これで痩せる!正しい食生活を身につけるための4つのポイント

こんにちは、ゆうにゃん(@younyanco2)です。

「今年こそ、痩せたいな…」
そんなダイエットの悩みは尽きませんよね。

でも、いつまでも流行りのダイエットに振り回されるのは止めにしませんか?

先日、つい食べ過ぎちゃうのは食事に対する習慣が良くないからだ!というお話をしました。

よく聞く話かと思いますが、わたしたちの身体は、わたしたちが選択して食べたものから出来ています。なので、太っている人は、シンプルに選択が間違っていて、食べ過ぎているから太っています

「そんなはずない!わたしはそんなに食べてない!」
そう反論したくなるかもしれません。

実は、わたしも少し前までは、禁酒もしているし、痩せるはずなのにどんどん太ることに疑問を感じていた時期がありました。

禁酒したら痩せるんじゃないの?わたしが、禁酒2ヵ月で2キロ太った理由

2019.03.21

でもよくよく考えて、しっかりカロリー計算をすると、明らかにカロリーオーバーしちゃっていたのです!!

「そりゃ、太るよね」って納得できた感じです。

つまり、何が言いたいのかといいますと、食べ過ぎていることを自覚出来ていないから太るわけで、「なぜ太るかわからない」と感じている時点で、正しい食生活を送れていないことになります。

なので、正しい食生活を身につけさえすれば、今より確実に痩せていくし、太らなくなること間違いなし!だと言えると思うんです!!

流行り廃りに振り回されることなく、自分に合った正しい食生活を身につけるだけで、痩せて、しかもリバウンドすることもないって思えば、こんなに素敵なことはないですよね。

そこで今日は、正しい食生活を身につけるためのポイントを4つほど、ご紹介していきますよ\(^o^)/

これで痩せる!食生活を改善するための4つのポイント

痩せる食生活改善①

この食生活を身につけるための方法は、「「食べたいが止まらない…!」食欲を抑えるための3つのステップを解説します」の記事の中でもご紹介しましたが、デヴィット・A・ケスラー著書の『過食にさようなら』という本で紹介されているものを、わたしなりにかみ砕いた方法になります。

なので、もっと詳しく知りたい!って場合は、書籍で読んでみてください。
ただし、絶版となっていて、中古でも高価となっているので注意してくださいね。

『過食にさようなら』をAmazonでチェック

個人的には、図書館を利用してタダで借りるのがおススメです♪

【図書館を利用しよう】本好きさんが図書館を利用することの5つのメリット

2018.09.21

それでは、早速4つのポイントをご紹介していきますね。

  1. 食事の計画を立てる
  2. 自分の適正な食事量を把握する
  3. 満腹感を得やすいものを食べる
  4. 食事を楽しむ

1つずつ解説していきます\(^o^)/

食事の計画を立てる

正しい食生活を身につけるためには、食生活を意識的に計画することが大事になってきます。

計画を立てるためには、前回の記事でもご紹介していますが、まずは今、どんな食生活をしているのかを自覚しておいたほうがいいですね。

それから、この計画を立てるポイントとしては、どんな生活になったとしても続けられるものにする、という点がとても大事です。

それはなぜかと言いますと、

  • 「忙しかったから、出来なかった」
  • 「急な用事が出来て出来なかった」

などの言い訳をなくすことが出来るからです。

では、具体的にどんな計画を立てるのかというと、ざっくり言いますと、

  1. 1日の摂取カロリーを決めて
  2. いつ何(どんな食材)を食べるか決める

ということになります。

わたしの場合は、以下のように決めています。

  • 1日の摂取カロリー→1300Kcal
  • 朝はバナナとプロテイン&パン(なるべく全粒粉かライ麦パンを選ぶ)
  • お昼は鶏胸肉とブロッコリーなどの蒸し野菜
  • 夜はミックスナッツ&デーツなど簡単に済ませる

こんな感じです。一見厳しくみえるかもしれませんが、意外と満足しています\(^o^)/

ご自身でやりながら徐々に変えていくと良いかと思います。
わたしも、もう少し改善していかなくちゃと思っているところなのです。

とにかく、ここで大事なことは計画的に、そして意識的に食事をするということです。
無計画&無意識での食事が経験上、一番タチが悪く太る原因になりやすいって断言できます!

