「時間泥棒されている!!」とイライラする前に考えたい3つのこと。

こんにちは、「なりたい自分になる」を実践、発信中のゆうにゃん(@younyanco2)です。

あなたは他人に「時間を奪われている」と感じてイライラすることはありませんか?

自分の時間をしっかり有効活用したい人にとって時間泥棒されることは大きなストレスになりますよね。

先日、【時間の使い方で「人生が変わる!」時間を無駄にしないための3つの心得】という記事を書きました。

この記事の中でも時間を無駄にしないためには時間泥棒はしない、させない習慣にしましょうというお話をしたのですが、今回はその時間泥棒について少し掘り下げて考えてみようと思います。

「時間泥棒されている!!」とイライラする前に考えてほしい3つのこと

重い言い方になりますが時間=命です。

時間を大事に出来ないひとは命を大事に出来ないことに等しいとわたしは思っています。

だからこそ時間泥棒はしないし、させたくない。

でも、時間泥棒をされている!とイライラする前に考えてほしいことが3つあります。

  1. なぜ、あなたは時間を泥棒されてしまうのか?
  2. その時間は本当に泥棒されている?
  3. そもそもあなた自身、時間の浪費はしていないか?

以上の3つです。
1つずつ、以下で説明していきます\(^o^)/

①なぜ、あなたは時間を泥棒されてしまうのか?

時間泥棒をされやすい人、そうでない人がいます。

時間泥棒をされやすい人の例を挙げるならば、

  • ついつい相手の(内容の薄い)長話を聞いてしまう。
  • それって自分の仕事?と感じながらも頼まれた雑用をしてしまう
  • 意味がない、とわかっている電話に出てしまう

思い当たることはありませんか?
実は以前のわたしはこうでした。時間を奪われまくっていたのです。

なぜ、奪われていたのか?
それは、「時間を泥棒されている、奪われている」という意識がなかったから。

なんでもそうですが、意識しないと気付かないことが世の中にはあふれています。

例えば、一円玉が一万枚入っている透明のボールがあるとします。毎日一枚ずつ知らない間に抜かれていたら、抜かれていることに気づくのはいつでしょう?

百枚抜かれたとき?千枚抜かれたとき?

それは人それぞれですよね。どれだけ注意を払えるか、なんです。

一円玉の例えと同じように、あなたの時間はあなたの命の等しいということを肝に銘じていただけば、時間泥棒に対する注意が出来るのではないでしょうか?

スポンサーリンク

②その時間は本当に泥棒されている?

「時間泥棒がいる!」と気付いてしまうと敏感になりすぎてしまう場合があります。

先ほどの一円玉泥棒の話で置き換えてみると、一円玉が抜き取られていることに気付いたらあなたはまず何をしますか?

わたしだったら、「誰が抜いてるのか?」犯人探しをします。

一円玉が入っている透明のボールの周りをうろつく人をいちいち疑ってしまうかもしれません。

このように、時間泥棒に対しても過敏に反応して「今、わたしは時間を奪われてる!」と感じるようになります。

そうなった場合、そう感じてイライラする時間が逆に無駄になりますよね。

そうならないためにも、落ち着いてみることをオススメします。

あなたがやらないと決めたことをさせようとする人だけが時間泥棒です。冷静さは大切ですね。

時間が足りないと感じている人、必見!時間を生み出すためのたった一つの方法

2018.04.16

③そもそもあなた自身、時間の浪費はしていないか?

時間を泥棒されることにばかり過敏になって、あなた自身はどうですか?

時間を無駄にしていないでしょうか?

昔、早朝のコンビニで働いていたことがあります。通勤ラッシュの時間帯はお客さんが増えますが、お客さんは並ぶことにイライラしますよね。

わたしはそのことに違和感を抱いていました。

並ぶことにイライラして店員に粗悪な態度を取るくらいなら、並ばないでいいように時間帯を変えるとかすればいいのに、と思っていたのです。

待たされる=時間泥棒と感じてイライラするわけですが、そもそも待たされるような決断をしているのはあなたなのです。

また、わたし自身のはなしになりますが、わたしは現在会社員として働いています。

ブログを書いたり、ジムへ行って身体を鍛えることが好きで日々、時間を効率的に使えるように意識していますが、「やりたいことが出来ない」でイライラすることがあります。

話が長いパートナーさんにイライラすることもありました。

自分自身、イライラするのは嫌だしどうしたら良いかと考えたときに、まずは自分自身の時間の無駄を省かなくちゃ!と気づくことが出来ました。

わたしのことでいうならば、楽しくもない仕事に費やしている時間。
仕事のために費やしている時間は準備や通勤時間も考えれば毎日12時間(!!!)もあります。

仕事はしないといけないので仕事に費やしている12時間をゼロにすることは難しいですが、変えていくことは出来るな、と思い仕事をやめることにしました。

36歳独身女が正社員雇用の会社員を辞め、フリーターになる道を選ぶ理由

2018.08.10

他人に対して「時間泥棒されている」と過敏になる前に自分自身は時間を無駄にしていないか?

自分に確認してみてくださいね。

今日のまとめ。

今日は「時間泥棒されている!!」とイライラする前に考えたい3つのことについてご紹介してきました。

繰り返しになりますが、時間は命です。

たった一度の人生を自分の楽しみ、幸せのために使えるように無駄をなくしていきましょうね。

時間泥棒はしない、されないことが大事です。

それでは、また。

スポンサーリンク