アルコール依存症になる原因とは?「ザ・世界仰天ニュース」を見て感じたこと

 

こんにちは、優にゃん(@younyanco2)です。

先日ザ・世界仰天ニュースにてアルコール依存症のドキュメントが放送されていました。

 

ご覧になった方も多いのではないでしょうか?

誰もが羨む理想の母がアルコールに溺れ重度のアルコール依存症へと堕ちていく・・・

という内容でしたが、見ていてドキドキさせられました。

 

自分も、もしかしたらああいう風になっていたのかもしれないと恐怖を感じたからです。

アルコールに関しては「自分は大丈夫」はないと考えています。

これを読んでくださっているあなたにも「自分は大丈夫」はありません

なぜならアルコールはそういうものだからです。

アルコール依存症になった原因とは?

「ザ・世界仰天ニュース」に出ていたレスリーさんは誰もが羨むような女性でした。

3人の子供たちにとっても育児、家事、なんでもしっかりこなす自慢のママだったのです。

飲酒することが日常的になっていく

そんなレスリーさんがアルコールを飲むようになったのは40代になってからでした。

そこから徐々に量が増えていきます。

 

しかし驚くことにレスリーさんがお酒を飲んでいることを旦那さんは気付いていなかったのです。

一緒に飲むこともしていなかったのでしょうね。

 

レスリーさんのお酒の飲む量を心配したレスリーさんの友人が旦那さんに相談したことで

旦那さんはレスリーさんの飲酒を知ることになります。

現実逃避からの飲酒

では、なぜ「完璧な女性」であるレスリーさんがアルコール依存症に陥ってしまったのでしょう。

 

その理由としてレスリーさんは「旦那さんがつまらない」という言葉を口にしています。

これまで完璧な人生を歩んできたレスリーさんにとって旦那さんは「完璧な男性」ではなかったのです。

そのことによりストレスを感じるようになりお酒に走ってしまった可能性が高いと言えます。

一般的に多いアルコール依存症になる原因

レスリーさんの場合、旦那さんとの性格の不一致が原因でアルコール依存症になっていきました。

では、一般的にはどのような理由が多いのでしょうか。

アルコール依存に陥る原因は多種多様

実はこれは一概には言えません。

アルコール依存症になる原因は多様であり複合的であることが分かっています。

 

つまり様々な要因が重なってアルコール依存症へと堕ちていくというわけです。

なぜアルコール依存症になったのかを知るためにはその人の過去に目を向けしっかり自分と

向き合っていく必要があるのだそうです。

 

アルコールに支配されていた日々

わたしは少し前までアルコールをコントロールできない状態でした。

レスリーさんのように飲んでは寝て、飲んでは寝て、を繰り返すような重度のアルコール依存症

というわけではありませんが、アルコールに支配されているような状態でした。

 

そんなわたしも自分自身と向き合ってみると仕事へのストレスや、パートナーとのこと、

そういった多くストレスが原因で現実逃避をするかのようにお酒を飲んでいた気がします。

飲んでしまえば深く考えずに済むし、すぐに眠れて朝が来る、という毎日でした。

 

お酒はなにも解決してくれない

レスリーさんを見ていて思ったことが「家族が可哀想」でした。

私自身、お酒を飲んでいた時パートナーさんに迷惑をたくさんかけていました。

 

客観的に見ればわかることがたくさんあります。

アルコールに支配され、家族に冷たい目でみられ呆れられてしまうような人生はみじめです。

そうはなりたくないと思うはずです。

 

自分自身の問題に向き合えないせいでお酒に溺れることはただの逃げ

その時は楽になるけれど、お酒は何も解決してくれません。

 

「お酒は何一つ解決してくれない」という事実を受け入れましょう。

お酒から離れてみて思う事

お酒を飲みたい気持ちは消えてはいない

わたしはお酒を止めて3週間程度経過しました。

「お酒を飲みたい」って思うことは少なくなりましたが、ゼロではありません。

一生飲まないのかと言えばわかりません。

 

付き合いの席でお酒がないことは想像しただけで不安すぎるほどその場を楽しめるか自信がありません。

お酒を飲まないことで安定した気持ちもある

ですが、飲んでいない今、気持ちはすごく落ち着いています。

仕事への不満、ストレスは解決していませんが飲んでも飲まなくてもそこにあることに気付きます

 

だったら飲まずに冷静に考えるほうが良いですよね。

少しでも向き合おうとしているのです。

 

お酒を止めて「考える時間」が増えました。悩んでいるわけではなく考えているのです。

お酒を飲んでいては考えるなんて到底出来なかったのでそれが一番良かったことです。

お酒から抜け出したいのなら抜け出すしかない

お酒から抜け出したいと思っているのならぜひ抜け出してください。

不安ですよね、お酒がないなんて。

ですが、大丈夫です。死にはしないので。

 

依存から抜け出すことは自信に繋がる

もしかするとあなたは

「アルコールから抜け出せない」

そう強く思い込んでいるかもしれません。

 

しかし、重度のアルコール依存症だったレスリーさんもアルコールから解放されました。

簡単ではないかもしれません。

でも出来ること、なのです。

 

依存から抜け出すことは必ず自信に繋がります。

自分の中に自信が増えていけば悩みと向き合える力になっていき、ストレスも減り現実逃避も必要なくなりますよね。

今日のまとめ。

今日は「ザ・世界仰天ニュース」のアルコール依存症についてのドキュメントを見た感想についてご紹介しました。

 

テレビですが、わたしはレスリーさんのような重度のアルコール依存症の人を見たのは正直初めてでした。

お酒に支配され、自分をコントロール出来なくなっている姿は見ていられないほど痛々しいものがあります。

 

お酒などの依存に依存することは惨めであり、カッコ悪い。

わたしはそうはなりたくない。と強く思います。

 

だから、手放しましょう。

あなたの手放す勇気をわたしは応援しています。

わたしもまだまだなので継続できるように頑張ります。

 

それでは、また。