本当に怖い!アルコール依存症の人が恐れる「スリップ」とは?

こんにちは、優にゃん(@younyanco2)です。

私、アルコールに支配されているような飲み方しか出来ないという理由で

ゆるーーい禁酒をしておりました。

 

 

私が行っていたゆるい禁酒というのは、

がっつり一切飲みません!ではなく基本、晩酌はせずにイベントの時は飲むくらいの禁酒です。

 

しかし、最近はここ数日また飲んでしまっています・・・

いわゆるスリップというやつになるのでしょうか。

 

前のように浴びるようには飲んでいません。

 

しかしこのままだと前のような状況に戻るのは時間の問題だと危機感を募らせています…(ー_ー)

そこで今日は禁酒に対するモチベーションを上げるべく、スリップの恐怖について再認識していこうと思います!!

アルコール依存症の人たちが恐れる「スリップ」とは?

スリップとは、アルコール依存(またその疑いがある人)が断酒や禁酒中に再飲酒してしまう事を言います。

まさしく私のしていることがスリップですね。

なぜアルコール依存症の人にとってスリップは怖いことなの?

アルコール依存症って断酒しないと回復しません。

断酒とはその名の通り、お酒を一生断つ、飲まないことです。

一度飲んでしまうと回復の道が閉ざされてしまうんです。

 

だから、アルコール依存症の人にとってスリップ、つまり再飲酒は怖いことなのです。

依存症の怖いところ

お酒だけではありません。

依存には代表的なモノだと

 

☑ニコチン依存

☑ギャンブル依存

☑買い物依存

 

などがありますが、どの依存でもやめたつもりでも、

一度でも再開すると再び依存の罠に落ちていきます。

 

それが依存なんですよね。

依存と言うのは脳が快楽を覚えることにより行為や思考をコントロール出来ない症状のことです。

自分ではコントロール出来ないというのは本当に怖いことなんですよね。

止められないという思い込みにハマってしまう

私もお酒だけでなくギャンブルやタバコにも依存していた過去があります。

止めたいのに止められない苦しみをずっと味わってきました。

 

客観的に見ると、「やめたいならやめればいいじゃん」って思いますよね。

だけど、依存状態にあるとやめることは簡単ではないと思い込んでしまっています。

 

どうしたらスリップを止められるのか

完全なアルコール依存症の場合、完全に断酒することが依存を回復させる唯一の方法です。

私のようにゆるーーい禁酒なんてしている場合ではありません。

 

再飲酒をしないためにはどうしたら良いのでしょうか?

お酒を飲みたくなる場面を避ける

あなたがお酒を飲みたくなるのはどんな時ですか?

私がお酒を飲みたくなるのは大きく2つの場面だなと思いました。

 

 イライラした時、現実逃避したい時

 お祝いの時(誕生日、正月、記念日など)

 

両極端ともいえますよね。

良い時と悪い時に飲みたくなるみたいです。

お酒の代わりになるものを見つけよう

イライラする時や現実逃避したい時はお酒以外のストレス発散方法を見つけたいです。

例えば、スポーツジムに通ったり運動などが良いかもしれませんね。

 

記念日や誕生日に飲みたくなる時はお酒風味のノンアル飲料で我慢…するしかないですね。

しかし最近のノンアル飲料は美味しくなったので雰囲気は味わえる気がします。

 

ノンアルは邪道、という記事を以前は書きましたが雰囲気を味わう、という意味では良いのかもしれません。

飲みたくなった時に「飲みたいけど、飲みたくないんだ」と言える人が必要

 お酒を飲みたくなる場面を避ける

 お酒の代わりになるものを見つける

これはスリップしないためにも必要なものです。

 

しかし、一番必要なのは、お酒を再び飲みたいと思った時に

正直に「お酒が飲みたい」ことを伝えられる相手、そして「だけど、飲みたくはない」と言える相手だと思います。

 

アルコール依存症の人は飲みたい気持ちを隠しがちです。

そして隠れてお酒に手を出してしまうのです。

 

その飲みたい気持ちを言えるって大事なことなのです。

アルコール依存者にとって

その気持ちを受け止めて、一緒に乗り越えてくれる友人、家族、恋人の協力が不可欠なんです。

 

協力を得るためには、飲みたいけどもう二度と飲みたくないってことをあなたが素直に伝える必要があります。

素直につたえることで支援しようとしてくれる人は必ずいると思います。

一人では戦うのが難しいことも助けてくれる人がいるってそれだけで心強いですよね。

 

今日のまとめ。

禁酒や断酒中に再飲酒してしまうことをスリップと言い、スリップは怖いものだとお話してきました。

私自身、スリップしていましたがもう二度とお酒におぼれていた自分には戻りたくないと改めて思いました。

 

スリップを繰り返さないためにも以下の4つが必要です。

 

 依存の恐ろしさを再認識する

 お酒を飲みたくなる場面を避ける

 お酒の代わりになるものを見つける

 素直に飲みたい気持ちを伝えられる人の支えが必要

 

そして、前述しましたが

「もうあの頃には戻りたくない。お酒から解放されるんだ」

という強いイメージ、意思が大切です。

 

一緒に戦いましょう。

私はもう一回、禁酒セラピーでも読んで、お酒の悪について学ぼうと思います(*^_^*)

 

 

それでは、また。