断酒1ヵ月達成!断酒を継続させるためのコツをご紹介します

こんにちは、内向型をとことん活かすライフスタイルを提案するブロガーゆうにゃん(@younyanco2)です。

禁酒をやめて、断酒を始めてから1ヵ月が経過しました。

禁酒ではなく、断酒をすることにした。というお話

2019.01.03
このページに来ていただけたということは、きっとあなたも断酒を頑張っている、もしくは、断酒をしようとしているのだと思います。

断酒=一生飲まないということになりますが、

「一生飲まずにいることなんて出来るのだろうか。」って正直不安になりますよね。
すごくわかります。私もいまだに不安です。

よく言われることなのですが、禁煙や、断酒は別れた恋人のようなものです。
「あなたなしで、生きていけるのかしら」
そう感じずにはいられません。

ですが、もう、彼や彼女はいないのです。
別れを受け入れて前に進むしかないのです。

甘えていてはいけなくて、相手の幸せを願って自分も前進しようと心に誓う。
それが断酒というものなのですよねぇ。

それでも不安はつきものです。
ですが、不安を抱えながらも継続していくためには、どうしたらいいのだろうと感じますよね。

わたしも、継続させるためにはどうしたら?ということをこの1ヵ月で考えまくっていました。

考えた結果、自分なりの『断酒を継続させるためのコツ』を見つけることが出来たので、今回はそれをご紹介していこうと思います。

・断酒を継続させるためのコツを知りたい

そう感じているあなたのお役に立てれば、幸いです\(^o^)/

断酒を継続させるためのコツ

断酒を継続させるためのコツは、大きく見ると実はたった1つしかないと思っています。
それは、『断酒する環境を整える』ということです。

ざっくりしすぎて、よくわからないですよね。
どういうことかと言いますと、そもそも、どうして不安になるのかを考えてみるとわかりやすくなります。

どんな時に飲みたくなる?

あなたは、どんな時に断酒への不安を感じるでしょうか。
多分「お酒が飲みたい」と感じるときですよね?

または、こんな時「お酒を飲みたくなるかもしれない」と思う時だと思います。

例えば、超絶人見知りの内向型のわたしでしたら、

・友人などの飲み会に参加するとき
・新しい職場などで、飲み会が行われるとき

などを想像するだけで、お酒がないことに不安を感じてしまいます。
これまで、お酒の力に頼って何とか乗り切ってきましたから。

どうしたらお酒なしでも乗り越えられる?

こんな状況を避けるためには、不安を潰していく必要があります。
この場合でしたら「お酒がなくてもその場を楽しめる(もしくは、しのげる)自分になる」ことが出来れば大丈夫ですよね。


このように、どんな時に飲みたくなるかな?を先回りして考えて、そうならないための方法を考えるというのがつまり、環境を整えるってことなのです。

断酒を継続させるためのコツは、『環境を整えること』

具体的にどんな環境の整え方があるのか、いくつか例をあげてみますね。

①「断酒」を宣言する→誘われないようにする
②スーパー、コンビニのお酒コーナーは絶対に通らないことにする→誘惑されない
③断酒を頑張る仲間を作る→裏切れない
④体を鍛える、ダイエットする→お酒を飲んだら台無し
⑤趣味を見つける→お酒なんて飲んでる時間ない

順に解説していきますね。

①「断酒」を宣言する→誘われないようにする

誘われない環境を整えるという意味で、断酒したことを宣言するって大事です。
これから出会う人、例えば新しい転職先で出会った人などには「体質的にお酒は合わなくて、飲まない」と伝えるのもいいなと思います。

飲み会などあると、「飲まない」と言っても「一杯くらい」と誘ってくる人が1人くらいいますよね。
「飲まないっつってんだろうが!」ってキレてもいいと思いますが、そうならないためにも、体質的に無理感を出しておくと良さそうです。

