ホリエモン三昧で見えてきた5つのやるべきこと

 

こんにちは、優にゃん(@younyanco2)です。

11月から禁酒をはじめ、読書をするようにしていています。

先月、ホリエモンこと堀江貴文さんの「ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく」を読んでからホリエモンにドはまりしました。

 

 

12月に入ってから読んだホリエモンは

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書)

多動力 (NewsPicks Book)

この3冊です。3冊も読むと重複する箇所もあったりするのでホリエモンが強く伝えたいことが見えてきました。

 

ホリエモンが伝えたいことで見えたやるべき5つのこと

もちろん、私なりの解釈になりますがホリエモンが教えてくれたことをご紹介します。

そして自分のやるべきことも見えてきたのであわせて発表します。

できない理由はない  まず行動する

私はチキンなのでなにかを始めようとする時とても躊躇します。

例えば禁煙を始める前も「やめよう」と決断してから行動するまでに時間がかかりました。

時間がかかったのはなぜかと言いと「すぐにできない理由」を付けていたからです。

 

・禁煙を始めるには心の準備を整えないといけない

・禁煙したら太るから痩せてからじゃない禁煙できない

 

このように理由をつけては先延ばししました。

しかし、ホリエモンの本を読み出来ないことに理由はないんだと思い知らされました。

「お金がない」「時間がない」

それは言い訳にすぎないんですよね。

やるかやらないか、それだけだ

言い訳はせずにやりたいこと、やろうと決断したことはさっさとする。

まずは行動する。考えなくてよし。

 

本音で生きられないのはプライドが高いから  プライドを捨てる

本音で生きたいですよね。

自分隠して生きていくなんてしたくないです。

だけど、私は自分を隠しまくって生きています。

 

たった一度の人生、自分をさらけ出して生きていきたいですね。

プライドなんて捨てて自分を生きる。

 

やるならトコトンやれ  やる

なにかやりたいことを見つけたらトコトンはまる、それがホリエモン流です。

飽きてもいいからやる。

飽きたとしても次に繋がることもあるのでハマってする。

ただもう、やる。

 

最適化する  やらないことを決める

 

例えば、上司からの無駄な電話。

無駄な時間だなあと思いながらもつい出ちゃってました。

でもホリエモンの本を読んで無駄だと解っている時間を無駄に過ごすことがバカらしくなります。

そんな電話には出なくてよしとしようと決めました。

無駄な時間は捨てていく

 

自発的に発信する  発信力をつける

やりたいこと、ハマれることが見つかったら自発的に発信することが大事だとホリエモンは言っています。

これまで自分の中だけで動いていた思い、言葉を外に向けて発信するというのは私の中ではハードルの高いことだと感じます。

発信するってどうやるのってここ最近考えていました。

 

そんな時に見つけた記事がこちら。プロブロガーのあんちゃさんという方の記事なのです。

「発信力をつけたい」と思ったときにまずやるべきたった一つの方法

下手でも不器用でもいいから発信しようということなんですよね。

 

発信しまくる

 

今日のまとめ。

ホリエモンの本を読んでいていつも感じることは答えってシンプルなんだな、ってことです。

なにを難しく考えていたのだろうと気付かされます。

やりたきゃやればいいじゃん、なんでやらないの?っていうホリエモンスタイルが私は好きです。

 

ごちゃごちゃ言い訳つけて行動できない自分ではなく、

シンプルにやりたきゃやる。行きたきゃ行く。という自分に変えていきます。

 

なんだか、ワクワクしてきます。

 

それでは、また。