実践してわかった!ショートスリーパーになることを挫折した3つの要因

こんにちは、「なりたい自分になる」を実践、発信中のゆうにゃん(@younyanco2)です。
実は最近ショートスリーパーになろう!と訓練に励んでいました。

ショートスリーパーとは、6時間以内の短時間睡眠でもすっきり活動できる人のことなのですが、ショートスリーパーになれば、睡眠時間を減らし、活動時間を増やせます。

「時間が足りない!」と思っている人はショートスリーパーになりたいと思うのではないでしょうか?

しかし、わたしには向いていなかったようでショートスリーパーになることを断念することにしました(T_T)そこで今日は、実践したからこそわかった、ショートスリーパーになることを挫折した3つの要因についてご紹介します。

ショートスリーパーの特徴とショートスリーパーになることを挫折した3つの要因

ショートスリーパーになれば、活動出来る時間が増える♫という安易な理由でショートスリーパーになろうとしていたわけですが、そもそもショートスリーパーとはなんなのか?簡単にご説明しますね。

ショートスリーパーとは?

Wikipedia先生によりますと、

ショートスリーパー(short sleeper)とは、短い睡眠時間で健康を保っていられる人間のことであり、短眠者(たんみんしゃ)ともいう。
一日の平均睡眠時間は7-8時間程度が健康的とされるが、6時間未満でも生活できる人間がいる。ナポレオン、エジソンは4時間しか眠らなかったという説があるが、真偽のほどは不明である。
逆に、長時間の睡眠を要する人間のことを、ロングスリーパーという。

以上のように記載されていました。
つまり、睡眠時間が短くても平気な人、というわけです。

最近では、ぐるナイで活躍中の女優でタレントの橋本環奈さんが「睡眠時間は3時間で平気」というショートスリーパーであることを明かして話題なりました。

なぜショートスリーパーでいられるの?

素朴な疑問になりますが、わたしは基本8時間寝ないとダメなのですが、人によって必要な睡眠時間が違うのはなぜなのでしょうね?
実は、睡眠時間は遺伝子によって決まると言われています。

特にショートスリーパーに関しては人間の遺伝子の中にある「DEC2」突然変異することにより起こるものだという研究結果が出ているそうです。

ショートスリーパーに憧れても遺伝子レべルでの違いがあるわけですから、訓練で出来るようになると言ってもなかなか難しいことがわかりますね。

ショートスリーパーになることを挫折した3つの要因

それでも訓練さえすれば、ショートスリーパーになれる!!と信じていたのですが、やはり難しかったです。
一般的な睡眠時間を好むわたしがショートスリーパーになることを挫折した要因は以下の3つです。

⇒①パフォーマンスの低下
⇒②頭痛や、めまいなど体調不良になった
⇒③過食

以下で詳しく見ていきますね。

ショートスリーパーになることを挫折した要因①パフォーマンスの低下

当然ですが、ショートスリーパーの遺伝子を持たないわたしが、睡眠時間を削ればただの「寝不足」の状態になります。
寝不足だなーという感覚は誰でも経験があるんじゃないかと思います。
頭が重くて怠いですよね。そして何よりとにかく眠い!

睡眠時間を削って活動時間を増やすことは出来たのですが、正直なところ内容が伴わない結果となってしまっています。つまり、やっているけど中身が無いという状態なのです。
それじゃ意味がありませんよね。

ショートスリーパーになることを挫折した要因②頭痛や、めまいなど体調不良になった

先程も少し触れましたが、寝不足だと頭が重くなることがありますよね。
これは、自律神経の乱れによるものと言われています。

ショートスリーパーになることを挫折した要因③過食

実際に過食しているときは睡眠不足が関係しているとは気付いていませんでした。
短時間睡眠をしなくなって、過食したい気持ちが落ち着いたので関連性があるのか!と気付いたのです。

実際に、睡眠と過食は関係があると言われているようです。
いくつかの説があるようですが、睡眠不足になると飢餓ホルモンであるグレリンが増え、満腹感に関係するレプチンが減ると言われています。つまり、寝不足の状態だと空腹を感じやすくなるという事ですね。

また、寝不足になることでストレスを感じ、過食に走っているケースもあるようです。

今日のまとめ。

今日はショートスリーパーの特徴とショートスリーパーになることを挫折した3つの要因についてご紹介しました!
いかがでしたか?

ショートスリーパーは魅力的ですが、向き不向きがあることを実感しました。
またわたしにとって睡眠は大事で大好きな行為であることを再確認することが出来ました。

ただ、「やりたいことが多すぎて時間が足りない!」という気持ちは変わらないので自分なりの活動パフォーマンスを上げていく方法を考える事にします。

しっかり訓練すれば、ショートスリーパーになることも可能だと言われているので、絶対なりたい!と言う人は訓練してみてくださいね。

それでは、また。

    ABOUTこの記事をかいた人

    はじめまして、ゆうにゃんと申します。 大好きな猫ちゃんのように自由気ままに「なりたい自分になる」がモットーです! シンプルになりたい自分になる方法、発信中です♪