【内向型さんにおすすめ!】自己嫌悪から脱却!自分に自信を持つ方法

こんにちは、内向型をとことん活かすライフスタイルを提案するブロガーゆうにゃん(@younyanco2)です。

わたしもそうだったのですが、内向型さんは、自分に自信が持てない人が多いのではないかな?と感じています。

・「自分に自信を持て」と言われるけど、どうしたらいいかわからない。
・自分に自信を持つ方法を知りたい。

あなたもそう感じることはありませんか?

松岡修造さんのような熱い人の言葉で、自信を持つよう自分を高ぶらせる方法もあるかもしれませんが、「簡単ではない」と感じてしまいますよね。

ですが、自分に自信を持つための、簡単な方法があります。
わたしもずっと自分に自信がなく、いつも自信を持てと言われてきました。

うじうじしてるタイプだったと思います。笑
ですが、今回お伝えする方法で、自分に自信が持てるようになりました。

最初に言っておきたいのですが、この記事は内向型さんに向けて書いています。
内向型さんは、自分に自信が持ちにくいと感じているからです。

なぜなら、自分の内面に目が行きやすいので、自己嫌悪や自己否定に陥りやすく、自分に対してネガティブな感情を抱きやすいからです。
「内向型さん関連記事:【結論:ありのままでいい】内向型をとことん誇る生き方をしよう!
「内向型さん関連記事:なぜ、生きづらい?内向型人間が自分らしくキラキラ生きるコツとは?
「内向型さん関連記事:【本当は得意!】内向型の人は「人付き合いが苦手」という思い込みを外すべき

そんな内向型さんに是非、自信を持ってもらいたいのです。

というわけで今回は、内向型さんが自信を持つための方法についてご紹介していきます。

・「自信をもってウジウジしない自分になりたい」
・「いつも自信がないさそうな妹に自信をつける方法を教えてあげたい。」

そんな方にオススメです。是非、参考にして欲しいと思います。
それでは、いきましょう\(^o^)/

内向型さんが「自信が持てない」ってどういう状態?

まず最初に考えたいのは、「自分に自信がない」ってよく言うし、聞くけど、それってどういう状態なんだろう?ということです。

考えられる「自分に自信がない」状態は大きく2つありまして、それが以下の2つです。

・自己否定が強い
・自己理解をしていない

1つずつ解説していきますね。

自己否定が強い

まず第一に言えることは、先ほども言いましたように、自分自身に対して否定的だということです。

・「どうせ、自分なんて」
・「私には無理だ」

そんな言葉で普段から、自分を卑下しているのではないでしょうか。
自分自身や、自分の言葉、行動には価値がないと思っている状態です。

なので、自分には出来ない、無理だと自信のなさに繋がっていきます。

自分のことを理解していない

次に、自分のことを理解していないことが挙げられます。
そもそも自己否定感の強い人は、自分のことを知らない人が圧倒的に多いのです。

わたしも自己理解をしようと決めて行動していくまでは、自分に強みがあるなんて思っていなかったし、今のあなたと同じように「自分には価値がない」と思い込んでいたのです。

信じられないかもしれませんが、どんな人にもその人にしかない強みがあります
ただ知らない、知ろうとしていない。それだけのことで気付けずにいるだけなのです。

内向型さんが圧倒的な「自信を持つ」ための3ステップ

ここまで、自信を持てないあなたが今どういう状態にあるのかを考えてみました。
「確かに自分のことよく理解しようとしていなかったな」と感じたのではないでしょうか。

自分に自信を持つためには、まず自己理解が必要でその後3つのステップが踏む必要があるので以下でご紹介していきますね。

① 自分の強みを3つ挙げる
② 3つの強みを活かせる方法を考える
③ その方法を使って日常的に小さな成功体験を重ねる

これだけ見ると、少し難しそうに感じるかもしれませんが、実際は難しいことではないので安心してください。

それでは、1つずつ説明していきますね。

ステップ①自分の強みを3つ挙げる

まず、最初のステップとして、先ほどから言っているように自分を理解しつつ、自分の強み・長所を3つピックアップしてみてください。

「自己理解をどうやってするのか方法なんて分からないよ…」と愕然とする人もいるかもしれませんが、大丈夫です。

以下の記事の中で詳しくご紹介しているので是非、参考にしてみてください。
自己理解を深めることができるはずです。

「関連記事:もっと楽に生きるために…「自己理解」を深めることの5つの必要性とは?
「関連記事:自分を知ろう!自己理解を深めるための二つの方法とは?

