アラフォー女、転職のための面接までの記録(前半)

こんにちは、「なりたい自分になる」を実践、発信中のゆうにゃん(@younyanco2)です。

実は、わたし本日転職のための面接を控えております。

面接の前に、

 自分自身と再度向き合うため

 面接に対する確認のために

備忘録としてこの記事を書いています。

久しぶりの面接で、あれ、職務経歴ってどう書くんだっけ?履歴書は?

アラフォーの面接時の適切な服装は?

そんな疑問が自分の中で飛び交う中、試行錯誤、四苦八苦を繰り返し今日に至りました。

この記事が同じような疑問を持たれている方の手助けになれたら幸いです\(^o^)/

もう「履歴書は書きたくない」と思っていたわたしが転職を考えた理由

36歳のわたしですがこれまでアルバイトを含めいくつもの仕事を経験しています。

アルバイトを含めたら余裕で10社以上です。

履歴書を書くのって疲れますよね。

 

心労が半端ないなっていつも思います。慎重な性格なくせに、何度も書くことに失敗します。

下書きしたくせに間違います。

 

そんな心労が嫌だというのも、もちろんありますが「履歴書を書きたくない」と思っていたのは

「会社に属したくない」と思っていたのが一番です。

 

今の会社で定年まで腰を据える気はさらさらない。

次、仕事を変えるときは転職ではなくフリーランスとして働くときじゃあ!!と思っていたのです。

それでも、会社に属する道を選んだ理由

次は転職ではなく、独立だと思っていたわたしがなぜ、また面接を受けに行こうとしているのか?

答えは簡単です。フリーランスになることを諦めたわけではありません。

 

「仕事を通して独立するための勉強をしたい」と思ったからです。

そして今回面接に行く会社はそれが出来る会社だと感じたからなのです。

転職をしたくてこの会社に面接に行くのではなく、この会社で働きたくて面接を決めました。

 

この違いは大きな違いです。今までは、前者のパターンが多く、仕事辞めたいな⇒なんか待遇のいい仕事ないかなというパターンで仕事を選んできました。

「ここで働きたい!」と思って面接を受けに行くのはこれまでで初めてかもしれません。

アラフォー女が面接を受けることを決めるまでの壁

実はここの会社、ずっと気になっていたんです。

地元の同世代の社長がいくつかの会社を経営されている中の一つの会社なのですが、時々求人誌などで募集されているのを拝見していました。

もちろん、言い方は悪いですが「会社を良く見せている」というのはあるのでしょうがとても魅力を感じていました。

何より、今回募集されている職種が「トレーニングジム会社のwebマーケティング部門」

わたしが勉強したい分野が二つも入っているんです!!

これは面接を受けない手はない!!と思ったのですが、なんせストリングスファインダーで「慎重さ」が一位のわたしは慎重に慎重に考えてきました。

「36歳の未経験でwebマーケティングの部門で採用してくれるとこなんてあるのだろうか…」

 若くないくせに未経験

これはとても大きな壁だと感じていてこれまでずっとしり込みをしていたのです。

アラフォー女が未経験の壁を乗り越えた理由

そんな36歳、アラフォーのわたしが面接に行くまでに踏み切れたのか?

きっかけは一つの本でした。

20年近く前に出版された本なのですが、全世界で2400万冊を売り上げた大ベストセラーのビジネス書なんですね。

この「チーズはどこへ消えた?」を最近たまたま古本屋さんで108円で購入したのです。

どんな内容かと言うと、簡単に言ってしまえば仏教でいうところの「諸行無常」の考えに近いのかな?と思います。

 

存在するものすべてにおいて常に変化しているんですよ、ということなのですね。

すべてです。すべて常に変化しているんです。気付いていないだけで。

「あなたはどうですか?去年より今年、昨日より今日、変わっていますか?」

この本にそう言われた気がしたのです。

今ここで動かない限り、永遠に未経験のままなんです。

そして変わろうとすることはわたしを含めだいたいみんなビビっちゃうけど、たいしたことないんです。

それに気付かせてくれたのでわたしは面接を受ける決断が出来たのです。

アラフォー女が面接を受けるまでの道のり~履歴書、職務経歴書

さて、面接を決断し会社へ連絡。面接の約束までこじつけることが出来ました。

ここから頭をフル回転してするべきことをしなくてはいけません。

面接で準備してくれと言われたものが以下の通り。

 履歴書

 職務経歴書

この2点を書く上で重要視されるのが「志望の動機」「自己PR」ですよね。

ここをどう絞り出したのかをご紹介します。

応募する会社の企業理念を熟読&自分の強みを洗い出す

まずはとにかく、応募する会社の企業理念を熟読しました。

企業理念というのはホームページを持つ会社でしたら、だいたい載ってますよね。

会社としてどういう思いを持って創業し、運営していますよというのが企業理念です。

 

企業理念を熟読することでこの会社はどんな人材を求めているのかが見えてきますよね。

わたしが応募する会社では大きく以下の3点が見えてきました。

 

 勉強熱心である

 他人のことを思いやる 

 結果にこだわる

そこから、自分の強みを洗い出してみます。

自分はどうだろう?ここに当てはまるだろうか?

自己分析の必須教本とも言える「ストリングスファインダー」を以前に受けたことがあり、わたしの強みは

①慎重さ

②責任感

③内省

④分析志向

⑤個別化

という結果が出ています。

このストリングスファインダーの結果と先ほどの企業理念を照らし合わせてみました。

 

勉強熱心である⇒分析志向、内省

他人のことを思いやる⇒個別化

結果にこだわる⇒慎重さ、責任感

 

うん、ドンピシャはまる!!!

志望の動機、自己PRを書いてみる

ドンピシャはまったところで、志望の動機(=なぜその会社を選んだのか)、自己PR(=どんな強みをもってその会社に貢献できるのか)を書いていきます。

だいたいまとまったら履歴書、職務経歴書を完成させていきましょう\(^o^)/

書くポイントとしては

志望の動機にしてもさりげなく自分の強みを見せる

丁寧に書く(当たり前のことを当たり前にする)

この2点だけ、とにかく気をつけましょう。あとはご本人の表現力になってきますよね。

準備が出来たら汚さないように白い封筒に入れます。

今日のまとめ

さて、履歴書、職務経歴書も完ぺきに仕上がりました。

あと三時間後には面接に挑んでいます。ドキドキバクバクしますね。

内向的でシャイなわたしにとっては「面接」は最大の難関なのですが、猫を相手に何度も練習したので大丈夫だと信じています。

次回の記事では、面接に挑んだ服装や面接の内容についてアップできればと思います\(^o^)/

それでは、また!!(いってきます)

アラフォー女、転職のための面接までの記録(後半)

2018.07.01