【慎重な内向型さん必見】考え過ぎず、まず行動していくための方法

こんにちは、内向型をとことん活かすライフスタイルを提案するブロガーゆうにゃん(@younyanco2)です。

内向型さんの特徴のひとつに、慎重になり過ぎるというのがありますが、「慎重になり過ぎて行動出来ない…」という悩みを持つ人は多いみたいですね。

実は、わたしも慎重になり過ぎるところがあり行動が出来ない…という悩みを長い間抱えていました。
「頭でっかち」だなって自分でも思っていたし、考え過ぎてしまう頭が重すぎて行動出来ないようなそんな感じでした。

もちろん、慎重であることは、悪いことばかりではありません。
慎重というのは、他人が思いつかないようなリスクを考え付くことが出来ますし、そういったリスクを回避しようという能力が非常に高かったりしますよね。

ですが、デメリットとしては、

・やりたい!と思ったことがあっても考え過ぎて行動が遅れる、もしくは行動に移さない
・目標を達成するために計画を練り過ぎてしまって、時間を無駄にしちゃう

というように、計画倒れしてしまって、結局行動出来なかった…ということが起こり得るということです。せっかく、やりたいことを見つけたのに、行動出来ないなんてもったいないですよね。。

そうならない為にも、どうしたらいいのか…と本を読んだり人の話を聞いて考えてきた結果、1つの答えにたどり着きました。それは、すぐ動ける仕組みを自分の中で作る。ということです。

先ほども言いましたように、わたし自身もすぐ動けるタイプではありませんでした。
ですが、この仕組みづくりに気付いてからは、徐々に動けるようになったのです!

なので今回は、わたしと同じように、慎重になり過ぎてなかなか行動に移せない…と悩んでいるあなたもすぐに動き出せるようになる方法について、ご紹介していこうと思います。
是非、試してみてほしい方法なので、わかりやすく詳しく解説していこうと思います\(^o^)/

慎重な人は、なぜすぐに行動に移せないのか

なかなか行動に移せない人がすぐ行動に移すようになるための方法として、仕組みづくりが大事だよ!って話をしていこうと思いますが、そもそも、なぜ慎重さんは、すぐに行動に移せないのでしょうか。

その理由は3つあると考えていまして、それがこちらです。

①リスクを考え過ぎてしまう
②めんどくさい
③楽したい

これから1つずつ、説明していきますね。

理由①リスクを考え過ぎてしまう

第一の理由としては、さっきも言いましたがリスクを考え過ぎてしまうことが挙げられますよね。

例えば、身体を鍛えたい!と思い、「ジムに行こうかな」と考え始めたとします。
そんな時、慎重さんは

・ジムの会員さんに嫌な人がいたらどうしよう
・仕事が残業続きで、行けなくなるかもしれない

このようなリスクを先回りして考え始めてしまいがちです。
そのせいで、「やっぱりやめておこうかな」と行動に移せなくなってしまうのですよね。

理由②めんどくさい

次に考えられる理由として、めんどくさいというのが挙げられます。
人間は、変化を嫌う生き物です。
あなたもなるべくなら、変わらない日常を当たり前に生きていたいと思うはずです。

なので、ジムに行きたい!と思ったとしても、最初のうちは「ジムに行く」という慣れない行為に抵抗を感じてしまうのです。そのせいで足取りが重くなり、行動に移しにくいということなのです。

理由③楽をしたい

3つ目に挙げる理由としては、楽をしたいから行動しにくいということです。

人間って、なるべく楽をしたいって思っています。
わたしもそうだし、あなたもそうだと思います。

「やらなくちゃいけない」ことがあってもなかなか動き出せないのは、「出来ることならやりたくない」という感情があるからです。だってやらなくていいなら、やらないほうが楽ですもの。

慎重さんでもすぐに行動していくための方法

ここまで、すぐに行動出来ない理由について、ご紹介してきました。
では、どうしたらすぐに行動出来るようになるのかというと、冒頭でも言いましたように、「仕組み化する」というのがおススメです。

仕組み化するってどういうこと?

