「革命のファンファーレ」を読んで【時代は変わった】と感じた3つのポイント

こんにちは、まんまと正月太りで動きづらくなっているアラフォーのゆうにゃん(@younyanco2)です。

正月休みに入りサボっていた読書を再開しました。
読んだ本はキングコング西野亮廣さんの「革命のファンファーレー現代のお金と広告ー」です。

読み始めから、やべぇ、面白いってなっていたのであっという間に読み終えました。
なんか【時代は変わったなぁ】としみじみ感じました。

どんな風に時代は変わっているの?と疑問に感じる方もいますよね!

そこで今日は西野さんの著書を読み【時代は変わった】と感じた3つのポイントについてご紹介します\(^o^)/

なにかを始めたい、変わりたい、そう思っている人に是非読んでもらいたいおススメの一冊です。

「革命のファンファーレ」を読んで時代は変わったと感じた3つのポイント

 

わたしがこの本を読み、時代は変わったと感じたポイントは3つあります。

 クラウドファンディングという仕組み

 お金や人気ではなく信用持ちがすべてになるというお話

 勇気ではなく情報を持って行動に移せというお話

1つずつ解説していきますね。

①クラウドファンディングという仕組みを利用して1億円を調達

クラウドファンディングという言葉を知っている人は多くいますよね。
それでも「知らない」という人もいますので簡単に説明します。

クラウドファンディング(英語: Crowdfunding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。ソーシャルファンディングとも呼ばれる。(中略)

一般に製品開発やイベントの開催には多額の資金が必要となるが、クラウドファンディングでは、インターネットを通じて不特定多数の人々に比較的少額の資金提供を呼びかけ、一定額が集まった時点でプロジェクトを実行することで、資金調達のリスクを低減することが可能になる。ソーシャルメディアの発展によって個人でのプロジェクトの立ち上げや告知が容易になり、それに呼応する形でクラウドファンディングによる資金調達が活発になりつつある

Wikipedia「クラウドファンディング」より引用

西野さんは、絵本『えんとつ町のプペル』の制作のために、クラウドファンディングで資金調達を行い、国内歴代最高となる総額1億円を個人で調達することに成功しました。

この絵本は30万部突破の大ヒットとなり、2019年には映画化することも決定しました。

このクラウドファンディングという仕組みこそが、時代は変わったなあと思わせる仕組みなのですが、考えてほしいのはなぜ西野さんが1億円も調達できたのか、と言う点です。

西野さんが有名人だからでしょうか?
有名人だからといって、誰でもお金を出すでしょうか?

胡散臭い人にはお金なんて出さないですよね。
それは、西野さんが信用されていた証とも言えるのではないでしょうか?

②お金や人気ではなく信用持ちがすべてになるというお話

本書の中で西野さんは、

お金持ちや、人気がある人が生きていける時代は終わったんだ

これからの時代は「信用」がすべてという時代になる

という内容のことを言われています。

信用こそがすべてだと。事実、西野さんには信用があったから1億円もの大金を集めることが出来ました。

では、信用持ちになるにはどうしたらいいのかわかりますか?

それは、単純に誠実さです。
「嘘をつかない」ことが大事で、そのためには嘘をつかなくてよい環境に身を置くことをおススメしています。

スポンサーリンク

③勇気ではなく情報を持って行動に移せというお話

インターネットが普及し、時代は大きく変わりつつあります。
変わりゆく時代を生き抜けるのか不安に感じるし、時代とともに自分も変わりたいと思う。

でも、「変わる」って勇気がいる行為だと思いませんか?

「変わりたいけど変われない」と言っている多くの人は勇気が足りないからだと思っています。

ですが、実際に足りないものは勇気ではなく情報だと西野さんは言っています。

今、あなたが行動できていない理由は、

あなたが情報収集をサボっているせいだ。

努力だ、圧倒的努力。これに尽きる。

革命のファンファーレより引用

新しい世界へ飛び込もうとするとき誰でも不安を感じます。

でも、その場所に関する色んな情報を持っていたとしたらどうでしょうか?

少し緊張したとしても勇気を出せるのではないでしょうか?

時代は変わり、情報はいくらでも集めることが出来ます。

情報を集める事さえサボらなければ、どこへだって行けるし、なんだって出来るのです。

今日のまとめ。

今日は西野亮廣さんの「革命のファンファーレ」を読んで時代は変わったなぁと感じたポイントについてお話してきました。

時代の変化に戸惑う人も多いですよね。

わたし自身そうで、これからの時代を生き抜くために必要なことを探しているところです。

大切なことは、時代は変化するものだと受け入れることが大切です。諸行無常という言葉もあるように、常に、物事は変化し続けているのです。

わたしたちも見えないだけで変化をしているのです。

これからの時代をしっかり生き抜くために、情報収集を怠らないよう、本を読みましょう。
小説やビジネス書じゃなくてよくて、漫画でいいのです。

情報収集の方法はいくらでもあるので、是非、試してみてくださいね。

それでは、また。