ダイエットは無意味!「健康と食事」に向き合う【ナチュラル・ハイジーン】で美ボディに!

こんにちは、「なりたい自分になる」を実践、発信中のゆうにゃん(@younyanco2)です。

先日ブックオフである1冊の本と出会いました。
その本は「フィット・フォー・ライフ」

帯には、

出版史上に輝く「健康栄養学」のバイブル。欧米の「食」を変えた空前の超ベストセラー。

全世界1300万部突破!永遠の健康とスリムな体を約束する、「ナチュラル・ハイジーン」という人類の英知!

と書かれていました。
健康オタクとしてはめちゃくちゃ興味を惹かれまして、即、購入しました。

読破した後の感想としては食事と健康についてとても考えさせられる内容だったということです。

細マッチョの美ボディを目指しているわたしですが、変えるべきは完全に食生活だな、と確信しているところです。

「痩せたい」と願うすべてのひとに伝えたいことは我慢を繰り返す無理なダイエットはやめて食事と向き合いましょうということです。

そこで、今日は「フィット・フォー・ライフ」をもとに食事と健康の関係について考えていこうと思います\(^o^)/

「健康と食事」に向き合う【ナチュラル・ハイジーン】とは

まず、この「フィット・フォー・ライフ」という本についてご説明しておきますと、この本は2006年に出版された書籍なのですが原著の初版が1985年ともう30年以上前の本ということになります。

実はこの「フィット・フォー・ライフ」は全世界で1,200万部も売れた大ベストセラー本なんです。
1,200万部ってどれくらいかというと、村上春樹氏著書の「ノルウェイの森」や太宰治著書の「人間失格」もそれくらいらしいです。

本を読まないひとでも「ノルウェイの森」や、「人間失格」はなんとなく聞いたことあるけど「フィット・フォー・ライフ」って聞いたことないな、という人がほとんではないのかな?と思いますが、それくらい売れた有名な著書ということになります。

【フィット・フォー・ライフ】はダイエット本ではない

最初に言っておくとこの本はダイエットのための本ではありません。

人間本来の力を活かすためのの食事を行うことでスリムな体型になりいつもエネルギッシュで健康になるための健康栄養学ともいえる内容になっています。

そういうと「なんか小難しい内容なんじゃないの?」と警戒される方もいらっしゃるかもしれませんがそんなことは全然ありません。

読書初心者のわたしが1日で読めるくらいの、むしろシンプルな内容です。

ナチュラル・ハイジーンという健康哲学のもとに考えられた食事法です。

前置きが長くなってしまいましたが、ナチュラル・ハイジーンについて以下で詳しくご紹介していきます\(^o^)/

スポンサーリンク

健康哲学「ナチュラル・ハイジーン」の基本的な考え方とは

ナチュラル・ハイジーンとは直訳すると「自然健康法」という意味になるそうですが、ハイジーン(hygiene)という単語には「健康及び健康維持のための科学。健康を保ち、病気を予防するための原則理論」という意味があるそうです。

つまり、自然との調和で健康を保つ原則理論ということになります。

このナチュラル・ハイジーンの基本的な考え方は、簡単に言ってしまうと

人間の体というのは常に健康であろうと努力していて、有害な老廃物を自分で絶えず浄化しようとしているのでそれをきちんと機能させてあげましょう。

ということになりますが、それはどういうことかというと、人間には本来色んな潜在能力が備わっていますよね。

例えば、何十兆個ものミクロサイズの細胞は絶えず身体を維持するために働いていて、異常があれば「痛み」という形で信号を発します。

それってよくよく考えたらすごいことで、いくら科学が進歩しても「人間」という生き物を再現することは難しいほどよく出来た生き物なのです。

その人間が持つ本来の潜在能力のうち、3つを正確に機能してあげればスリムな体で健康を保てる、というわけです。

スポンサーリンク

人間が持つ3つの潜在能力とは

では、その3つの潜在能力とは何か?ということになりますが、その3つは

  1. セルフ・クレンジング(自らの浄化力)
  2. セルフ・ヒーリング(自らの治癒力)
  3. セルフ・メインティニング(自らの機能維持力)

であり、この3つをきちんと機能させることが重要なのです。

先ほども述べましたが、人間というのは本来、常に健康であろうと努力していて、有害な老廃物を自分で絶えず浄化しようとしている生き物です。きちんと機能できていれば太ったり病気になることはあり得ません

太る=有害な老廃物(脂肪)を溜め込んでいる状態と言えますよね。
つまり、太ったり病気になることは自らの浄化力や治癒力をきちんと機能出来ていない状態であると言えるわけです。

それを機能させるために自然と調和した食事法に変えましょう、というのがナチュラル・ハイジーンというわけです。

ナチュラル・ハイジーンの3原則

先ほど、太ったり病気になることは自らの浄化力や治癒力をきちんと機能出来ていない状態であるというお話をしました。

ナチュラル・ハイジーンでは、

体内の毒性の老廃物を取り除き、ひどい状態になるまで溜め込まないようにする

ための方法を3原則という形で実践していくことになります。

が、その前に3原則を理解して実践していくために大事な人間本来の24時間周期の身体のリズム、サイクルについてご説明しておきますね。

人間本来の24時間周期のサイクルとは?

