HSPさんは、仕事を選びで「何をするか?」よりも環境を選んだ方がいいと思う

こんにちは、内向型をとことん活かすライフスタイルを提案するブロガーゆうにゃん(@younyanco2)です。

HSPさんや内向型さんは、

・自分はどんな仕事が向いているだろう?
・内向型やHSPの気質を活かしつつ、働ける仕事を知りたい!

と感じることはありませんか?

 

わたしもHSP内向型なのですが、現在ニート中でして仕事選びに関してはとても慎重になっているところです。どんな仕事を選べばいいのだろう?って気になりますよね。

【今の仕事に不満を感じているなら】職業訓練をおススメしたい理由

2019.01.17

36歳独身女が正社員雇用の会社員を辞め、フリーターになる道を選ぶ理由

2018.08.10

 

『内向型 適職』『HSP 適職』というワード検索をするといくつもヒットします。
基本的には自分のペースで出来る仕事や、個人で出来る仕事なんかが紹介されている場合が多いですよね。

 

例えば、職人さんやプログラマー、会計士、農家、ペット関係…といった感じです。

 

HSPさんや内向型さんが仕事選びで迷ったとき、このあたりを選んでおけば無難、ということでしょうか。
実際にはそういうわけには、いきません。

 

なぜなら、HSPや内向型であっても「好きなこと」って人それぞれに違いますし、一括りには出来ないと思うからです。

 

超敏感で繊細なHSPさんであっても、クラブ(音楽ガンガンで踊る方の)で働くことに生きがいを感じている人もいるかもしれません。

 

何が言いたいのかといいますと、HSPや内向型だから適職と言われる仕事をしよう、という考えでは、自分らしさという個性を消してしまうことになりかねないのでは?と思うのです。

 

では、どうしたら良いのかと言いますと、HSPさんや内向型さんが仕事選びをするときの重要なポイントは、「何をするか?」よりも「どこで、誰とするか」という環境を大事にしたらいいと思うのです。

 

そこで今回は、HSPさんや内向型さんが仕事選びで環境を重視すべき理由と、選ぶべき環境についてのお話をしていきます。

HSPさんや内向型さんが仕事を選ぶとき環境を重視すべき理由

まずは、環境を重視すべき理由についてお話したいと思います。

 

HSPさんは特にそうですが、内向型さんも外部からの刺激に弱く、とても繊細であり、敏感です。

なぜ、生きづらい?内向型人間が自分らしくキラキラ生きるコツとは?

2018.11.12

なんだか生きづらい?HSP気質のわたしたちがありのままに生きる方法とは?

2018.05.09

 

仕事というのは、外部、つまり社会とつながることですよね。
在宅ワークやフリーランスの仕事であっても、必ず外部と繋がりますよね。

 

つまり仕事というのは、善くも悪くも外部からの刺激を受けることになります。

 

その刺激が自分にとって、苦痛でしかないものになってしまえば、仕事が成り立っていきません。どんなに適職と言われる仕事をしたとしてもです。

何をしているかではなく、環境で刺激を受ける

以下にご紹介している記事の中でもお話したのですが、以前のわたしは、自分に合った環境に身を置くことが出来ずに、仕事で苦戦したことがあります。

HSPのわたしが、長い間仕事選びに失敗していたことにやっと気付いた話

2018.11.18

 

以前は刺激の多い接客業を好んでしていたのですが、だんだんと苦痛になり、環境重視で工場や事務職に就いたことで気持ちが楽になったという経験があります。

 

ですが、だからといって、すべての事務職が心地よく働けるとは限りません。
どうしてかと言うと、事務職と言っても職場が違えば、環境も違いますし、関わる人も変わってきますよね。

 

これはわたしが、経験したことなのですが、事務職が気楽でいいなって理由から、コールセンターの事務にバイトに行ったことがあります。コールセンターといっても電話業務はなく、届いたメールを事務的に返信していく、という仕事でした。

 

フロアにはたくさんの人がいるけど、関わることはそんなにないし、黙々とやっていればいいだけの仕事です(なんか言い方、悪いですけど)。

 

最初は緊張もあって集中できていたせいか「余裕余裕♪」って感じだったのですが、慣れてくると周りの声とかが気になって、仕事にならなくなりました。

 

1フロア内に100人くらいいたので(しかも女性ばっかり)おしゃべりする声が絶えることなく聞こえてきたんですよね。その声に、段々と苦痛を感じ始め集中出来なくなっていったのです。