②スーパー、コンビニのお酒コーナーは絶対に通らないことにする→誘惑されない

次に、誰も誘惑してないけど、勝手に誘惑されないように、コンビニやスーパーのお酒コーナーは避けるのがおススメです。

例えば、友人や家族と一緒にお買い物をしていて、相手の方が「お酒見てくるね」っていう時でも、付いていかないのがベストです。

「じゃあ、わたしは炭酸水コーナー見ているね!」という感じで、お酒コーナーには近づかないようにしましょう。

【結論】禁酒中はお酒の代わりに炭酸水をおススメしたい3つの理由

2018.04.18

③断酒を頑張る仲間を作る→裏切れない

次は、一緒に断酒する仲間を作ることをおススメします。
わたしのように、超絶人見知りの内向型の人にとっては、「えぇ~仲間なんて作れないよぅ」って尻込みしちゃうと思います。

すごくわかります。実は、わたしも肩を組みあう仲間がいるわけではありません。
Twitterで見つけた断酒している人を勝手にフォローして、勝手に仲間意識を持っているだけなのです。

言葉は交わさなくても、イイネして、イイネもらってという人がいるってだけで、頑張ろうって思いますよ。
例え飲みたくなっても「○○さん、頑張ってるから、わたしも頑張ろう」そう思えるんですよね。


なので、正確には仲間を見つけるというよりも、断酒を頑張っている人を見つけて、応援する。ということになりますね。

断酒を頑張っている人は、TwitterなどのSNSなら簡単に見つけることが出来ますし、もしそういうネット上の関係は嫌だと感じるのであれば、アルコール依存症の自助グループである『断酒会』に参加するという手もあります。

以下のサイトから断酒会の情報をチェック出来ますので、気になる方は是非、チェックしてみてくださいね。

全日本断酒連盟

④体を鍛える、ダイエットする→お酒を飲んだら台無し

続いては、身体を鍛えまくることや、ダイエットもおススメです。
筋トレや食事などで身体が変わってくると、お酒なんて飲めないって思うようになります。

よくわたしたちの身体は、わたし達が食べたもので出来ている、と言いますが、これは本当で、アルコールという有害物質を体内に入れれば、そういう身体になっていきます。

もし、あなたが断酒をして数週間、数ヵ月経過しているのであれば、それは身に染みて感じている事だと思います。

禁酒をしたらどんな効果を感じられる?是非味わってほしい禁酒の4つの効果とは

2018.09.26

身体を鍛えて、体つきを変えることって簡単なことではありません。
それを一生懸命やってのければ、再飲酒なんてできなくなるのですよね。

水の泡ですもの。もったいない。
なので、とことん鍛えたり、自分磨きに精を出すっていうのは、

①素敵になる
②お酒なんて飲みたくないって思うようになる

まさに一石二鳥なのではないでしょうか。

⑤趣味を見つける→お酒なんて飲んでる時間ない

最後は、趣味を見つけて「お酒なんて飲む時間ないよ!」っていう状況にすることをおススメします。

趣味を見つけるって難しく考えがちですが、先ほど挙げた筋トレやダイエットなんかでもいいですし、勉強したかった英語をやってみるとか、なんでもいいと思います。

要は、お酒が入る隙間もないくらい、なにかに熱中してみるといいですね。

ちなみにわたしの場合は、筋トレと、キックボクシングにハマっています。

この趣味などについては、これまでやらなかった事がいいかもしれません。もしくは趣味をする環境を変えるのが望ましいです。

なぜかと言うと、例えば、これまでは、お酒片手に自宅で映画を見るのが楽しみだった場合、映画を見るとお酒が飲みたくなる衝動にかられる危険があります。

なので、極端な話、その趣味を続けたいのであれば、車でネカフェに行きそこで見る、とかお酒を飲めない状況を自ら作り出すことをおススメします。

断酒を継続させるためのコツについてのまとめ

今回は、断酒を継続させるためのコツについて考えてみました。
色々具体例も挙げてお話してきましたが、要は「飲みたい」と思わない環境を作る、整えることが大事ってことです。

難しく考える必要はなくて、まずどんな時に飲みたくなるかな~って考えてみて、そうならないためにどうしたらいいか、を考えるだけです。

お酒を飲みたくなる瞬間って誰にでもあるし、決して悪いことではありません。
無理やり打ち消そうとするのではなくて、

「お酒を飲まなくてもいいやー」
「むしろ、お酒じゃまー」

そう思える環境にしていけばいいのです。

ぜひ、やってみてくださいね。
一緒にがんばりましょう。

それでは、また。