また失敗…!わたしが禁酒を継続するために明確にすべき4つのこと

こんにちは、ゆうにゃん(@younyanco2)です。
ここのところ、止めていた毎日の晩酌を再開し、太ったり「なりたい自分」から遠ざかりつつあります。。。

そこで今日は、昔の「嫌いな自分」に戻らないためにも、どうしたら禁酒を継続していけるかについて考えてみました。
すると、禁酒を継続していくためには明確にすべきことが4つありました。
その4つについて深く掘り下げて考えてみようと思います。

禁酒を継続したいけど、出来ない…という方はご自分に置き換え、是非一緒に考えてみてくださいね。

禁酒を継続するために明確にすべき4つのこと

まず、最初にわたしが禁酒を継続させるために明確にすべきだと考える4つのことをご紹介します。

 ①なぜ飲酒を再開してしまったのかを明確にする
 ②自分にとっての飲酒のメリット・デメリットを明確にする
 ③②を考えた上での禁酒の目的を明確にする
 ④禁酒を実行するために必要な物を明確にする。

以上の4つです。
それではひとつひとつ明確にしていきましょう。

明確にすべきこと①なぜ飲酒を再開してしまっているのか?

これは、本当に言い訳にしかなりませんが愛犬の死で寂しかったことや、お花見シーズンで飲み会が重なり、お酒を飲むことに抵抗がなくなったことが大きな要因です。

愛犬の死=寂しさを紛らわせたい。
飲み会=楽しさを倍増させ緊張を紛らわせたい。

このように、酔ってしまうことを目的として飲酒することに慣れて、普段から飲むようになりました。
お酒を飲めば、寂しさや緊張を紛らわすことが出来ます。
酔えば、楽しくフワっとした気持ちの良い状態になれるからです。

これは悲しみや緊張から向き合おうとせずに逃げている行為と言えますよね。
実際にそうです。わたしは向き合うことから逃げていました。
酔っていれば楽ですよね。
しかし、酔っていないと悲しみや緊張の中にいられないような人間でいたくはないのです。

わたしは逃げるために飲酒を再開していました。

明確にすべきこと②自分にとっての飲酒のメリット・デメリットとは?

飲酒のメリット
◇前述のように酔うことでフワっと気持ちの良い状態になれる、楽しい
◇悲しみや緊張を軽減できる

飲酒のデメリット
◆食欲が促進されて太る
◆むくんだり美容面でマイナス
◆体が重い、怠い
◆夜の時間を有効に使えなくなる
◆お金がかかる

こうして見ると、飲酒をすることで感じているのはメリットよりもデメリットの方が多いのですね。
自分でもちょっとびっくりしました。
デメリットを多く感じているのなら不要なもの、と言えます。

明確にすべきこと③どうなりたくて禁酒をするのか?禁酒の目的とは?

②で禁酒のメリット、デメリットを考えました。
それを踏まえ、禁酒をしてどうなりたいのかを考えてみました。

 むくんだり、太ったりせず自分にとっての良い状態でいたい
 夜の時間を有効活用してやるべきこと考えるべきことをしてしっかり自分と向き合いたい
 お金の節約をして貯金や自己投資への資金に充てたい
基本は以上の3点かな、と思います。

また、断酒ではなく禁酒という言葉を使う意味としてはまた飲みたいからです。
毎日飲んだくれるのは嫌だけどたまにはパートナーさんと一緒に美味しいお酒を飲みたいからお酒を断つことはしないつもりです。

ここで自分なりの禁酒の定義として年数回までの飲酒のこと、とします。

明確にすべきこと④禁酒をする上で必要な物

「さあ、禁酒をはじめよう」ってなった時に一番要らないものってなんだと思いますか?
わたしは気合というやつだと思っています。
意気込み過ぎても空回りするだけだと思うので冷静に何が必要なのかを考えましょう。

口寂しさを紛らわすためには炭酸水がおすすめ

禁酒をしたら最初は口寂しさを感じるでしょう。
そんなときは炭酸水がおすすめです。
これまで色んな炭酸水を飲んできましたが、続けるためにはコストはできるだけかけたくないですよね。
値段がお安く、適度な刺激を与えてくれる炭酸水を選ぶことをおすすめします。


【送料無料】サンガリア 伊賀の天然水炭酸水500ml6種類より2種選べる合計48本セット【2ケース】【選べる】【選り取り】

もともとビールとか炭酸系は苦手という人はミネラルウォーターでも良いと思いますよ♫

飲まなくても楽しめる時間を過ごす

趣味ややるべきことがないという人にとっては、禁酒をすると「ヒマだな~」と感じる人も多いみたいですね!ヒマで退屈さを感じてお酒に手を伸ばすことが無いようするために楽しめる趣味は必須です。

わたしは前回の禁酒から読書にハマり、色んな本を読み漁っています。
今度は筋トレももっと頑張りたいし、ブログ更新もしっかりやりたい。

なんでもいいと思うんですよね。
大事なことは「お酒を飲んでるよりずっと楽しいやん!」と思える事をする。ということ。

今日のまとめ。

今日は、「わたしが禁酒を継続するために明確にすべき4つのこと」について掘り下げて考えてみました。いかがでしたか?

お酒って楽しいし、美味しいし、禁酒とかせんでいいやん!という意見もたまに聞きます。
「酒は百薬の長」という言葉があるように実は適量を毎日飲むひとはまったく飲まない人と比べて死亡率が低いというデータもあるんです。

健康を考えるなら無理をしてまで止めるのはストレスにもなるし、逆に体に悪い事なのかもしれません。しかし、わたしの場合は適量を飲む、ということが出来ない、つまりお酒をコントロールすることが下手で、そのことによって心身ともに疲れてしまいます。

だからわたしはお酒が向いていないとつくづく感じます。
自分自身を良い状態で保ちたいという目的から禁酒を選ぶことにしました。

自分にとって禁酒は必要なのか?
なぜ禁酒が必要なのか?ということをしっかり考えれば禁酒すると決めたらスムーズに実行できますよ。
禁酒をすると決めたのなら、是非、一緒にがんばりましょう!!