禁酒中にお酒の代わりに炭酸水をおすすめしたい3つの理由

こんにちは、「なりたい自分になる」を実践、発信中のゆうにゃん(@younyanco2)です。
新年度に突入し、色んなスタートを切っている方も多いですよね!

すっかり暖かくなり薄着になってきたこの季節、そろそろダイエットのために禁酒しよう!
暖かい季節になって熱燗も恋しくなくなってきたし、禁酒でもしようかな
新年度になり、健康診断に向けて禁酒でも始めるか!

このように、禁酒を始めた方、始めようと思っている方も多いのではないでしょうか?

わたしは日々の晩酌を止め、お酒は年に数回だけというゆるーい禁酒を半年くらい継続しています。(途中、乱れた時期もありますが)

 優にゃんのSimple Log 
優にゃんのSimple Log
https://younyancoz.com/%E7%A6%81%E9%85%92%E5%AE%A3%E8%A8%80%EF%BC%81%E7%A6%81%E9%85%92%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E6%BA%96%E5%82%99%E3%81%A8%E3%81%AF/entry/2017/10/28/042426

毎日晩酌しないと眠れないほどだったわたしが禁酒を継続してこられたのは炭酸水の存在があったからです。
今日は、「禁酒のお供に炭酸水」を推奨している理由についてご紹介します。

禁酒中にお酒の代わりに炭酸水をおすすめしたい3つの理由

わたしはゆるーい禁酒を始めて半年くらいですが、炭酸水を欠かした日は1日たりともありません。炭酸水が無ければ不安になるくらい大きな存在なのです。

禁酒のお供に炭酸水をおススメする理由は3つあります。

①禁酒中の口寂しさを紛らわせてくれる
②空腹感を満たしてくれる
③デトックス効果で禁酒中の便秘を解消

それでは一つずつ見ていきましょう\(^o^)/

お酒の代わりに炭酸水をおすすめしたい理由①禁酒中の口寂しさを紛らわせてくれる

毎日、晩酌をしていたわたしにとってお酒が無いというのは正直口寂しさを感じるものでした。
とくに「とりあえずビール」が大好きな人にとっては物足りなさを感じずにはいられないと思います。

その点、炭酸水はビールと同じくらいかそれ以上の刺激を与えてくれる飲みものなのですよね。
慣れないうちはもちろんビールとは違うので違和感はありますが、慣れてくると炭酸水でも十分に満足できるようになります。

今となっては「とりあえずのビール」ではく「とりあえずの炭酸水」が定番になりました。

お酒の代わりに炭酸水をおすすめしたい理由②空腹感を満たしてくれる

禁酒をすると、お酒が無いという物足りなさからドカ食いに走ってしまう傾向があります。
空腹時のドカ食いは胃腸を疲れさせてしまうし、とても危険です。

そこで食事前に炭酸水を飲むことで胃の中で炭酸ガスが発生し空腹感を満たしてくれます。そうすることでお酒が無いことの物足りなさからのドカ食いを防ぐことが出来るのです。ただ注意が必要なのは、その時に飲む炭酸水の量です。

理想はコップ一杯分の300ml程度と言われています。それ以下の少量だと胃が刺激されてしまい逆に食欲を促進してしまうのです。

また、多ければ良いというわけではありません。多いと今度は胃腸に負担をかけすぎてしまいます。1回で飲む炭酸水の量は300ml~500ml程度、一日2000ml程度が良いとされています。

お酒の代わりに炭酸水をおすすめしたい理由③デトックス効果で禁酒中の便秘を解消

わたしは禁酒を始めた頃、便秘になりました。
これは、アルコールには胃腸を刺激して排便を促す効果があるのですが、アルコールを摂取しなくなることで便秘になるということなのです。もちろんアルコールを止めたらみんな便秘になるわけではなく個人差はあります。

炭酸水にデトックス効果があります。
炭酸水を飲むことで腸の中で炭酸ガスが発生します。すると、大腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発化させ、排便を促す効果があるのです。また、マグネシウムを多く含む炭酸水を選ぶことで更に排便をスムーズに行えるようになります。

マグネシウムには腸に水分を集め、増やすことで便を適度な硬さにしてくれる作用があるからです。

正しい炭酸水の選び方

ここまで、禁酒中にお酒の代わりに炭酸水をおすすめしたいというお話をしてきました。
では、どんな炭酸水がおすすめなのかについて簡単にご説明しますね。

炭酸水と言っても色んな種類があります。
そんな中でどれを選んだらいいのだろう?と悩むこともありますよね。
わたしはそんなにこだわりはなく以下の2点さえ満たしていれば何でも買って試してみています。

正しい炭酸水の選び方①ノンカロリーであること

わたしがおすすめしたい炭酸水は第一に当然ですがノンカロリーであることが必須条件です。
パッケージでよく確認したら糖分が入ってた!ということはよくあります。糖分が入っていれば当然太ります。
ノンカロリーであることをしっかり確認して購入するようにしましょう。

正しい炭酸水の選び方②購入しやすい金額であること

炭酸水と一言でいってもその金額の幅はピンキリなのですよ。500mlのペットボトル1本あたりで60円程度のものもあれば、300円以上するものまであるのです!

毎日続けることを考えたら自分にとって購入しやすい金額であることが重要です。

ちなみにわたしの最近のお気に入りの炭酸水がこちらです。


強炭酸、いいですね。
これからの暑い季節にもぴったりだと思います。
金額もお手頃で気に入っています\(^o^)/

今日のまとめ。

今日は禁酒中にお酒の代わりに炭酸水をおすすめしたい3つの理由についてご紹介してきました。
これから禁酒を始めようとしている方、是非炭酸水をお供として準備してくださいね。

これまで毎日飲んでいたお酒を止めることって勇気がいりますし、飲まなくても大丈夫かな?と不安な気持ちもありますよね。そんな時は「炭酸水があるから大丈夫!」と思うことで乗り切れます。

「おいおい、ウソだろ?」と半信半疑になる気持ちもわかります。
でも、大丈夫です。
わたしはそうやって乗り切ってきたので。
騙されたと思って、まずは2週間だけでも炭酸水をお供に禁酒を頑張ってみてください。

応援しています。
それでは、また。


【送料無料】サンガリア 伊賀の天然水 強炭酸水 プレーン 500ml 48本