なので、

  1. 1日の摂取カロリーを決めて
  2. いつ何(どんな食材)を食べるか決める

この2つだけでいいので、まずは計画してみてくださいね。

自分の適正な食事量を把握する

痩せる食生活改善②

次のポイントは食事の量を把握するということです。
あなたは、日頃、自分がどれだけの量を食しているかって把握出来ていますか?

出来ているつもりでも出来ていないって人、意外と多いと思うんですよね!
例えば、回転寿司や、ビュッフェなどに行くと特に把握出来にくいですよね。

1回の食事で、

  • どれだけの食材が胃の中に入るのか
  • また、どれだけの食事で満足出来るのか

をちゃんと把握する必要があります。

実は食べ過ぎる原因の一つが、ここが把握出来ていないってことが挙げられます。

ここを把握せずに食べていると、「あれ、なんかお腹がいっぱいだ」と食事中に気付くことになります。

また、そう気付いたとしても、目の前に食事が残って入れば、平らげようと無理して食べてしまいますよね。

なので、事前に自分の適正量を把握して、その分量だけを準備、注文するようにすれば食べ過ぎを防ぐことが出来るようになります。

この適正量を把握するための方法として、

  1. まず、これまでの食事量を半分にしてみる(勇気がいりますが、やってみましょう!)
  2. 食事後、どれくらいで空腹を感じるか確認する
  3. 4時間以内に空腹を感じるようなら、食事量をもう少し増やす

といった感じで、4時間持つかどうか、を目安にするといいみたいですよ。

満腹感を得やすいものを食べる

次のポイントは、満腹感を得やすいものをチョイスするようにするといいよってお話です。

満腹感を得やすいもの、というとどんなものを思い浮かべるでしょうか?

様々な研究などでもわかっていますが、タンパク質がもっとも満腹感を得やすい食事なのだそう。お肉やお魚、大豆食品などがタンパク質ですね。

ここで注意したいのが、タンパク質を摂りたいからといって、お肉や魚ばかりをチョイスしていると、同時に脂質も摂ってしまいますので、気付いたら脂質を過剰に摂ってしまっていた!なんてことになりかねません。

脂質が少ないタンパク質といえば、ささみや鶏胸肉が有名ですが、もっと効率的に摂りたい!って場合はプロテインパウダーなんかもおススメです。

ちなみに、わたしもプロテインパウダーは積極的に摂取していますよ!

プロテインパウダーの画像 Amazonでホエイプロテインパウダーのランキングをチェックしてみてくださいね。

その他にも、緑黄色野菜や、豆や果物もおすすめなので、意識して食べるようにするといいかと思います。

食事を楽しむ

最後のポイントは食事を楽しむってことです。

「上に挙げたような食材しか食べられないの~??」って残念がって嫌々しても、多分続かないですよね。

ですが、自分が計画した食事内容や、食材で、いかに美味しく楽しく食事が出来るかを、大切にするかが最大のポイントになるかもしれませんね。

美味しいって感情は、幸せを与えてくれるので、やっぱり大事なのです。

でも、砂糖や調味料まみれの、栄養スカスカの食事を美味しいと思うのか、味付けは質素だけど、栄養たっぷりで、食材そのものの味を楽しめる食事を美味しいと思うのか、その違いがわたしたちの身体の違いも形作っていくんですよねぇ。(しみじみ)

正しい食生活を身につけるための4つのポイント

痩せる食生活改善③

今日は、正しい食生活を身につけるためのポイントを4つご紹介してきました。

要約しますと、正しいものを正しく、そして美味しく食べることを当たり前にすれば、痩せるということになりますよね。

 

言葉でいうのは簡単ですが、実際に実行していくのは難しい…

そう感じてしまうのは、これまでの間違った食生活に慣れてしまっているからですよね。。

 

反省しつつ、正しい食生活を身につけられるように、まずは計画を立てることから始めてみませんか?

  • 痩せたい
  • もう、二度とダイエットなんて繰り返したくない

そう感じることがあるのなら、是非、一緒に頑張ってみましょう\(^o^)/

それでは、また。