「仕組み化しましょう」といってもピンと来ないですよね。

これは、どういうことかと言いますと、先ほども言いましたが人間はめんどくさがりですし、なるべく楽をしたい生き物だということをまずは認めて、楽に動いていく方法を仕組み化、つまり習慣化しましょう、というものなのです。

無理に自分を動かそうとするのではなく、どうすれば楽に動けるかな、って考えればいいのです。
何度も言いますが、人間は楽をしたい生き物なのです。
その性質を利用してあげれば、楽に行動していくことが出来るってことなんですよね。

例えば、正直毎日の歯磨きって面倒だったりしますよね。
でも、やらなくちゃいけません。じゃあ、どうするかといいますと、電動歯ブラシに換えるという感じです。頭で考えて、楽になる方法を見つけて、仕組み化するということなのです。

「仕組み化していけば、楽に動けるようになるよー」というのは、なんとなくお分かりいただけたかなと思いますが、仕組み化していくポイントについては、イマイチわからないですよね!

そこで、ここからはいくつか仕組み化のポイントを挙げて解説していきましょう。

ポイント①if-thenルールを作る

if-then(イフゼン)ルールというのを、あなたも聞いたことがあるかもしれません。
これは「もし~だったら、~する」という自分ルールを作るというものです。

例えば、さっきみたいに「ジムにいってみようかな」のように、もし何か新しいことを始めようかな、と思ったらまずは見学行くために予約の電話を入れる、のように、自分の中で【こう思ったら、こう行動する】というのを先に決めてしまうのです。

これを決めておけば、ごちゃごちゃうだうだ考えることは、後回しにしてまずは行動することが出来ます
まず行動するためのif-thenルールを作ってしまうことをおススメします。

ここでのポイントは、簡単であることと、いつでも出来ることを設定するのがポイントです。
つまり「出来ない」という選択肢はない状態にすることがポイントです。

例えば、先ほどのルールだと、新しいことを始めようと思ったら、まず見学の予約の電話を入れる、としました。これが、見学に行くだったとしたら、今日は残業だし行けないなど、出来ない理由が出てくる可能性があります。

電話をするだけなら、残業があったとしても出来ますし、とりあえず動いた感を得ることが出来ます。
なので、このとりあえず動いた感を得るために、出来ないという選択肢がない行動を選ぶといいですね。

ポイント②小さな変化を設定する

先ほども言いましたが人間は変化を嫌う生き物です。
なので、小さく変化していくことがおススメです。
先ほどの歯ブラシの例のように、すぐ出来ることを積み重ねていくことで小さく変化していけます。

これなら出来る!ということを小さく変化させていくことで、すぐやれる自分になっていけますよ。

ポイント③自分時間割をつくる

1日のスケジュールを朝いちばんに簡単に作っちゃうというのも仕組み化の1つです。
もちろん、1分刻みでガチガチなスケジュールみたいなものではなく、大雑把なものでOKです。

先にやるべきことをやる時間を決めておくことで、行動しやすくなりますよね。

慎重さんでもすぐに行動していくための方法のまとめ

今日は、慎重でなかなか動き出せない人でも、すぐに行動していくための方法についてご紹介してきました。要は仕組み化して、楽に動き出そうよってことでしたが、意志力を使わせないための方法でした。

考えるから動き出せないわけなので、考えずに動くには仕組み化が一番手っ取り早いですよね!
特に、考え過ぎてしまう慎重さんには、おススメの方法なのではないかと思います。

もう少し詳しく知りたいなーという人は、以下の書籍をおススメします。
今回わたしが「しっかり行動していくためにはどうしたらいいかな?」と悩んだ時に参考にした書籍です。
具体的な例がきちんと詳しく書かれていて、読みやすいですし、おススメですね。

 

以上でご紹介した本以外でも、まだまだ良書はあると思いますので、ご自分で探されてみるのもアリだと思いますよ♪もし、良書に出会ったら是非、教えてくださいね!

それでは、また!