスキーと、炭酸水を割った飲み物のことです。

日本で売られているお酒の種類は大きく3つある

蒸留酒って?と疑問に感じたかもしれませんが、お酒の種類は大きく分けて、3つあります。

醸造酒→お酒の原料を、酵母によってアルコール発酵させたお酒のこと。
原料である、米や麦、ブドウに含まれる糖分などが成分として、多く残っているのが特徴です。
日本酒、ビール、ワイン等

蒸留酒→醸造したものを、蒸留という過程を経て作られるお酒のこと。
アルコール度数が高くなるけど、糖質が取り除かれるため、糖質をほぼ含みません。
ウイスキー、焼酎、泡盛等

混成酒→醸造酒や、蒸留酒に果物や糖質などを加えたもの。梅酒や、リキュール等。

このように、蒸留酒は唯一、糖質を含まないアルコール飲料なのです。
蒸留酒であるウイスキーを、炭酸水で割った飲み物であるハイボールは「太りにくい飲み物」と認知されていったというわけです。

糖質を含まないアルコール飲料=太らない?

「糖質を含まないアルコール飲料」ならば、太らないんじゃない?って思ってしまいがちですよね。
たしかに、スーパーで売られているアルコール飲料のパッケージには「糖質ゼロ」の文字が増えました。

「糖質ゼロだから、太りにくいぜ~」と言いたげに。
これは、アルコール販売メーカーが仕掛けているだと言えるかもしれませんね。

どういうことかと言いますと、そもそも、太る・太らないは糖質の有無ではなく、摂取カロリーによるのです。それをしっかり理解していない人が多いので、「ハイボールなら太らないんでしょ?」なんていう勘違いが起きてしまうのです。

これから、詳しく解説していきますよ。

アルコールは糖質ゼロでも、実は、ハイカロリー。飲み過ぎれば当然太る。

先ほど、そもそも「太る・太らないは糖質の有無ではなく、摂取カロリーによる」と言いました。

どういうことか詳しく言うと、わたしたちはシンプルに、消費したカロリーよりも、摂取カロリーが多ければ太るし、逆に、摂取カロリーが少なければ、痩せます。

本当にシンプルな、カロリーのルールだと思います。

消費カロリー < 摂取カロリー⇒太る
消費カロリー > 摂取カロリー⇒痩せる

そのカロリーの内訳は、正直どうでもいいんですよ。
シンプルに、消費カロリーより多いか、少ないか、なんですよ、太るか痩せるかは。

なので、糖質がゼロだから、太らないっていう話がそもそもおかしいわけなのですね。
それはなぜかと言うと、糖質ゼロであっても、アルコール飲料にもカロリーというものが存在するからです。

アルコールはハイカロリーであるという事実がある

アルコール1gあたり7kcalあります。
ちなみに、他の栄養素のカロリーについても見てみましょう。

お肉や魚に多く含まれるタンパク質で1gあたり4kcal
お米やパンに多く含まれる炭水化物も1gあたり4kcal
油やナッツ、アボカドなどに多く含まれる脂質は1gあたり9kcal

このように見てもわかるように、アルコールのカロリーは実にハイカロリーです。
これだけじゃ、わかりにくいかもしれないので、1つ例を挙げて解説してみます。
タカラ酒造さんの、「焼酎ハイボールドライ」です。(タカラ「焼酎ハイボール」から引用。)

わたしも大好きで随分とお世話になりました。
コチラ商品、みんな大好き「糖質ゼロ」ですね。

栄養成分を見てみましょう。
タンパク質、脂質、それ以外の成分もほぼ、0gなのに、カロリーが100mlあたり、42kcalもあるんですね。

「42kcalなら、たいしたことないじゃん!」って思ったかもしれませんが、これもよくある勘違いでして、これは100mlあたりのカロリーであることを、落としがちなんですよね。

この写真のサイズですと、350mlなので、42×3.5をすると、147kcalになるのです。
お茶碗1杯の白米が、約150kcalと言われるので、ほぼ同等のカロリーがあるわけです。

1日1杯程度なら、オーバーカロリーにはならないかもしれませんが、2、3杯飲んでしまえば、あっという間にオーバーカロリーになることが想像できますよね。

「ハイボールなら太らない♪」は勘違いの話のまとめ

ハイボールなら太らないということが、勘違いであることは、お分かりいただけたかなーって思います。

何度もしつこいくらいに言いたいのですが、太る・太らないは糖質の量とか関係なく、消費カロリーと摂取カロリーのバランスによります。

消費カロリー < 摂取カロリー⇒太る
消費カロリー > 摂取カロリー⇒痩せる

でしたよね。

太りたくない、痩せたいと考えているのであれば、まずは、ご自分の消費カロリーを知ることを最優先してくださいね。

ネットで「消費カロリー」「基礎代謝量」などで調べればすぐにわかると思いますよ♪
自分の1日の消費カロリーを知ることで、摂取カロリーも自然と決まってきますので、そのカロリー内でアルコールを楽しむ分には、太ることも考えにくいというわけなのですね。

糖質ゼロ=太らないという考えは、勘違いであることを、是非、知ってほしくて記事にしました。
あなたの生活にお役立て出来ればと思います\(^o^)/

それでは、また。