人というのは食事を摂取(補給)することで栄養を取りいれ(同化)、無駄なものは排出する(排泄)という作業を日々行っていますよね。

この補給、同化、排泄という3つのサイクルが効率よく機能しているかどうかで人間が食べ物を処理できる能力は左右されます。

処理できなければ無駄な老廃物を溜め込んでしまうということなので効率よく機能させることが重要なのです。

では、この3つのサイクルをどうしたら効率よく機能できるかについてですが、まずは補給・同化・排泄が活発に行われる時間帯を知ることがとても大切です。

その時間帯とは…

補給(食べること・食べたものの消化、分解) 12:00~20:00

同化(体への同化) 20:00~4:00

排泄(体内の老廃物と食べ物のカスの排出) 4:00~12:00

以上のようになります。

このサイクルを理解した上で、ナチュラル・ハイジーンの3原則を実践する必要があります。

それでは、ナチュラル・ハイジーンの3原則についてですが、以下のようになります。

  1. 水分を多く含んだ食べ物を食べること
  2. 食べ物は正しく組み合わせる
  3. 果物を正しく食べる

1つずつご説明していきます\(^o^)/

スポンサーリンク

ナチュラル・ハイジーン3原則①水分を多く含んだ食べ物を食べること

良く知られていることですが、人間の体は70%は水分で出来ています

ダイエットのときなどもよく言われますが「水2リットル飲みましょう」とかよく耳にしますよね。

人間にとって水分というのは必要不可欠な存在です。

ただ、注意したいのが、これまでの「水を2リットル飲みましょう」というよく聞く話とは違い、ナチュラルハイジーンでは水分を多く摂取しましょうということがポイントです。

飲む、ではなく摂取。つまりナチュラル・ハイジーンでは水を飲みましょう、ではなく食事から摂取しましょうと言っています。

水分を多く摂取できる食べ物は果物と野菜だけ

水分を多く摂取できる食べ物は果物と野菜です。それ以外はありません。

それ以外は人間の手によって加工された凝縮食品(パン、お米、肉、魚、乳製品など)であり、自然な水分を含む食材はありません。

ナチュラル・ハイジーンでは人間に必要な水分を多く含む食材である果物と野菜をメインに食べることを原則としています。

飲み水では水分は補えない事実

「水分が欲しいんだったら、水飲めばいいんじゃないの?」って思う人も多いですよね。
しかし、飲み水は果物や野菜と違って体内の浄化作業をしてくれません腎臓に入って排泄されるだけなのです。

先ほどの補給・同化・排泄の3つのサイクルを効率的に行うためには果物や野菜から得られる水分が必要になります。

果物や野菜から水分を多く得ることで、

水分を多く含んだものを食べることにより、体から毒性の老廃物を洗い流すことが出来る。その結果、体重は減少する。

水分を多く含むものを食べ続けることで、毒性の老廃物を蓄積させないようにすることが出来る。

そうすれば減らした体重を、再び戻してしまうことはない。

と著者は述べています。

ナチュラル・ハイジーン3原則②食べ物は正しく組み合わせる

食べ物の組み合わせ、つまり食べ合わせについては良く知られていることですよね。

正しい食べ合わせは減量するために効果的であるという研究結果がいくつも存在しています。

正しい食べ合わせは補給のサイクルを効率よく行ってくれることは証明されているというわけです。

食べ合わせのポイントは消化のメカニズム

では、なぜ食べ合わせが補給のサイクルを効率よく行ってくれるのかというと、ポイントは消化エネルギーにあります。

実は、食べ物を消化することにはものすごくエネルギーを使うって知っていましたか?
食事をすると眠くなったことはないでしょうか?

これは食べ物を消化するためにエネルギーを集中させているためなのだそうです。

正しい食べ合わせをしなければ消化活動に大変なエネルギーを使い、胃腸はクタクタになってしまいます。

スポンサーリンク

消化をスムーズに行える食べ合わせとは?

