「内向型」を受け入れて、自分の時間を大切に出来るようになったな。

内向型を受け入れる

こんにちは、ゆうにゃん(@younyanco2)です。
【内向型】という資質を持って生きています。

”内向型”というと、根暗、オタク…そんなネガティブなイメージが強いかもしれません。
正直、わたしもそうでした。

内向型を受け入れることで、すべてが変わった

自分が「内向型という資質」を持っているだけということに気づく前は、自分のことが大嫌いだった。

  • なんで、わたしはこういうふうにしか生きられないんだろう。
  • 周りの友達のように、うまく笑えないんだろう。話せないんだろう。

「うまくやれる人」が羨ましかったし、自分もそうなりたいって切実に願っていました。

頑張ろうって、陽気に振る舞ったり、無理して外向的になろうとしたこともあって。

でも、ただ疲れ果ててしまうばっかりだったんです。
そんな自分に嫌気がさして、またがんばって、そして疲れ果てて…

内向型を受け入れるきっかけは1冊の書籍

そんなことを35年以上も繰り返していたような気がします。
それが変わったのは、2年くらい前のこと。

とあるブロガーさんがおすすめしていた内向型についての書籍を読んでからでした。

【結論:ありのままでいい】内向型をとことん誇る生き方をしよう!

  • 内向型っていうのは、ただの資質に過ぎない。
  • 生まれつき持っているもの。

それは、当時のわたしにとっては、眼から鱗状態だったのです。

だって、「内向型」「外向型」は性格であって、家庭環境や育ってきた環境によって作られるものだと思ってたから。

ちなみにわたしは、自分の性格は毒親に育てられたせいだと思い込んでいました。

私はアダルトチルドレン。認めることで家族から解放されよう、という話。

「機能不全家族で育ったんだ」と気付いたわたしがこれからすべきこととは?

内向型を受け入れることで楽になったんです

でも、ちがう。
生まれつきのものなんだ。
だから、足掻いても仕方ない、受け入れるしか無いんだ。

そう気付いて、心がスッと楽になったのを覚えています。

内向型を受け入れて何がどう変わったんだろう

「内向型である」ことを受け入れて変わったことは、いくつかあるけど、今日はその中でも自分の時間を大切に出来るようになったことについて、お話しようと思います。

内向型のひとって、自分の外側で起きていることよりも、内側で起きていることにより注意を向けるべきなんです。

それは「内向型」っていう資質ゆえのこと。
内向型というのは、自分の内側からエネルギーを得ることが多いからです。

自分は何を考えているだろう。
何を感じているだろう。
何を望んでいるだろう。

そういったことを基準にして日々、生活をします。

内向型さんは、自分と向き合う時間を大切にすべき

だから、意識して自分は今何を考えてるだろうとか、心の中を観察して、知って、見極める時間が大事なんです。

一人で過ごす時間は、寂しく感じるかもしれない。
わたしもそうでした。

内向型なんて知らないときは、一人でいても、自分の気持ちと向き合うなんてよくわからなかった。

でも、例えば、本を読んだり。日記を書いたり。

自分の知りたいことや、感じてること、思ってることに意識を向ける大事さに気付いてからは、そうすることがとても心地良くなったんです。

それを知れたので、自分の時間をより大切に出来るようになりました。

時間は自分で作るもの

「内向型さんは自分の時間を大切にすべきだよ!」

と言っても、

  • 「でも、忙しくてそんな時間取れないよ」
  • 「家族やパートナーと住んでいるから、そんなの無理だよ」

そう感じるかもしれません。

でも、それは『出来ない』っていう思い込みに過ぎません。

時間っていうのは、自分で意識して確保しようとしなければ、いつまで経っても作れない。

なので、もし、家族やパートナーがいるから…と思うのであれば、家族たちより1時間早く起きる、など小さな工夫をして時間を意識的に確保していくのがおススメですよ♪

わたしは、仕事で出張に行くことがあり、その時は自分の時間なんて取れない事が多いです。

そうなると、本当に苦痛で、ストレスマックス状態になることが自分でもわかります。

そういう時は、休みの日は完全にOFFモードになり知らない土地を1人で探検する、みたいなことをやっています。

今日のまとめ。

内向型っていう一見ネガティブに見える資質を受け入れることが出来たおかげで、今わたしはとっても生きやすさを感じています。

「だって、内向型やし、わたしはわたしでしかない」

昔の自分だったら、「諦め」って思っていたかもしれません。
でもそれは違ってて、受け入れる、受容することなんだって今ならわかるのです。

出来ないことは、出来ない。

だから、それを受け入れて、出来ることをする。

受け入れなければ、始めることもできないんだろうな。

 

自分らしくいられるように、自分の時間を大切にしていこうと思います。

内向型かもしれないけど、自分の時間持てずに、周りや時間に流されてしまってるな…っていう場合は、はっきり言って

「すごく、もったいない!!!!」です。

自分の時間は自分で死守しましょうね。

時間を作る、という意味でおススメの本があるので、チラっとご紹介します。

樺澤紫苑さんの『神・時間術』

脳科学者である樺沢さんが、限られた時間をどう倍にしていくかってことを細かく、わかりやすく解説してくれているのでとっても読みやすくでおススメです♪
お暇なときにでも、見てみてくださいね。

今後も、内向型を受け入れたことで、自分自身がどう変わったかなってことを考察しつつ、発信したいなと思います\(^o^)/