禁煙する人を上手にサポートしたい!禁煙成功者が教える効果的な5つの方法は?

こんにちは、「なりたい自分になる」を実践、発信中のゆうにゃん(@younyanco2)です。

近年、禁煙ブームがやってきてあなたの恋人や友人、家族など周りでも禁煙しよう!という動きが増えてきたかもしれませんね。

禁煙を頑張る人を上手にサポートしたい!そう思う人も多いはず。

そこで今日は、禁煙成功者であるわたしが自分の経験をもとに「こんな応援が効果的だったよ~」というのをご紹介していこうと思います\(^o^)/

禁煙する人をサポートするための効果的な5つの方法とは?

まず最初に、禁煙というのは身近なひとの理解、協力があると最高であるということをお伝えします。

禁煙する人にとって、サポートしてくれる姿勢はありがたいもの

禁煙する側からすると、「全力でわたしのことを応援して欲しい!」とは言えません。
だって、タバコはほとんどの人が強要されたわけでもなく自分勝手に吸っているものだからです。

それでも本音は応援してほしい、協力してほしいと思っているものなのです。

わたしのはなしになりますが、わたしの場合一緒に生活しているパートナーさんの協力は一切ありませんでしたが。笑

パートナーさんも喫煙者なので一緒に禁煙外来に行きやめようとしましたが途中で挫折してしまい、それ以降は禁煙を頑張るわたしの前でも平気でタバコを吸っています( ̄▽ ̄)

受動喫煙の悪影響を喫煙者に知ってほしい3つの理由

2017.05.28

お医者さんと禁煙だ!チャンピックスの効果と副作用

2017.05.21

わたしの場合とは違い、あなたは禁煙する人をサポートしたい!と思っているわけです。
それは禁煙をする本人にとってはとてもありがたいことです。

スポンサーリンク

 

しかし、応援する方法を間違うと裏目に出てしまい、逆に邪魔をすることになりかねません。
そうならないためにも効果的なサポート方法についてご紹介しますね。

その方法とは、5つあります。

  1. 禁煙を開始したことをとことん褒める
  2. イライラしている姿は見て見ぬふりをしてあげる
  3. タバコ臭について批判してみる
  4. 万が一禁煙に失敗しても責めない
  5. あなたが禁煙者を応援しているという事実を伝え続ける

以下で詳しく説明していきます。

効果的な禁煙サポート①禁煙を開始したことをとことん褒める

身近で禁煙を始めた人がいるのなら、とことん褒めてあげてください。
「え、やだ、うそ、まじ、すっごいじゃーーーん」と大袈裟なくらいがいいですね。

そしてあなた自身、喜んであげてください。「あなたが禁煙を決意してくれてすごく嬉しいよ」と。

あまりしつこく言うとウソっぽくなってしまうので、定期的に褒めると効果的ですね。
禁煙をしている本人は開始から3ヶ月くらいは不安定な状態が続きます。

禁煙続けようかな、もう禁煙止めちゃおうかな、というのを日々繰り返しているような状態です。

「禁煙をしていることは、すごいんだよ、続けるべきだよ」ということを誠意を持って伝えてあげると効果的です。

スポンサーリンク

効果的な禁煙サポート②イライラしている姿は見て見ぬふりをしてあげる

前述しましたが、禁煙開始から3ヶ月くらいは精神的に不安定です。
これはニコチンによるもので本人の意思とは関係なくイライラしやすかったり、落ち込みやすいといった症状が見え隠れしているはずです。

こちらからすれば、「勝手に禁煙して勝手にイライラして…」とその姿に逆にイライラすることもあるかもしれません。

しかし、そこはグッと我慢してあげてください。

繰り返しになりますが、本人の意思とは関係ないところでイライラしているのです。
本当は本人もイライラなんてしたくはないのです。

「イライラしないで」「大変ね」等の余計な言葉は無用です。

本人が一番わかっています。
何も言わずそっと寄り添ってあげてくださいね。

効果的な禁煙サポート③タバコ臭について批判してみる

これはあなたが非喫煙者であることが前提になりますが、
「今まで言えなかったけどあなたのタバコ臭って最悪だったよね」

というふうに、喫煙者だったことで不快な思いをしていた、という旨を伝えてみてください。

実際にわたし自身も先に禁煙成功した姉に「マジ臭かった」と真顔で言われたことがありますがこれ、結構効くんですよ。

これは禁煙開始から3ヶ月以上経つころから「喫煙者は臭い」ということに本人も気付くことだと思いますがしかし、第三者に言われることで反省もしますし、臭い自分には戻りたくないという気になります。

想像以上!タバコを吸う人の口臭がキツい3つの理由とたったひとつの対策とは?

2017.06.02

効果的な禁煙サポート④万が一禁煙に失敗しても責めない

もしも、禁煙に失敗したとしても、

「何やってんだよー」

「せっかく●●ヶ月禁煙したのにもったいない」

だのなんだの言って失敗したことを責めないであげてください。

失敗してしまって悔しくて不甲斐ない思いを一番しているのは本人です。
あなたが言わなくて大丈夫。

「また気が向いたら頑張ろうね」くらいの言葉をかけてください。

本を読む人であればそしてベストセラー本の禁煙セラピーをそっとプレゼントしてあげてもいいかもしれません。

禁煙セラピーとはアレン・カーさん著書の世界中で大ヒットを記録した書籍です。
田村淳さんや今田耕司さんも禁煙セラピーを読み禁煙に成功したことでも有名なのですよ。

わたしも読んだことがありますが「こんなもの(タバコ)に依存していたのか…」という気になり、タバコ自体に嫌気がさしてくる内容になっていますのでおススメです。

『禁煙セラピー』をAmazonでチェックしてみる

 

失敗しても立ち上がれる時が来たなら本人はまた頑張ります。
それまでは何も言わず見守ってあげればいいんです。

効果的な禁煙サポート⑤あなたが禁煙者を応援しているという事実を伝え続ける

禁煙者を応援するには褒めて、見守って、寄り添って、責めずにいることが重要です。
そして最後に一番大事なのは、言葉で応援していることをしっかり伝えてあげてください。

もちろん、禁煙者本人も気付いているはずです。
あなたが応援してくれていることを。

だけど、敢えて言葉で伝えてもらうと禁煙者は力になり、励みになります。
これからも頑張って禁煙を続けて行こうという気になるのです。

今日のまとめ。

今日は禁煙する人を応援する5つの方法についてご紹介してきました。
この方法は禁煙に成功したわたしが身をもって感じた心地の良いサポート方法です。

  1.  褒める
  2.  イライラは見て見ぬフリ(寄り添う)
  3.  喫煙者だったことを批判する
  4.  失敗しても責めない
  5.  応援している事実をしっかりと伝える

喫煙者の自業自得ですが、禁煙は正直キツいし苦しい時期があります。
乗り越えてしまえば、だいぶん楽にはなりますが、そこに行くまでが精神的に不安定なんです。

身近にいるあなたにあたってしまうこともあるかもしれません。

そんなにイライラするなら禁煙を止めて欲しいと思うこともあるかもしれません。

だけど、何があっても「あなたの禁煙を応援しています。」というスタンスで見守ってあげてください。

少しでも多くの禁煙者が増えてくれることを今日も願っています。

それでは、また。

スポンサーリンク