ガチで克服したい人必見!苦手な人でも早起きが出来るようになるコツとは?

こんにちは、「なりたい自分になる」を実践、発信中のゆうにゃん(@younyanco2)です。

突然ですが、あなたは早起きは得意ですか?わたしはめちゃくちゃ得意です\(^o^)/寝坊することはほとんどありません。

羨ましいですか?笑

実はわたしのパートナーは早起きが大の苦手なんです。

いつものように「今日は〇時に起きてコレやあれをしたかったんだけど、起きれなかったんだよね」としょんぼりしています。

わたしたちのように早起きが得意な人と苦手な人っていますよね。
どんな違いがあるのでしょうか?

また、苦手な人が早起きが出来るようになるコツってあるんでしょうか?

今日は苦手な人が早起きを克服して快適な朝を迎えるためのコツについて調べてみましたのでご紹介します\(^o^)/

早起きが苦手な人の3つの悪い共通点とは?

まず、早起きが苦手な人の共通点について見てみましょう。

早起きが苦手だと感じる人には3つの共通点がありました。

 朝のエンジンがかかりにくい

 太りやすい

 幸せを感じにくい

どれもネガティブな印象ですよね。。どういうことか以下で詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

早起きが苦手な人の悪い共通点①朝のエンジンがかかりにくい

早起きが苦手な夜型人間の人は頭脳活動が活発になる時間が遅いです。

エンジンがかかるまではぼーっとしていたり活発に動ける時間までやるべきことを放置してしまう傾向があるかもしれません。

よく朝型の人は仕事が出来ると言われるのを聞いたことがありませんか?それは朝は頭が冴えて生産性が増すと言われてますが、それを上手に活用できている人に成功者が多いからなんですよね。

早起きが苦手な人の悪い共通点②太りやすい

早起きが苦手なひとって大体『夜型』なんですよね。夜型の人は遅い時間まで活動しています。すると不適切な時間帯にお腹が空いたり、お酒を飲んでることが多いのです。

朝型の人よりも余分なカロリーを摂取しがちになってしまうというデメリットがあります。

朝型になるだけでメタボリックシンドロームの対策になるという調査結果も出ているようですよ。

早起きが苦手な人の悪い共通点③幸せを感じにくい

これは、朝型の人と比べてという事になりますが、朝型の人はセロトニンが増えやすいと言われています。

セロトニンとは幸福を感じ精神を安定させる物質です。

早起きが得意な朝型の人は朝日をしっかりと浴び脳を覚醒させた状態で気持ちの良い一日のスタートを切っています。

セロトニンが不足すると精神的に不安定な状態になりうつ病になる危険性もあるんですよ。

早起きはやっぱり三文の徳

ここまで早起きが苦手な人の3つの悪い共通点についてご紹介してきました。

”早起きは三文の徳”ということわざがありますよね。

早起きすることは良いことだという意味ですが、早起きはメリットしかないと言えます。

そう感じることには4つの理由があります。

 周りが寝ている時間に作業することで生産性が上がる(邪魔されない)

 脳がすっきりしていて邪念がない

 朝ごはんをしっかり食べるので便通が良くなる

 時間に余裕が持てる

つまりは人より早く起きることでその時間がお得に感じているのです。

朝、時間に余裕を持てずバタバタして仕事に行ってきますとすることは朝型のわたしにとっては苦痛でしかありません。

余裕なく外出することは通勤時も危険ですよね。

時間に余裕を持つという事は心に余裕を持つということなんですね。

苦手な人でも早起きが出来るようになるコツとは

では苦手な人が早起きが出来るようになるにはどうしたら良いのでしょう。

実は、朝型人間か夜型人間かは遺伝子が大きく関わっている可能性が高いという調査結果があります。

つまり、苦手なものは苦手、なのかもしれません。

ショートスリーパーになりたい!睡眠を短縮することの3つのメリットとは?

2017.11.18

しかし、そう言ってしまったらおしまいなので早起きが得意なわたしがおススメする早起きが出来るようになる4つのコツをご紹介します。

早起きが出来るようになるコツ①早起きのメリットを実感する

まずは試しに何度か早起きを頑張ってみてください。その時に感じたメリットを書き出してみます。

例えば、ゆっくり朝ごはんを食べて便通も良かった、という事でいいんです。

どんなメリットがあるのかを自分で感じ、体験することが重要です。あなたにとって大きなメリットを感じることが出来れば「また早起きしたい!」という気持ちになれますよね。

早起きが出来るようになるコツ②起床時間を15分ずつ早めていく

いきなり1時間早く起きよう!は早起きが苦手な人にとっては苦痛ですよね。

まずはいつもより15分早起きしてみましょう。

身体が慣れてきたらそこからまた15分早める。

というふうに少しずつ体を慣らしていきます。

スポンサーリンク

早起きが出来るようになるコツ③眠りの質を改善する

寝る直前までのお酒を飲んでいたり、テレビやスマホをいじってはいませんか?

その行為は、睡眠の質を下げてしまうんですよ!

睡眠に悪影響を与えると言われるものを徹底して排除し、質の良い睡眠が出来るように心掛けてください。

早起きが出来るようになるコツ④夜の時間の無駄を省く

「夜にしなければいけないこと」の無駄を削らなければ布団に入る時間がいつまで経っても遅く、ゆっくり眠りにつくことが出来ません。

無駄を省いて効率的に過ごし朝を迎える準備を整えることが大事なんです。

今日のまとめ。

今日は、早起きが苦手な人の3つの悪い共通点から、早起きが出来るようになる4つのコツをご紹介してきました。

早起きが出来るようになる4つのコツは以下の通りでしたね。

①早起きのメリットを実感する

②起床時間を15分ずつ早める

③眠りの質を改善する

④夜の時間の無駄を省く

いかがですか?早起きが出来るようになりたい!と思うのであれば、早起きはおすすめなので是非、実践して欲しいです。

どうしてもダメだっ!という方は最後の手段で、目覚まし時計を買い替えることも手段の一つですね。
最近は色んな目覚まし時計があるようですが、『光と大音量で起こす!』という目覚まし時計は期待できそうですね。

光と大音量で起こす最強目覚まし時計「inti4」を楽天市場でチェック

私もパートナーさんにプレゼントしようかな…笑

苦手な早起きを克服して、快適な朝の時間を活用できるようになると自分の時間が増え今よりグンと生活に活力が生まれますよ♪
早起きが出来るように是非、頑張ってみてくださいね\(^o^)/

それでは、また。