「禁酒したら、便秘になる」は本当だった!その原因と対処法をご紹介

こんにちは、内向型をとことん活かすライフスタイルを提案するブロガーゆうにゃん(@younyanco2)です。

禁酒を始めて数日経過したころ、「あれ、便が出にくくなっている…」そう感じるかもしれません。
実は、「禁酒をしたら便秘になった」という人が多いんですよね。

そして、わたし自身もその中の一人。
辛いですよね、便秘って。。

「いっそのこと、お酒を飲んだ方が楽になるのではないか」
そう感じざるを得ません。

でも、せっかく禁酒してきたのに、便秘のせいでまたお酒飲んでしまうってもったいないですよね?!
わたしは、断固として反対し、拒否します!!!

それよりも、禁酒のせいで便秘になってしまうメカニズムを知り、その対処法を考えましょう、というお話を今回はしていこうと思います\(^o^)/

禁酒をしたら、便秘になる原因は?

まず最初に考えたいのは、禁酒をしたらどうして便秘になるの?ってことですね。
食生活や、環境は人それぞれ違うので一概には言えないのですが、考えられる原因は3つあります。

  1. 禁酒をしたことで、水分の摂取量が減った
  2. 禁酒をしたことで、食生活が変わった
  3. 禁酒をしたことで、アルコールの腸への刺激を受けなくなった

それでは、1つずつ説明していきます\(^o^)/

禁酒をしたことで、水分の摂取量が減った

1つ目の原因として考えられるのは、摂取する水分量が減っているせいかもしれません。
お酒を飲んでいると、自然と摂取する水分量って増えています。

それはなぜかと言うと、アルコールという有害物質は肝臓で分解されますが、その時に多くの水分を必要とするからです。

あなたも、お酒を飲んでいて喉が渇く経験をしたことはありませんでしたか?
それは、肝臓がアルコールという有害物質を分解するために、がんばって、水分を欲していたためです。

また、アルコールには利尿効果もあるため、飲んでは排尿され、飲んでは排尿…という感じで、自然と禁酒をしている今よりも摂取する水分量は増えていたかと思います。

しかし、禁酒している今はどうでしょうか?

きちんとお水飲めていますか?
意識しないと、飲めていないことって多いので、見直してみてください。

それが便秘に繋がっている可能性は十分ありますよ。

禁酒をしたことで、食生活が変わった

次に考えられるのは、禁酒をして食生活が変わったせいかもしれません。
基本的には変わってない!という場合は、スルーしてもらって大丈夫です。

お酒をやめると食生活も微妙に変化します。

・お酒飲んでいた時は、お米なんて食べなかったけど、今は食べちゃう
・おつまみに、野菜スティックだけだったけど、しっかり食べている
・居酒屋のヘルシーメニューだったけど、カツ丼食べている
・お酒を飲まない代わりに、お菓子をめっちゃ食べるようになった

とか、意外と不健康な食生活に陥ることがあります。
わたしも以前に禁酒をしていた時は、飲んでないからその分食べる、という負のループに陥ったことがありました。

禁酒をしたら、甘いものが欲しくなる?!その理由と対処法について解説

2018.12.05

それから徐々に改善して、今は落ち着いた食生活をしていますが。

このように、禁酒をしたことで食生活が変わり、そのせいで便秘になっている可能性もあります。
一度、食生活を見直してみてくださいね。

禁酒をしたことで、アルコールの腸への刺激を受けなくなった

最後は、そもそも、お酒を飲んでいた時、快便だったのはお酒のおかげだったのかも!というお話です。
アルコールを飲んだ翌日にお腹がゆるくなるという事を、経験したことはないでしょうか。

多分、多くの人が経験している事かと思います。

これは、明確なメカニズムが解明しているわけではないようなのですが、お酒を飲むと胃腸の働きも鈍くなると言われています。
そのため、腸でのタンパク質や水分・電解質の吸収が低下してしまい、うまく処理できずに便がゆるくなってしまうようです。

このように、お酒をやめたから便秘になったというよりも、お酒を飲んでいたから(ゆるいけど)快便だったのかもしれません。

禁酒で、便秘になった時の対処法

ここまで、禁酒で便秘になる原因についてみてきました。

「禁酒をしたら、便秘になるのか、じゃあ、禁酒は、やーーーめた!」
とならないためにも、便秘になった場合の対策を知りたいですよね。

ここからは、その対策法についていくつか、ご紹介していこうと思います。
実際にわたしがやってみて良かったものですが、あなたにも効くとは限りません…

なので、ご自身でもいくつか試してみて、自分に合った方法で対処していくことをおススメします!
「へ~、これで便秘解消したのかー」くらいで読んでい頂ければと思います\(^o^)/

ご紹介したい内容は、3つあります。

  1. 硬水を摂取する
  2. 乳酸菌を意識して摂取する
  3. 適度な運動をする

それでは、1つずつ解説していきますね\(^o^)/

硬水を摂取する

まず、最初は、硬水を摂取するといいですよ!というお話ですね。

硬水がなぜ、便秘に良いのかというと、硬水にはマグネシウムが多く含まれています。
マグネシウムは、胃腸を刺激して便秘を改善してくれる働きがあるからなんです。

便秘薬にもこのマグネシウムが含まれているんですよ。

なので、マグネシウムたっぷりの硬水を飲むことをおススメします。

わたしが飲んでいるのは、サンペレグリノという微炭酸の硬水です。

飲みやすいし、おしゃれなのでおススメですね。

楽天市場で『サンペレグリノ』48本がお買い得でおススメです。

乳酸菌を意識して摂取する

次は、王道の乳酸菌です。

腸内環境を整えることで、便秘を解消していきましょうってことですね。

とはいっても、便秘薬なんかにはなるべく頼りたくないので、おススメは、サプリやヨーグルトから摂取する乳酸菌です。

腸内環境を整えるには、ビフィズス菌を摂取するのが、良いっぽいので、最近はコチラのヨーグルトを食べています。

「便秘すぎて辛いな…」ってときに食べたら、翌日スルっと出たので、効果的かも♪と感じて毎日食べるようになりました。

どこにでも売ってると思いますので、お近くのスーパーなんかでチェックしてみてくださいね。

楽天市場で『乳酸菌サプリ』を☑

 

適度な運動をする

最後は、定番の運動です。

やっぱり運動って必要です。いつもより意識して歩くことや、軽くスクワット始めるのもいいと思います。

特に下腹部を意識して動かす運動を摂り入れてみてくださいね。

「禁酒したら、便秘になる」は本当だった!その原因と対処法をご紹介のまとめ

今日は、禁酒したら便秘になる原因と、その対処法についてご紹介してきました。

せっかく禁酒頑張っているのに、便秘なんかで腰を折られたくないですよね。

最悪の場合「再飲酒するための言い訳」になりかねません。

そうならないためにも、早めに対処すべきですね。

便秘を解消して、素敵な禁酒ライフを引き続きお楽しみくださいね\(^o^)/

それでは、また!