自分のことは不思議なくらい自分ではわかりません

あなたも経験あると思いますが、他人の悩みには的確なアドバイスが出来たり、冷静に考えることが出来るのに、自分の悩みに関しては複雑に考えてわけわからなくなってしまうということがあります。

これは、人間というのは、自分のことに関してはとても鈍感な生き物だからです。

それを知っていくためには客観的な視点が必要です。

例えば、「ストレングス・ファインダー」や「エニアグラム」「エムグラム」などのツールを使うことや、友人や家族に頼んで自分について教えてもらう他者理解を行うことをおすすめします。

「エニアグラム無料診断はコチラから登録など無く行えます。」

「エムグラム精密性格診断はコチラから!」

また、自分年表を作ってみることもおすすめですね。
これまでの自分の洗い出しを行うことで、何に熱中したのか、どういうことが得意だったのかということを知ることが出来ます。

以上のように、自己理解をまずは深めてみてください。
そして、その中から自分の強みが見えてきたら、3つピックアップしてみてください。

ちなみに、わたしの場合、ストレングス・ファインダーやエニアグラム診断、VIA-IS診断を通じて見つけた自分の強みは「慎重」「責任感がある」「知識欲が強い」という3つが挙げられます。

ステップ②3つの強みを活かせる方法を考える

次に、ステップ①で見つけた強みを活かしていく方法を見つけていきましょう。
ネット上でも前に挙げたような多くの自己診断ツールが存在していて、実際にやってみる人も多いと思います。

でも、ありがちなのは「なるほど、確かにわたしはこういう長所があるかも!」納得して終わってしまうパターンです。

せっかく見つけた強みを「なるほど」で終わらせては勿体ないです!
なので、このステップ②の強みを活かす方法を考えるというのは、とても大事なステップになります。

例えば、わたしの強みはどんなことに活かせるのか考えてみます。
まず責任感があるというのは、自分自身に対してもそうで、「言ったことは必ず守る」ことが出来ます。

そして、その責務を果たしたと感じることが好きなんですよね。
なので、日々、「筋トレをする」「タイピング練習10分する」など、自分でタスクを決め、計画通りに実行していくことが責任感を活かす方法の1つになります。

どんなことに活かせるのか?と考えることは、最初は少し難しいかもしれません。
ですが時間をかけて考えることで、活かせる方法は見つかります。

特に内向型さんであるあなたは、考えることが得意だと思うのでじっくり考えてみてくださいね。

ステップ③その方法を使って日常的に小さな成功体験を重ねる

最後のステップは、②で見つけた方法で小さな成功体験を重ねることです。
先ほどの例で言いますと、わたしの場合は日々「筋トレをする」というタスクをこなしつつ、確実に筋肉をつけていくことですね。

それをTwitterやインスタに日々アップして、自分以外の第3者に見てもらう、褒めてもらうというのもとっても大事ですね。

また、「タイピング練習を10分間する」ことで、タイピングスピードが上がり試験に合格した!というのもモチロン、成功体験になります。

自分の強みを活かしつつ、成功するということが大事なポイントなんですね。

それと、成功は小さいほうが良いというのもポイントですね。
小さい成功を積み重ねることで大きな成功に繋がるのでいきなり大きな成功を狙わない方がいいですね。

例えば、「ダイエットで1ヵ月に10キロ痩せます」とSNSなどで宣言してしまったら、責任感を悪い方に活かしてしまい、体をボロボロにして無理をしてでも達成しようとしてしまいます。

万が一、達成できなかったら自己嫌悪になり、自己否定感はさらに強まってしまうことが目に見えますよね。

なので、出来ることを重ねることが重要ですよ。

「関連記事:【結論】失敗しないダイエット方法は、世界でたった1つしかない

内向型の人が自分に自信を持つための方法のまとめ

今日は、内向型の人が自分に自信を持つための方法についてご紹介してきました。
「難しそう…」と感じたかもしれませんね。

確かに5分くらいですぐ簡単に出来る方法ではありません。
でも1日1時間くらい自分と向き合ってみて自己理解を深めようとすれば、1週間もかからず自分に自信を持つための方法が見えてくると思いますよ。

あとはそれを日々重ねていくだけです。
これまで数年、10数年、もしくは数十年「自信が持てない…」と悩んだ自分とサヨナラ出来るので、絶対におススメですね。

是非、やってみて欲しいなと思います。

それでは、また!