【女性が苦手…】わたしが女性と距離を置くようになった4つの理由

スポンサーリンク

こんにちは、「なりたい自分になる」を実践、発信中のゆうにゃん(@younyanco2)です。

突然ですが、実はわたし、同性である女性が苦手…
わたしと同じように女性の中には同性である女性が苦手っていう人多いみたいです。

わたしは会社でもプライベートでも女性の集団にはなるべく近付きません。

輪の中には絶対に入りません。

今日はわたしが女性と距離を置くようになった理由と苦手な女性とうまく付き合っていく方法についてご紹介していきます\(^o^)/

わたしが【女性が苦手】だと感じる4つの理由

わたしが女性が苦手だと感じるようになったのには4つの理由があります。

 ①女性はある日突然、手のひらを反(かえ)す

 ②女性って群れたがる

 ③女性って陰口が大好物

 ④女性って話が長い

以上の4つがわたしが女性を苦手だと感じる4つの理由です。
以下で1つずつ説明していきたいと思います。

【女性が苦手】だと感じる理由①女性はある日突然、手のひらを反(かえ)す

これ一番の理由です。

学生時代にちょっとトラウマ的に衝撃な出来事がありましてそこから女の子不信になった気がします。

私は高校時代女子高に通っていました。
クラスの人数も少なかったせいもあり家族みたいにみんなが仲良くて楽しく過ごしていました。

もともと人見知りが激しく周りとうまくやれないわたしでも心を開ける場所を見つけた気がして毎日が楽しかったんです。
その中でも特に仲良しの子がいてその子とはいつも馬鹿やっていました。

初めて出来た「親友」だったのです。

そんな中、クラスに転入生がやってきました。
ユーモア溢れる面白い女の子で私たちはすぐに仲良くなったのです。

親友とわたしと転入生の3人で過ごすことが多くなりました。
でも時間が経つにつれわたしはどんどん一人になっていったのです。

何が起きたわけではありません。

わたしが何かをしでかしたわけでもありません。

のちのちその転入生から聞いた話では
「あの時ひとりになるのが怖かったから奪うようなことしてしまった」そうです。

そういうのがわかんないんですよね。3人で仲良くすれば良くないですか

友達に対する独占欲って女の子独特のような気がします。
小学生の頃も「●●ちゃんとは仲良くしないで」みたいな事、女友達に言われてましたもん。

めんどくさーーーーーーっ。

スポンサーリンク

【女性が苦手】だと感じる理由②女性って群れたがる

学生時代、連れションしたがる女子って多くなかったですか?

休み時間になれば「トイレいこー」って誘ってくる子。
一人で勝手に行けや!ってなりますよね。

社会に出ても、「一緒にお昼食べよう」とか・・・これまためんどくさーーーーーっ。

【女性が苦手】だと感じる理由③女性って陰口が大好物

女の子って怖いなって思うのが、本人の前だとニコニコしてそんな素振り見せないのに、その人の姿が見えなくなった途端に「うぜっ・・・」って毒吐きますからね!!
これは同性であるわたしもドン引きしちゃいます。

それから陰口は本当に大好物です。
「●●ちゃんが〇〇で超ムカつくんですけどぉ」って言うなら付き合わなければいいのにって思います。
しかし本人の前では何もないように振る舞っているから不思議です。

そういう人を見ると、自分も陰口言われてるんだろうなあって信用出来なくなりますよね。

【女性が苦手】だと感じる理由④女性って話が長い

女の子=話が長いと一概には言えませんが、話が長い人多いですよね。
しかもだらだらと話したがります。

わたしはそういう話し方は時間を奪われているような感覚に陥ってしまうので簡潔に話してもらいたいと思ってしまいます。

以上の4つが私が女の子と距離を置くようにしている4つの理由です。

こうして改めて見ると、女性って本当に面倒くさいですよね\(^o^)/

そんなわたしも女なのでこういった要素が無いとも言えません。
気を付けなければ、と身が引き締まる思いでこの記事を書いています。

苦手な女性との上手な付き合い方って?

  • 女性って面倒くさいな
  • 女性って苦手だな

そう思っていても仕事やプライベートでも付き合わなければいけない場面って出てきますよね。

そんな時はどうしたら良いのでしょうか?

一番良いのは割り切ることです。「女性ってそういう生き物」だと。

それが出来るようになるとすごく楽に付き合えるようになります。
高校時代のわたしのように女性との友達付き合いに悩んだりすることもなくなります。

「女の子ってそういうもん」そう考えましょう。

客観的に見れば面白い!おススメの【女の子映画】

女の子ってメンドクサイけど、やっぱりかわいい生き物でもあります。

そんな女の子の“めんどくさかわいい”が溢れる映画をご紹介。

『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』(R-18)

1986年フランス映画

ジャン=ジャック・ベネックス監督作品

恋愛映画の不朽の名作として有名なので「知ってる」方も多いと思います。

狂気的なんだけど、ピュアな女の子が主人公です。


ベティ・ブルー/愛と激情の日々 HDリマスター版 スペシャル・プライス [DVD]

『17歳のカルテ』

1999年アメリカ映画

ジェームズ・マンゴールド監督作品

今は廃れてしまったのですが当時の人気女優ウィノナ・ライダーさんが脚本に惚れ込んで製作・主演を買って出た作品です。しかしその頃まだ無名に近かったアンジェリーナ・ジョリーがアカデミー助演女優賞を獲得するほどの名演技で「主演を食った」と言われていました。

心の闇を抱えた少女たちの物語に魂が揺さぶられます。個人的にはおすすめNo.1です。


17歳のカルテ コレクターズ・エディション [SPE BEST] [DVD]

『下妻物語』

2004年日本映画

中島哲也監督

土屋アンナと深田恭子のダブル主演で、ヤンキーとロリータという異色の友情物語です。

今年2017年に再ブレイクしたと言っても過言ではない深田恭子の若かりしき日の可愛さも堪能出来ます。

音楽や映像が好きで何度も繰り返し見ちゃいます。


下妻物語【Blu-ray】

『女の子ものがたり』

2009年日本映画

森岡利行監督

漫画家の西原理恵子さんの同名ベストセラー作品の映画化。

漫画家でスランプに陥り自堕落に過ごすアラサーの主人公に深津絵里さん。透明感のある演技が大好きです。

最後はなんだかホロっとしちゃいます。女性の青春って感じです。


女の子ものがたり [DVD]

今日のまとめ。

女の子ってどう考えても面倒だなとしみじみ思いました。

これからも適度な距離を取って苦手と感じる女性とは付き合っていこうと思います。

それでは、また。

スポンサーリンク