【内向型さん必見!】自分らしさを守るために大切にすべき5つのこと

こんにちは、内向型をとことん活かすライフスタイルを提案するブロガーゆうにゃん(@younyanco2)です。

ここ数年、ネット界隈では内向型を強みに!という動きが活発になっていて、内向型さんにとっては希望の光が差してきたように感じますよね。

わたし自身も、ネット上でのそういった動きに救われた1人です。
内向型という資質があることを知り、もっと知りたいと本を読み漁り、内向型のまま、ありのままに生きることを決めることが出来ました。

ですが、現実社会では内向型さんが社会的弱者であることに変わりないないなと、感じませんか?

・仲間の輪には、どんどん入っていくべき
・自分から手を挙げてガンガン意見を出すべき
・明るく活発であるべき

このように、世間は、“こうあるべき”というものに縛られて、内向型さんの良いところなんて見つけてはくれません。当たり前と言えば当たり前のことなのかもしれませんが…。

  • 『いくら内向型さんの強みや魅力を知って、伝えても世間的に変わらないのであれば、内向型さんの生きづらさは変わらないのではないだろうか…。』
  • 『どうすれば、変わらない世間の中で、内向型さんが自分らしさを守りつつ、伸び伸びと生きられるのだろう…』

そんなことを考えていまして、たどり着いた答えは、世間を変えることや理解されることではなくて、大切なことは、自分自身のスタンスだなって思いました。

つまり、自分らしさは自分で守ればいいじゃん!ってことです。
それでも、どうしたら自分らしさを守れるかイマイチわからないですよね。

そこで、今回は、内向型さんが自分らしさを大切にすべきポイントをご紹介していこうと思います。

内向型に対して批判的な社会の中で、しっかり自分らしく伸び伸びと生きていけるために大切にしていきたいポイントになりますので、ぜひ、参考にしてみてくださいね\(^o^)/

内向型さんが、自分らしく生きるために大切にすべき5つのポイント

内向型自分らしさ画像①

では、さっそくご紹介していこうと思いますが、ポイントは5つあります。

  1. 「NO」と言う
  2. 自分のペースを知る
  3. 自分の限界値を自分で把握しておく
  4. 過ごしやすい環境を知る
  5. 「内向型」という枠にとらわれ過ぎない

それでは、これから1つずつ解説していきますね\(^o^)/

①「NO」と言う

最初のポイントは、「NO]を言うことです。
内向型さんの多くは、相手に気を遣いすぎて断れない性格だったりします。

よく言えば責任感が強い、悪く言えば利用されやすい…そんな感じです。

「NO」をいうのが下手くそで、断ることよりも自分が我慢すればいいやって人、多いのかなーって思います。

確かに断ることは、相手を不快にさせちゃうかなって気になりますよね。

でも、自分の時間を他人に奪われてはいけません。時間には限りがあるのですから、なによりも大切にしないといけないリソースだと思うべきです。

なので、ちゃんとNOを言うべき。
とはいえ、やっぱり断るのが苦手って場合は、代替案を提案するという手もあります。

「今日は無理だけど、来週ならいいよ!」というように、今はNOだけど、〇〇ならOK!みたいな感じで、断る姿勢を相手に見せておくといいかもしれません。

○○さんは断らないから、頼みやすいという雰囲気を壊しておくことをおすすめします。

②自分のペースを知る

続いては、自分のペースをしっかり知っておくことが大切です。

内向型さんは、急かされることが苦手だし、自分のペースを大切にしたいっていう特徴を持っています。

わたしも子供の頃から、他人と歩幅合わせるのがとても苦手でした。
せっかちな人といると、とても疲れていましたしね…

短気は損気!せっかちな性格で損をする5つの行動と2つの対処法とは?

なので、自分が心地よく歩けるスピードを知っておくことが大切ですよ。
無理して相手に合わせずに、自分のペースを大切にしましょう。

③自分の限界値を自分で把握しておく

内向型自分らしさ画像②

次もこれまでと似たようなことになるのですが、自分の限界を把握しておきましょうってことになります。

先ほども言いましたが、内向型さんの多くは、よく言えば責任感が強いです。
なので、知らず知らずのうちに限界を超えてまで頑張ってしまう傾向にあるみたいです。

ですが、刺激を受けやすい内向型さんは、エネルギー不足になりやすく、長期戦は向いていないのです。

例えば、テレビ番組でやっているゲームなんかで、外からボールを当てられながら、1本の平均台を進んでいくようなのを見たことがあると思います。

まさにそんな感じなのが、内向型さんと言えるのではないかなーと思っています。
外からの刺激を受けつつ、そーっと進んでいく感じです。

そう考えると、短い距離でも、たくさんのエネルギーを使っていることが分かるし、多くは戦えないこともよくわかりますよね。

なので、エネルギー不足になりやすいことを自覚しつつ、限界値を自分なりに把握しておくべきだと思います。

④過ごしやすい環境を知る

次は、環境です。

繰り返しになりますが、内向型さんは外部からの刺激に弱いです。
それを踏まえたうえで、自分が心地よい環境に身を置くべきだと思っています。

HSPさんは、仕事を選びで「何をするか?」よりも環境を選んだ方がいいと思う

仕事もそうなのですが、家でもそうですね。
わたしは、パートナーや家族と過ごすことは好きなのですが、一緒にいすぎるととても疲れてしまいます。

なので、相手を不快にさせないように、程よい距離を取るように心がけています。
一緒にいる時間をしっかり楽しむための秘訣とも言えるのかも!

仕事では無理だよーって感じるかもしれませんね。
確かに、職場のルールや環境がありますので、難しいかもしれません。

そういう場合は、職場変えちゃうというのもアリだとわたしは、思っています。
職場の環境が苦痛であるなら、我慢する必要はないです。

変えられそうかな?って試してみて、ダメそうなら自分に合いそうな職場に行く方が、自分の人生のためになると思いますねー

⑤「内向型」という枠にとらわれ過ぎない

最後は、自分自身の「内向型」という資質にとらわれ過ぎないってことです。

自分を決めつけないってことになりますかね。

  • 自分は内向型だから、他人と関わりを持てない
  • 自分は内向型だから、適職は○○と書いてあったから、そうしよう
  • 自分は内向型だから、・・・

というように、決めつけるのはよくないです。
「内向型」というのはあくまで基準のようなもので、人それぞれの性格や好みがあります。

いわば、人間性といいますか。
内向型という資質に自分を当てはめにいってしまうのは、間違いです。

内向型だから無理って諦めてしまう前に、自分本来の性格や好みを理解して、チャレンジしていく姿勢を大切にするべきだなーって思います。

内向型さんが、自分らしく生きるために大切にすべきポイントのまとめ

今回は、内向型さんが自分らしく生きるために大切にして欲しいポイントを5つご紹介しました。

内向型という資質を理解して、自分にとって心地の良い環境を選びつつ、何より自分らしさを大切にすることが大事だと思います。

自分の人生なので、他人に流されすぎることなく、世間に押しつぶされることなく、全うしたいですね。
ありのままで、自分らしく。

それでは、また。