 

つまり、これは環境が合っていなかったと言えますね。

 

もし、静かにカチカチとやれる環境であれば、苦痛を感じることはなかったかなって思います。

 

このように、同じような仕事内容だとしても、環境によって、心地よさというのは大きく左右されます。当たり前と言えば、当たり前のことですよね。

 

わたしたちのように、敏感で繊細な場合は特に、環境を重視すべきという理由がお分かりいただけるのではないでしょうか。

HSPさんや、内向型さんが仕事選びで重視すべき環境とは

ここまで、HSPさんや内向型さんは、仕事選びをするときは、環境を重視したほうがいいよーって話をしてきました。

 

では、具体的にどのような環境を選べばいいの?って疑問に感じると思います。

 

正直にいうと、こんな職場がいいよ!っていう答えはありません。

 

それは、先ほども言いましたが「HSPや内向型」という共通点があったとしても、わたしもあなたは違う人間でして、自分の中の「好き」も「心地良さ」も違います

 

簡単に言うなら、個人差あるし誰にでも当てはまらないってことですよね。

 

その答えは、自分自身で探さないといけません。そこで、ここでは、探すためのポイントをいくつかご紹介していくことにします。

 

ポイントは大きく2つだけです。

まず、1つ目は自分のことちゃんと理解するってことです。
そして、2つ目が、自分が嫌だったり苦手とする環境を、しっかりと把握することです。

一つずつ、詳しく見ていきましょう。

ポイント①自己理解する

これは、HSPや内向型さんだけでなく、就職や転職の際には必要なことだと思います。自分を理解することは、人生の方向性を示すコンパスを持つみたいなものです。

 

コンパスで、方向性を確認しなければ、たどり着きたいゴールは見えてきません。なので、自分を理解するってめちゃくちゃ大事なんですよ!

 

大事って言われても、イマイチぴんと来なくて、おざなりにしがちなのが、自己理解です。わたしもそうやってスルーしてきたのでよく分かります。笑

 

メンドクサソーって感じちゃいますよね。それもすごくわかります。ですが、断言させてください。自己理解はしておいて損はないです。なので、めんどくさくても、是非やっておきしょう。

 

やり方については、過去に記事にまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

【めちゃくちゃ簡単!】手軽に自己理解を深める方法を伝授します

2019.02.14

自分を知ろう!自己理解を深めるための二つの方法とは?

2017.12.29

ポイント②嫌いと苦手な環境を把握する

次のポイントは、自分の「嫌い」と「苦手」な環境を把握することです。これは、自分が心地よい環境に身を置くために、とても重要なことですね。

 

ここが把握出来ていなかったら、以前のわたしのような状況に陥ってしまい、「仕事は好きなんだけどなんか辛い…」ということになりかねません。

 

ここでは、一般的にHSPさんや内向型さんが苦手とする場面をいくつか挙げてみます。すべてが当てはまるとは限らないですし、ここで挙げたものでは足りないかもしれません。

 

なので、ご自身で吟味して、「嫌い」「苦手」な環境を明確にしていってみてくださいね。

・音、光、匂いが強いとこ
・常に監視されているような状況(上司の席が隣とか)
・時間を急かされる、迫られること
・自分のペースを保てない
・人に囲まれすぎる

ざっとこんな感じですかね。
参考にしてみてください\(^o^)/

HSPさんや、内向型さんが仕事選びで重視すべき環境のまとめ

今回はHSPさんや内向型さんは、仕事選びで重視すべきは「やりたいこと」より環境かもーって話をしてきました。

 

環境を選んだほうがいいってことは、ご理解いただけたと思うけど、口で言うのは簡単ですが、実際に選ぶのは難しいです。

 

新しく入る職場の環境を知ることってなかなか出来ません。面接や、見学したときはすごく良かったけど、実際に働き出したらイメージと違っていた…なんてよくある話ですものね。

 

ここで設定した「心地よい環境」を絶対条件にしてしまうと、壁にぶつかってしまう可能性が高いです。なので、ある程度は譲歩することも大事かなって思います。

 

とはいえ、自分のパフォーマンスを高められる環境を知っておくってことはとても重要なので、今回洗い出ししたことは、今後の仕事選びだけでなく、日々の生活にも役に立てるものになるのではないかと思っています。

 

是非、役立ててみてくださいね。
それでは、また\(^o^)/