ショートスリーパーになりたい!睡眠を短縮することの3つのメリットとは?

こんにちは、「なりたい自分になる」を実践、発信中のゆうにゃん(@younyanco2)です。

あなたは「ショートスリーパー」という言葉を知っていますか?近年、「ショートスリーパーになりたい!」という人が急増しているそうなのです。

ショートスリーパーとは、short(=短い)sleeper(=眠るひと)つまり、睡眠時間が短い人のこと

基本的に私たちの平均睡眠時間は8時間と言われていますがショートスリーパーは6時間以下の睡眠で生活に支障なく元気に過ごせるのです。ショートスリーパーになることはどんなメリットがあるのでしょうか?

今日はそんなショートスリーパーの魅力についてご紹介していきます\(^o^)/

ショートスリーパーになりたい理由って?

ショートスリーパーになりたい人が急増しているらしいのですが、なぜ、ショートスリーパーになりたいと思うのでしょう?

 「勉強のための時間を確保したい」

 「睡眠時間が短くてもバリバリ仕事出来るようになりたい」

 「仕事が出来る人はショートスリーパーが多いから」

など、理由は様々あるようですが、人より多く活動したいと思っているひとにとってはショートスリーパーは魅力に感じるようですね。

ショートスリーパーって誰でもなれるの?

「ショートスリーパーになりたい!」と言って、誰にでもなれるのか疑問になりますよね。

実はショートスリーパーは先天性の体質であると言われています。

生まれつき睡眠時間が4~5時間で平気な体質である場合が多いのです。全人口の割合としては5~10%くらいの人が生まれつきのショートスリーパーなのだそう。

では、ショートスリーパーにはなろうとしては、なれないのか?という疑問なのですがなれます。生まれつきのショートスリーパーでなくても訓練さえすればショートスリーパーにはなれると言われています。

しかし、意図的に睡眠のバランスを変えてしまうので健康面で支障をきたす場合があるとも言われています。

闇雲に睡眠時間を減らせばいいというわけではなく、きちんとした訓練が必要なんですね。


「できる人は超短眠!」をAmazonでチェック

この本の著者はもともと1日8時間は眠るロングスリーパーだったのですが、25歳のときから6年間、1日平均45分以下睡眠の超ショートスリーパーになったそうです。

また短眠講師として600人以上の3時間以下睡眠のショートスリーパーを育てており、ビジネスマンや受験生はもちろん、中には医師や著名な政治家、アスリート、小学2年生までおり、成功率は99%を誇っているそう。

そんな著者により、ショートスリーパーになる方法について書かれていますので一読の価値はあるかもしれませんね。

ショートスリーパーになることの4つのメリットとは?

実際に、ショートスリーパーになったら、どんなメリットがあるのでしょうか?

ショートスリーパーのメリットは主に4つあると考えます。

メリット①活動時間を増やせる

メリット②短時間睡眠でスッキリできる

メリット③時間に余裕が出来て心に余裕が持てる

メリット4:時間を効率的に使うように考えるようになる

以下で詳しく見ていきましょう\(^o^)/

ショートスリーパーになるメリット①:活動時間を増やせる

ショートスリーパーである最大のメリットはこれかな、とわたし個人では思っています。

一日は24時間しかありません。睡眠時間が平均的な8時間である場合、残りの時間は16時間ですね。平日限定で考えてみると、フルタイムで働いている方なら、通勤、準備、その他諸々の時間を足しても10時間は拘束されます。

自由な時間はたったの6時間しかないのです。

その6時間でお風呂、食事、趣味の時間を過ごしますが、時間が足りないと感じませんか?わたしは足りないと感じるようになり、最近は6時間睡眠を実践しています。

睡眠時間を6時間にすれば、自由な時間は8時間にすることが出来るからです

ショートスリーパーになるメリット②:短い睡眠でもすっきり起きられる

普段から短時間睡眠であるため、短時間の睡眠でもすっきり起きられるようになります。

通常、8時間睡眠に慣れている人がうっかり夜更かしをして6時間しか眠れなかったとします。
そんな日は眠れなかったという思いもあってイライラしたりダラダラしがちですよね。

しかし、ショートスリーパーになり短時間睡眠に慣れていれば、うっかり夜更かしをしてしまったとしてもスッキリ起きれるようになるのです。

遊びすぎた翌朝でもバリバリ働ける、というわけです。

ショートスリーパーになるメリット③:時間に余裕を持つことで心に余裕が生まれる

ショートスリーパーになり、例えば活動時間が2時間増えたとします。

それだけで、時間に余裕が出来ますよね。時間に余裕が出来ると心にも余裕が生まれてきます。

これもショートスリーパーになることのメリットと言えますよね。

ショートスリーパーになるメリット④:時間を効率的に使うように考えるようになる

これはわたしの個人的な意見になりますが、わたしは時間が欲しくて睡眠時間を2時間削りました。

そして、せっかく作ったその2時間を無駄にしたくないという思いから、効率的に動くようになったのです。TVを観ながらも「この時間無駄だよな」って思えるようになったのです。

ショートスリーパーになりたい人の多くは「時間」を必要としています。

睡眠時間を削ってショートスリーパーになる人は時間に対してシビアになっていくと感じました。

ショートスリーパーになるデメリットはあるの?

ここまでショートスリーパーになるメリットについてご紹介してきました。

では、ショートスリーパーになるデメリットはあるのでしょうか?

ショートスリーパーになるデメリットとしてよく言われるのが「健康面への支障」です。中でも「ショートスリーパーの人は短命」「長生きしない」という噂をよく耳にします。

しかし、これはあくまでも噂です。医学的根拠はありません。

前述しましたが、ショートスリーパーになるには、闇雲に睡眠時間を減らすのではなく訓練が必要です。

きちんとした訓練をすることで健康面への支障はないと言えます。

今日のまとめ

今日はショートスリーパーになることのメリットとデメリットについてご紹介しました。

ショートスリーパーであることは活動時間を増やせるので時間が足りない!と感じる人にはおすすめです。

しかし、人それぞれ必要な睡眠時間は違いますので無理のないようにするべきです。

徐々に時間を減らし自分に合った睡眠時間を確認しながら行うようにしましょうね。

 

それでは、また。