他人の目が気になる人必見!自分らしく生きるための対処法をご紹介

こんにちは、内向型をとことん活かすライフスタイルを提案するHSP内向型ブロガーのゆうにゃん(@younyanco2)です。

あなたは、

・「他人の目が気になって、好きなように出来ない」
・「他人の目を気にせずに生きたい」
・「もっと自分らしく堂々と生きたい!」

そう感じることはないでしょうか?

実は、わたしは「他人の目を気にしない生き方がしたい」と思うことがよくあります。

もしあなたがわたしと同じHSPや、内向型の気質を持っているのなら、そんな気持ちを特に理解していただけるかもしれませんね。

それはなぜかと言うと、HSPや内向型の大きな特徴の1つとして、「他人の目を気にしてしまう」というのがあるからです。

HSPというのは、とても敏感な人の気質のことをいいます。
HSPについての詳しい内容は以下の記事を参考にしてみてくださいね\(^o^)/

【関連記事:なんだか生きづらい?HSP気質のわたしたちがありのままに生きる方法とは?
【関連記事:【HSPの人必見!】もう、仕事選びで失敗しないための方法をご紹介

HSPの人というのは、他人の目線や感情に、とっても敏感に反応してしまうゆえに、他人の目が気になってしまう傾向にあるのです。

では、HSP内向型の人は他人の目を気にして生きていくしかないのかな?と不安に感じてしまいます。
ですが、それはもちろん、そんなことはありません。

わたしたちだって、他人の目を気にせずに自分らしい生き方は出来ると確信しています。
なぜなら、なぜ他人の目を気にしてしまうのかを深く紐解いていくことで、自分らしさを取り戻す糸口が見えてくるからです。

そうは言っても、今のあなたは、大きな不安の中にいるかもしれません。

そこで今日は、他人の目を気にして縮こまって生きてしまっているあなたや、わたしのために、「他人の目を気にせず、自分らしく生きる方法」について考えてみたので、それをご紹介していきます。

そもそも、なぜ他人の目が気になるのだろう?を考える

他人の目を気にせず自分らしくいるためには、まずどうして気にしてしまうのかを知る必要があります。

根本にあるのは、自信の無さ

第一に言えることは「自分に自信がない」ことが挙げられますよね。
自分の信念や考えに自信がある人は、「他人の目を気にして行動できない…」なんてことは、まずありません。

自分を信じ、堂々と行動を起こします。
わたし達は自分自身の考えや信念に自信がないので、他人の目を気にして行動出来ずにいる、と言えるのではないでしょうか。

【関連記事:【内向型さんにおすすめ!】自己嫌悪から脱却!自分に自信を持つ方法

↑自分に自信も持つ方法は上の記事でご紹介しているので、参考にしてみてくださいね\(^o^)/

他人の目を気にすると起きること

次に、他人の目ばかりを気にしていると起きてくる問題に目を向けてみましょう。
上の図は、他人の目を気にすることで起きる”負のループ”を図解にしたものです。

負のループにはまり込んでいる

上記の図を解説しますと、先ほどもお話しましたが、まずわたし達は自信がないゆえに、他人の目を気にするようになります。
他人の目を気にするとどうなるかというと、間違わないように、恥をかかないようにと「正しさ」ばかりを求めるようになってしまいます。

つまり、「やりたいこと」ではなく、「やるべきこと」ばかりをするようになるのです。
他人に求められる自分でいようとするのです。

あなたも普段の自分を思い返して欲しいのですが、

例えば、友人や恋人とのランチを決めるとき、本当は自然派レストランに行きたいのに、相手が大好きなファストフード店に行こうと言われて断れずに「いいよ♪」と無理していたりしませんか?

日常的な些細な事かもしれないですが、これが積み重なり自分の意見も言えない「自分らしさのない自分」になっていきます。

そして、そんな自分に自信が持てずに他人の目を気にしてしまう…という負のループにはまり込んでしまっているのです。

他人の目を気にする人が自分らしく生きるための対処法

さて、ここまで、なぜ他人の目ばかりを気にしてしまうのか?気にすることでどうなるのか?について詳しく説明してきました。

負のループにはまり込んでいる、ということを理解していただけたのではないかと思います。

わたし達が、他人の目を気にせず、自分らしく生きていくためには、この負のループを断ち切らなくてはいけません。

そのためには、3つのポイントがあります。

  • 今の自分を認める、肯定する
  • 自分自身と向き合う
  • 自分の感情に従うと決める

以上の3つですが、詳しく説明していきます\(^o^)/

自分を認める、肯定する

まず、一番大事なことは自分自身のことを認めるということです。
なぜ認めることが大事なのかと言うと、認めなければ始まらないからです。

 

例えば、家族に「スーパーで伊勢海老買ってきて」とお使いを頼まれたとします。
あなたは、頼まれた通りスーパーで買い物をして帰ってきたら、家族に「これは、伊勢海老じゃない。ロブスターだ」と言われます。

この時、伊勢海老じゃないモノを買ってきてしまったことをあなたが認めなければ、話は進みませんよね。
平行線をたどるばかりです。

このように、認めなければ話は進まないのです。

今、あなたは自分に自信がなく、自分のことが大嫌いかもしれません。

・「人前でうまく話せないし、赤面するし、かっこ悪い自分」
・「人の目ばっか、気にしてうじうじ行動できないダサい自分」

ですが、認めましょう。

・「わたしって人前で話せないし、赤面するし、かっこ悪いとこあるよね、うんうん」
・「わたしって人の目ばっかり気にして行動するのに時間かかっちゃうとこあるよね、うんうん」

そんな感じで、そういうとこあるよね、って感じで認めることが大事なのです。

もし、そんな自分を否定すれば、

「かっこ悪いぜ、ちくしょー、そんなのわたしじゃないぜ」ということになり、目を背けるだけになります。

目を背けることは、なんの解決にもなりません。
まず、どこに問題があるか見極めなければ問題は永遠に解決することはありませんよね。

なので、かっこ悪くてもダサくても、それが自分なんだとまずは、認めましょう。

自分自身と向き合う

認めたうえで、自分自身と向き合いましょう。
あなたの本当の気持ちと向き合ってみてください。

本当は何が好き?
本当は何が嫌い?
本当は何がしたい?
本当は何がしたくない?
本当は誰が好き?
本当は誰といたい?

このように、誰にも言わなくていいので素直に全部、吐き出してみてください。

自分の感情に従うと決める

あなたは、自分の本当の気持ちと向き合って、本当の気持ちが見えてきたと思います。
そしたら、まずはその感情に素直になることをここで決意しましょう。

「もう、他人の目を気にせず、自分のワクワクする感情に素直に従う」

そう高らかに宣言してください。

他人の目を気にする人が自分らしく生きるための対処法のまとめ

今日は、他人の目を気にしてしまう人が自分らしく生きるための対処法について考えてみたものを、ご紹介しました。

いきなり全部は無理かもしれません。
ですが、出来るだけ自分の感情に従う生き方を選びましょう。

なぜなら、人生ってホントに短いのです。
それなのに、他人の目を気にして、他人軸で生きるなんてもったいないと思いませんか?


わたしは、少し遅いくらいですが、そのことに気付けて、自分軸で自分らしい生き方がしたいと思えてよかったと心から思っています。

自分に自信を持てるように努力しつつ、自分らしく伸び伸びと生きていきたいですね。
お互い、頑張りましょう。

それでは、また!