プライドなんて捨てて良し!プライドが高い原因と5つの対策とは?

 

こんにちは、優にゃん(@younyanco2)です。

日頃からなかなか素直になれなかったり、自分の非を認められなかったりしませんか?

私はそういう所謂「プライドが高い」人間です。

自分でも嫌になる事があり、プライドなんて捨てられたら楽ですよね…

 

今回はプライドが高い原因と5つの対策についてご紹介します。

 

プライドってそもそも何?プライドが高いってどういうこと?


プライド 全4巻(Vol.1~4)セット [レンタル落ち] [マーケットプレイスDVDセット]

プライド=pride 誇り、自尊心という意味です。

プライドが高いというと悪い意味で捉えられがちですが、プライドを持つこと自体は悪いことではありません。

 

良い意味でのプライド

例えば、長年修行を積んだような職人さん。プライドを持って自分の作品を世に出していると思います。

他にもアスリートの方々は日本人としてのプライドを持って世界大会に挑む、なんて言い回しはよく耳にしますよね。

これらのプライドは良いプライド、と言えますよね。

 

プライドが高いってどういうこと?

良いプライドとは逆に良くない意味として使われるのが「プライドが高い」という言葉です。

ではプライドが高いってどういうことを言うのでしょうか?

 

プライドが高い人の5つの特徴

自分の非を認めない

つまり、自分が悪いと認めようとしない人のことを言います。私はずばりこのタイプです。

恋人さんと喧嘩しても自分からはなかなか謝りません。

謝ったとしても反省していないような態度をわざと取ります。

反省していることを見せたくないという心理があるからです。

相手より優位に立とうとする

仕事上の先輩として仕事を教えているのに「あー、はいはい」みたいな態度で聞く人いますよね。

そういう人はプライド高いんだろうなあと思うし仕事を教えるのも嫌になってしまいます。

負けず嫌いであるとも言えるのかもしれません。

自分スタイルでやらないと気が済まない

「自分が正しい」と思っているが故に、自分流でやらないと気が済まないです。

しかしイレギュラーな出来事にはパニックになり臨機応変に対応するなどは不得意な傾向にあります。

こだわりが強い

③と同様のことになるかもしれませんが、自分スタイルを変えられずに他人の意見はほぼ聞きません。

自分基準のこだわりを他人にも押し付けてきます。

他人を信用しない、頼らない

他人に弱みを見せることが下手くそです。なので頼ることも出来ないです。

自分ひとりでやってしまおうとするので一匹狼である場合が多いです。

 

どうですか?自覚してなかったけど、意外と自分ってプライド高いのかも・・・なんて思い当たる人もいたのではないでしょうか。

 

プライドが高いことの原因とは?

 

私自身に置き換えて考えると、プライド=鎧、壁であると言えます。

どういう事かと言うと、ずばり自信がないのです。

だから弱さを隠すために鎧を着て、壁を作るために虚勢を張っているのです。

プライドが高い人はこれが最大の原因といっても良いのではないでしょうか。

 

その他の原因としては、自意識が高い、人目を気にし過ぎる事が挙げられます。

誰も見ていないのに、他人の目が気になって仕方ないのですよね。

 

プライドを捨てるための5つの対策

弱さを隠そうとするから鎧を着なくてはいけないし、壁を作らなくてはいけなくなります。

プライドが高いことは確実に損しています。

私の場合はくだらないプライドです。そんなくだらないモノなら捨ててしまいましょう。

自分は無力な人間だと認める

人は一人では生きていけない、一人で生きてきたわけないじゃないかと認めましょう。

私は無力です。色んな人に支えられて生きてきたのです。

認めてしまいましょう。

周りの人に感謝する

傲慢、横柄な態度は今すぐ改めましょう。

周りの人々に感謝する気持ちがあれば、そんな態度はできるはずがない。

今までの私に言います。「何様じゃい。」

他人と比較するのを止める

自分は自分。自分の人生を好きなように生きる為に自分の道を見つめましょう。

あの人はどう、この人はどうって他人の人生と比較するのは無駄ですよね。

合理的に物事を見る

つまり感情で物事を見るのはやめましょう。

「恥をかきたくない」という感情を消し、やるべきことをしよう。

合理的に、というのには訓練が必要かもしれませんね。

ちょっと難しそうです・・・

チャレンジをする

自分を守るために、変なプライドを守るためにやらずにいたことたくさんありませんか?

私はあります。山のように。

それを一個一個やっていきたいです。

 

例えば、変な目で見られたらどうしようってやらなかったこと。

今更かっこ悪いよ、って勝手に諦めたこと。

そういうことを一個一個、リストアップしてチャレンジしましょう。

 

今日のまとめ。

私のようなカッコつけは変なプライドがあります。

弱さ曝け出してがむしゃらに生きる。

そういう人がカッコいいってことを理解出来ればカッコ良く生きるためにプライドなんていくらでも捨てられます。

 

持つべきプライドはしっかり持ち、捨てて良いプライドなら捨てましょう。

鎧を脱いで壁を取っ払えばもっと楽に生きれるはずです。

 

「言うのは簡単だけど難しいよ」って思っていませんか?

正直私もそう思ったりもします。

でも、気付いたことがあるのです。

難しいと思い込み、問題から逃げようとしているだけだと。

難しいからやらないのか?やりたくないから難しいのか。

 

自分に素直になれば、やれるのです。

「出来ない」のではなく「やってない」んだと気付けます。

つべこべ言わず、やる。それだけです。

 

それでは、また。