わたしが「なりたい自分になる」ことを強くおススメしたいたった一つの理由

こんにちは、「なりたい自分になる」を実践、発信中のゆうにゃん(@younyanco2)です\(^o^)/

突然ですが、あなたには「理想の自分」、つまり「なりたい自分」がありますか?

誰にでも多かれ少なかれ「なりたい自分」ってあると思うんです。

早起きが苦手な人なら「早起きが出来る自分」

タバコを止めたい人なら「禁煙に成功した自分」

太っている人なら「痩せている自分」

海外に行きたいなら「英語が話せる自分」

こんなふうに、誰にでも「理想とする自分」ってありますよね。

では、そんな理想の「なりたい自分」にあなたはなれていますか?

 

実際に「なりたい自分」になろうとすることは簡単ではないかもしれません。

頑張ろうとすることって億劫になったり面倒に感じてしまいますよね。

それでもわたしが「なりたい自分」になることを強くおススメしたい理由があります。

今日は、そのたった一つの理由についての考えをご紹介していきたいと思います\(^o^)/

「なりたい自分になる」ことを強くおススメしたいたった一つの理由

ズバリ結論から言わせていただくと、「自信」が持てることで人生が明るくなるからおススメしたいのです。
「え?そんなことで人生が明るくなるの?」って拍子抜けしちゃいそうですよね。
でも、これ、事実です。

わたしが身を持って証明しています。
わたしは「なりたい自分」になることで人生が明るくなりました。

どういうことなのか、詳しく説明していきますね。

スポンサーリンク

 

 

自己嫌悪の塊だった過去

「なりたい自分になる!」と言うと、すごくポジティブに見えますよね!
しかし実際のわたしはネガティブ思考満載で
「どうせわたしなんて・・・」
とヒトの陰に隠れて目立たないようにひっそりと生きてきたタイプの人間です。

「内向型で人見知り。コミュニケーション能力が低い。」
「ギャンブル、借金、タバコ。夢も目標もない。」
「なんとなく生きてその日を乗り越える日々」
「誇れるものも、栄光もなにもない。ひっそりこっそりこのまま生きていくんだろうな…」

そんな自己嫌悪とネガティブの塊のようなわたしだったのです。

「禁煙」を始めたことで入ったやる気スイッチ

そんなわたしが、なぜ「なりたい自分になる!」なんてポジティブ発言をするようになったのかというと、きっかけは「禁煙」です。

これまで、何度も禁煙しては失敗の繰り返しをしてきました。
百害あって一利なし、と言われるほどに誰もが「悪」だと知っているタバコを手放せない日々に自己嫌悪になっていました。

禁煙に失敗した2つの理由と、喫煙再開してわかったタバコの5つのデメリット

2017.05.14

何度も何度も繰り返すうちに、タバコというくだらない嗜好品にしがみつくことがとても馬鹿らしく思えてきました。百年の恋が冷めたような、そんな瞬間を感じたのです。

それから禁煙外来に行き、お薬の力を借りつつ禁煙を始めたわけですが、禁煙は正直簡単なものではありませんでした。
「吸いたい」気持ちに勝つことは簡単です。
吸わなければいいので。
禁煙の最大の敵は「離脱症状」です。自分の意志とは関係なく体がつらい。ただただ辛い…

禁煙うつは「永遠」じゃない!最強の敵、禁煙うつに勝つためのたった一つの方法とは?

2017.09.17

お医者さんと禁煙だ!チャンピックスの効果と副作用

2017.05.21

それでも乗り越えたんです。
わたしはあの辛い、苦しい「離脱症状」を乗り越えたのです。

30数年生きてきて、初めての「やりきった感」だったのです。
「禁煙に成功した自分になれた」という感動は何にも変えられない快感となったのです。
そしてその快感は「出来た!」という自分に対する自信に繋がっています。

それまでの「出来ない」「なれない」は自分で勝手に背負った思い込み

禁煙に成功して自信を得たわたしは、「禁酒」「肉体改造」「1日1食」と色んなことをやってみるようになりました。

1日1食生活を1ヵ月継続してわかった!この生活が合っていると感じる2つの理由

2018.02.24

禁煙を通じて分かったことを大袈裟に言うなら
「なんでも出来る」
「何にだってなれる」
ということです。大袈裟ですよね。笑

「え~、無理だよ。出来っこないよ」と思うことって世の中に溢れていますよね?
溢れているように感じますよね?

 

それって本当に無理なんでしょうか?
出来ないんでしょうか?

無理だって、出来ないって誰が決めたのでしょうか?
そう、勝手に決めているのは「自分自身」なんです。

 

禁煙に成功するまでは「禁煙したいけど無理なんだよね~」って平気な顔して言っていました。
実際に無理だと思っていたし、出来るはずがないと思っていました。
だけど、禁煙を出来ないこと、無理なことにしていたのは他でもない自分自身だったんですよね。

禁煙に成功した今だからこそ、気付けたことなのですが、「出来ない」「なれない」は思い込みです。
あなたもわたしも何にだってなれます。なろうと思えば、絶対に。

なりたい自分になるためにすべきこととは?

ここまで、なりたい自分になるべきだと強くおススメしてきました。
なりたい自分になれば、自信が持てます。
そしてポジティブになれます。
それから人生が明るいものになります。

よし、なろう!と思っても、「では、なりたい自分にはどうやってなるの??」という疑問にぶち当たりますよね。
なりたい自分になるために最初にすべきことについて以下でご紹介していきますね。

最初にすべきことは、捨てることから

「どんな自分になりたいですか?」
そう聞かれてパッと答えが出る人は少ないと思います。
では、
「どんな自分が嫌いですか?」
この質問ならどうでしょう。思いつく人が多いのではないですか?

わたしは禁煙をすることができずに、出来ない言い訳を並べ、うだうだしていた自分が嫌いでした。
そんな自分を捨てたくて禁煙に踏み切ることが出来ました。

誰だって自分の嫌いなところを簡単に捨てられるとしたら、捨てたいですよね。
自分のこと、好きでいたいはずです。
だったら、まずは嫌いな自分を捨ててみましょう。

捨てることは簡単

「嫌いな自分を簡単に捨てるなら捨てたいけど簡単じゃない」って過去の自分にも言われそうですが、断言します。
簡単です。
捨てる覚悟さえできればあとは簡単。
だからどうぞ、覚悟を決めて捨てましょう。

今日のまとめ

今日は、「なりたい自分」になることを強くおススメしたい理由についてご紹介してきました。
嫌いな自分を捨て、「こうなりたい」という自分になっていくことは自信に繋がります。
そしてその自信が明るい未来を描いてくれます。

その日その日をただなんとなく乗り越えていただけの日々を過ごしていたわたしにとって、今「人生を楽しみたい!」とポジティブに過ごせるようになったことは思いもよらなかったことのんです。でも、現実にわたしはポジティブなわたしになりました。

もし、今あなたがあの頃のわたしのように「どうせ出来ないよ」ってうだうだしてるのならどうか、一歩踏み出してみてください。
あなたが思っているよりも嫌いな自分を捨てることは簡単で、なりたい自分になっていくことは素晴らしいことなのです。

騙す気はないですが、騙されたと思ってどうか一歩を踏み出してみてくださいね。
世界がこんなにも鮮やかなことに気付いて行けるはずですよ。

それでは、また。

スポンサーリンク