ダイエット成功の秘訣は我慢じゃない!「食欲をコントロールする力」を身に付けよう!

こんにちは、「なりたい自分になる方法」を実践、発信中のゆうにゃん(@younyanco2)です。
実は最近、自分の食欲について悩んでいました。

2018年の年明けから、ゆるーい1日1食を継続中なのですが、1日1食しか食べないという反動からか唯一の食事をドカ食いしてしまったり過食嘔吐をしたりと食事に関して精神的に不安定な時期があったのです。

しかし今ではすっかり落ち着くことが出来ました。なぜなら

「1日1食しか食べられない」という我慢大会感覚⇒「1日1食を丁寧に美味しく味わって食べる」贅沢感

このように意識を変える事が出来たからです。

なりたい自分、なりたい体型になるためには

 好きでもない運動
 甘いモノはダメ
 揚げ物はダメ

等々、我慢の連続が必要だとは思っていませんか?
そして何より、「食べる事=悪いこと」だと思っていませんか?
わたし自身そう思っていました。

痩せることに我慢は必要ありません。
食べることは幸せなことで、決して悪ではありません。
必要なのは食欲をコントロールする力なのです。
それを教えてくれたのがこちらの書籍

松尾伊津香さん著書「一生太らない魔法の食欲鎮静術」

一生太らない魔法の食欲鎮静術 (Business Life) [ 松尾伊津香 ]

今日はこの本の内容に軽く触れながら食欲をコントロールする力を身に付ける方法についてご紹介します!

ダイエット成功の秘訣は我慢じゃない!「食欲をコントロールする力」を身に付けよう!

突然ですが、あなたは一昨日の夜ご飯は何を食べましたか?
この質問にすぐに明確に答えられるひとはどれくらいいるのでしょうか?

あまり居ないのではないのかな、と思います。
食事というのはわたしたちの生活の中で「当たり前」に行われている行為ですよね。
お腹が空くから食事をする。当たり前に、そしてなんとなく。

それが食欲をコントロール出来なくさせる悪い習慣なのです。
それでは、食欲をコントロールしていくための方法ですが、わたしは一生太らない魔法の食欲鎮静術 (Business Life) [ 松尾伊津香 ]」を読み、4つのステップがあるな、と感じましたのでそれをご紹介していきますね。

食欲をコントロールするための4つのステップとは…

①食欲をコントロール出来ていない状態を知る
②食事に満足する方法を知る
③本当の味わい方を知る
④食事とは自分自身と向き合う行為だと気付く

以下から一つずつご紹介していきますね。

食欲をコントロール出来るようになるためのステップ①食欲をコントロール出来ていない状態を知る

お腹いっぱいなのに、「なにか食べたい」という経験はないですか?

体はNO!と言っているのに食欲が暴走する・・・
「食後のデザートは別腹よ♫」と、食べたはずなのに食べてしまう・・・

これこそが食欲をコントロール出来ていない状態なのです。

一生太らない魔法の食欲鎮静術 (Business Life) [ 松尾伊津香 ]」の中で食欲をコントロールできない理由について、
満足な食事をしてないから」と書かれています。
どういうことかと言うと、目の前の食事を美味しくいただけていない、ということなのです。

つまり、しっかり食べたはずなのに「まだ食べたい。」というのは食事に満足できていない状態にあるからと言えます。

食欲をコントロール出来るようになるためのステップ②食事に満足する方法を知る

では、どうしたら食事に満足できると思いますか?
食事に満足する方法はとても簡単です。

目の前の食事を美味しく丁寧にいただく。それだけなのです。

逆に言うと、食事に満足できないひとは本当の食事の味わい方を知らないと言えるのですよね。
生まれてからほぼ毎日行ってきた「食事」という行為ですが、

「まだ味わい方を知らなかったなんて!!」

と少し、こっぱずかしい気持ちにもなりますよね。

食欲をコントロール出来るようになるためのステップ③本当の味わい方を知る

では、本当の味わい方についてですが、しっかりと味わえる食べ方があります。
これは、実践してみるとよくわかります。
食材の味に意識してしっかりと味わえるようになります。

この詳しい方法については書籍にてご確認していただきたいなと思いますので割愛させていただきますね。

本当の味わい方を知ると味覚に集中できるようになり、間食やダラ食いすることなく今までより少しの食事で十分満足できるようになります。目からウロコとはこのことですよ!是非実践してみてくださいね。

食欲をコントロール出来るようになるためのステップ④食事とは自分自身と向き合う行為だと気付く

「あなたは今日、何が食べたいですか?」

この質問には多くの人がすぐに回答できると思います。
では、

「今、あなたの体はどんな食材を欲しがっていますか?」
この質問に回答することは難しいですよね。

本来食事ってなんのためにあると思いますか?
生きていくため、ですよね。

戦後の食糧難の時代とは違い、現代は飽食の時代と言われるほど、本当に様々な食事が溢れています。誘惑も多いのも事実です。

そんな中であなたは本当に食べたいものを食べていますか?
あなたはあなたの体が欲しがっているものをきちんと食べていますか?

あなた自身のからだは、あなた自身が選択して食べたもので作られます
食事って、なんとなくじゃダメなんです。
誰かと食事をする時、「ご飯何食べたい?」と聞かれたとき、きちんと答えていますか?
「なんでもいいよ!」ではダメなんですよね。

自分の体を作るものなので、自分の意思をもって食事を選ぶことが重要なんです。
食事とは、自分自身と向き合う行為なんですよね。
そこに気付けたからわたしはドカ食いも過食嘔吐もしなくなりました。

食事で自分自身と向き合うことが幸せへと繋がる

ここまで食欲をコントロールするためのステップについてご紹介してきました。
いかがですか?「自分自身と向き合う」というと少し難しく感じるかもしれません。
だけど、それは意外と簡単にできるんですよ!

ポイントは客観的に自分を見つめる

今までがっついて、ただ胃袋に入れていただけの食事を丁寧に胃袋へ運んであげるイメージで行えばいいのです。
「胃袋さん、食事の量や質はどうですかー?負担になっていませんかー?」と、自分の体と対話してみてください。
それが自分自身と向き合うということです。

「一生太らない魔法の食欲鎮静術」の中では食事瞑想という言葉で表現されていますが、客観的に自分を見ることが重要なのです。自分を客観視して、食事している姿を
「どうだろう?ちゃんと美味しく丁寧に食べられているかな?」とみてあげる事を意識してみてくださいね。

ダイエットに必要なものは我慢ではなく、食欲をコントロールする力

今日のまとめになりますが、なりたい自分になるための食事法で必要なのは甘いモノや脂っこいモノを我慢する力ではありません。自分自身や、自分自身の食欲と真っ直ぐに向き合い、コントロールする力なのです。

これは訓練さえすれば必ず出来るようになるので、前述した4つのステップを日々意識してくださいね。

わたしもまだまだなので「一生太らない魔法の食欲鎮静術 (Business Life) [ 松尾伊津香 ]」を読み返しながらがんばります。
それでは、また!