結局のところ、超内向型の私は恋愛に向いてない。と思った話

内向型の恋愛

こんにちは、内向型マッチョ女子、ゆうにゃん(@younyanco2)と申します。

私事で大変恐縮ではありますが、先日、3年半お付き合いしていたパートナーさんとお別れをしました。
理由は明白でお互いの気持ちが離れてしまったから。
シンプルにそれだけのことです。

3年半も一緒に苦楽を共にしても、別れてしまう…
最後の人になると信じていても、別れはきてしまう…

内向型さんは、恋愛には向かないと思うポイントがある

内向型の恋愛

それもこれも、すべてはわたしが、超内向型であることが原因ではないかと思い始めています。それで、タイトルの通り、私に恋愛は向かないのでは…と思っているわけです。

世の内向型さんの中には、私と同じように、恋愛に向かないって感じている人も少なくないはずです。

そこで今日は、内向型さんが恋愛に向かないと感じるポイントを、いくつか挙げてみようと思います。共有できたら嬉しいです( ;∀;)

一緒に居すぎると疲れる。でも「疲れる』なんて言いにくい

別れることになった時、いつも正直、ほっとします
どんなに悲しい別れだったとしても、どこかでほっとしている自分がいる。

それくらい、わたしにとっても好きな相手だったとしても、一緒に居すぎると疲弊してしまう。そしてそれを言えない

もしかしたら言えたなら、結果は違っていたのかもしれません。
別れずに済んだかもしれない。

ですが、自分の価値観で愛情を測る人だったので、それが通用しないような気がして、言えなかったです。

自分の時間が大事。お風呂は一緒じゃなくていい

お風呂って一緒がいいものなんですか…?
実は、私にはその感覚がイマイチよく分かりません。

お風呂ってリフレッシュしたり、思考を巡らせたりと、内向型さんにとっては貴重な時間ではないでしょうか?そんな時間を”奪われる”と感じてしまい、お風呂に一緒に入ることを拒んでいました。

それもパートナーさんを、寂しくさせてしまうきっかけになったようです。

昔から言う「裸の付き合い」的な感覚で、大事にしたい人もいるようですが、わたしにとっては、奪われたくない大切な1人の時間でした。

刺激は弱いほうがいい。ケンカになるくらいなら、折れる

超内向型のわたしは、喧嘩が大の苦手です。
強めの口調で、厳しい表情で、何かを言われると、心と身体がすくんでしまい、停止してしまう。

言いたいことをいっても、丸め込まれると、何も言えなくなる。
基本、穏やかで優しい人だったけど、時々するケンカはやっぱり苦手で、嘘でも「ごめんね」って言っていました。

まぁ、嘘であやまってるから「なんだ、その言い方!」的な雰囲気にもなっていましたが。笑

ケンカをするなら、手紙かLINEがいいですね。
ゆっくり思考を巡らせながら、ケンカすべきですよね。

相手の有言不実行さに不信感を抱き始める。

多分、内向型の人って、責任感強い人多いですよね。
わたしもどちらかというと、強い方です。

なので「言ったことをやらない」とか、不誠実でしかないって感じてしまうのです。

「明日の休日は〇〇時に起きて、△△しようね♪」って決めて、翌日、簡単に約束破られるとかありえんくないですか?

しかも本人は、悪びれる様子もないわけです。
約束ではなく、ただの予定でしょ、みたいな感じですよね。

きっと、くそ真面目なわたしが悪いんだと、自分に言い聞かせてこれまでやってきたように思います。

内向型さんは、なんだかんだ、恋人であれど、気を遣いすぎてしまう。

この3年半、わたしは恋人の顔色、めっちゃ伺っていました。
さっきも言ったように、穏やかで優しいひとでした。

キレやすいとか、怒ると怖い、とかそういうのは特になく。
あるとすれば「拗ねやすい」ってことぐらいで。

でも、その拗ねられるのが私にとっては、とても苦痛に感じることでした。
なので、拗ねさせないように、言葉を選んで選んで会話をしてきた気がします。

めちゃくちゃ気を遣ってしまうんですよね。
でも、内向型さんにとって、気を遣わずにいられることって、あるんでしょうか?

どんな場面でも常に、気を張って、気を遣ってしまうのが内向型さんなのではないでしょうか。

ですが、そういうことも全部ぜんぶ、言葉にして伝えていけていれば良かったなって思います。

超内向型のわたしは恋愛に向いていない話のまとめ

わたしは、パートナーさんと別れるたびに思います。
「マジで、恋愛向いてないな。」って。

ですが、性懲りもなく、また恋愛をします。
だからわたしも、「もう恋なんてしないなんて、言わないよ絶対!」派です。

大事なことは、恋愛に関しても『内向型』っていう自分の気質を受け入れつつ、対処していくことですよね。

今回、内向型であるわたしが、恋愛に向いてないと感じるポイントを5つくらい挙げたのですが、その事実は受け入れて、「じゃ、どうする?」ってとこを考えていけばいいのです。

多分、シンプルに勇気を出して伝えていくっていうのが大前提かな、と今は感じています。

恋愛って1人でするものじゃないんですよね。

今回お別れしたパートナーさんとは、特に『家族』的な要素が強かったです。
お互いに飼っていたわんこ、にゃんこを含め、みんなで時間をかけて、しっかり家族になっていきました。

大好きな大切な家族だけど、別れることになってしまったのは、言葉足らずで、なんとなく歯車が合わなくなってしまったせい。

もっと、伝えれば良かった。
もう、愛情はなく情だけになる前に修正出来ていれば、みんなバラバラにならずに済んだかもしれないな。

それだけは、本当に後悔しています

あなたは、言いたいこと、大切な人に言えていますか?
「自分さえ我慢すればいいんだ」

そんなことじゃないんです。

ネガティブな感情や、言いにくい感情であっても、言葉を選んで丁寧に伝えればいいのです。

あなたは、あなたの言葉で、相手の事を
・怒らせるかもしれない
・拗ねさせるかもしれない
・傷つけるかもしれない
と不安になるかもしれません。でも、大丈夫。
あなたは、そんなことは考えなくていいのです。

ただ、丁寧に、誠実に、自分の気持ちを伝えましょう。

大切なものを失うまえに、ぜひ、大切にしてくださいね。
わたしも、これからは後悔しないように、そうしようと決めました。