では、どのような食べ合わせが正しいのかというと、消化しやすい食べ合わせにする必要があります。

実は人間の体というのは2つ以上の凝縮食材(野菜や果物以外)を同時に胃の中で消化するようにはつくられていないそうです。

つまり、正しい食べ合わせとは、パン、お米、肉、魚、乳製品などの凝縮食材1品+野菜や果物ということになります。

焼肉に白ごはんとか最高の組み合わせですが、ナチュラル・ハイジーン的にはNGということになりますね。

お肉を食べたかったらお肉1品と野菜。

お米が食べたかったらお米と蒸し野菜、そんな感じでしょうか。

ただ現実的にはちょっと難しいのかなとも感じてしまいますよね。
ですが、余計なエネルギーを使わずに効率よく消化を行うための原則になるので心がけてやってみることが大切です。

ナチュラルハイジーン3原則③果物を正しく食べること

果物って美味しいですよね。

果物なんて嫌いだ!という人は珍しいといえるほど、果物を美味しいと思う人が多いと言えます。

この「フィット・フォー・ライフ」の著者は本書の中で、

実は、果物こそ人体の構造や機能からして、人類がすんなりと受け入れることが出来る唯一の食べ物である。私たちが本能的に果物を求めるのは、疑うまでもなく果物が私たちの体内に摂取できる最も重要な食べ物だからだ。

と述べています。

さらに、1970年代に行われた研究の結果から人間の祖先は肉食、草食、雑食でもなく主として果物を食べていたことが発表されています。

人間に最も近いと言われるチンパンジーの主食はイチジクやバナナなどの果物であることから納得できますよね。

スポンサーリンク

果物の正しい食べ方とは?

果物が人間にとっても最適な食べ物であることは理解できましたが、正しく食べるとはどういうことなのかについて見てみましょう。

まず、果物を食べる最適な時間があります。それは朝、です。

なぜなら果物を食べるときは胃の中が空の状態であることが望ましいからです。

果物は消化に必要なエネルギーが極めて低い

果物は消化に使うエネルギーがほかの食べ物と比べると格段に少なくて済みます。

例えば、ごはんやパン、麺類などの炭水化物は消化に8時間、お肉などのタンパク質は12~24時間かかるのに対し、果物は約40分であることが知られています。

この消化エネルギーを最小限に済ませるために空腹状態で摂取することが大事なのです。

果物との食べ合わせはしない

また、果物以外のものは食べ合わせないことが肝心です。

つまり、果物を食べるときは朝食として果物だけを補給することがもっとも望ましいと言えます。

午前中は身体のサイクルからいうと排泄の時間帯です。消化活動にエネルギーをたくさん使わないでいいように果物だけを摂取するようにすると、排泄にエネルギーを集中できるので老廃物がたまりにくくなり痩せていくような仕組みが作られますよ。

美味しくて豊富な栄養素をもつ果物を正しい方法で食べるだけで痩せれるわけですから魅力的な話ですよね。

さらに、果物の良い点はいったん体に入るとアルカリ性になる、という点です。

ストレスや、大気汚染、食品添加物の摂取、水分不足などで酸性化してしまった体内を中和してくれる効能を持っているというわけなのです。

今日のまとめ。

今日は、「健康と食事」に向き合う【ナチュラル・ハイジーン】についてご紹介してきました。

世の中には多くのダイエットが毎年ブームとなっては消えていっていますよね。
その背景には「どれも正しい方法ではない」ということや「自分に合っていない」ことが言えると思います。

わたしもこれまで「1日1食生活」や「糖質制限ダイエット」に挑戦してきました。

30代後半からでも間に合う!体質改善するための正しい糖質制限ダイエットの方法とは?

2018.07.18

ダイエット効果だけじゃない!1日1食生活を2週間続けて体感した3つの成果とは?

2018.01.20

実際、これといった効果が得られていないのが現状です。

ダイエットという感覚ではなく本気で食生活を見直し、改善していく必要があるなと思っていたさなかにこの「フィット・フォー・ライフ」という本に出会ったのも何かの縁かな、と思っています。

ナチュラル・ハイジーンの考えに基づき、実践していこうと思っていて、さっそく朝は果物だけ、という食生活に改善してみました!

まだ二日目なので効果はわかりません。笑

バナナや、キウイフルーツ、りんご、梨をミキサーにかけて一気に食べています\(^o^)/
果物は朝から幸せな気持ちになりますね。

実はこのためにミキサーも買いました。
安いものだと2~3千円台であるので、朝フルーツ生活を始めようとお考えの方は是非、おススメです。

Amazonで人気のミキサーをチェック

今後、経過報告できるように継続していこうと思います♪

気になった方は是非、「フィット・フォー・ライフ」読んでみてくださいね!

この記事では紹介できなかったのですが目からウロコな真実や何をいつ食べるべきなのかについて詳しく書かれています。

Amazonでレビューをチェックしてみるとよくわかりますが、2018年9月現在で115ものレビュー件数があり評価も5点満点中4.3と高評価を得ているんですよ。

健康と食事の関係について詳しく知りたい方は是非、おススメです。

それでは、また\(^o^)/

スポンサーリンク