野良猫を救いたい!TNR活動って知っていますか?

こんにちは、ゆうにゃん(@younyanco2)です。

「ゆうにゃん」という名前にも表れていますが、実はわたくし大の猫好きです。

この記事を書いている今もひざの上には猫ちゃんがいます。

我が家には6匹のにゃんずがいるのですが、みんな保護猫です。

 

昔に比べて野良犬って街中で見なくなりましたよね。

しかし野良猫ちゃんはまだまだ見かけます。

 

私の家は住宅街にありますが、近所には30匹近くの野良猫ちゃんがいるんじゃないかな。

よく我が家のにゃんずと窓越しに見つめあっています。

それくらい野良猫ちゃんって多いのです。

 

近所のにゃんずは地域猫と呼ばれる存在で、地域の方たちの餌やりが行われているようです。

かわいいから、可哀想だからとむやみに餌やりをする行為は極めて危険です。

しかし、ご近所の地域猫ちゃんたちはどうやら避妊・去勢が行われている猫ちゃんも多いようです。

 

なぜわかるのかと言うと耳カットと呼ばれる処理が施されているからです。

これはTNR活動により耳カットをされている可能性が高いです。

そんなTNR活動について今日はご紹介していきますね。

TNR活動ってなに?

 

TNR活動とは

T=TRAP(捕獲する)

N=NEUTER(避妊・去勢手術をする)

R=RETURN(元の場所に戻す)

TNR活動とは、地域猫活動とも呼ばれていますが、ただ餌やりをするだけでなく糞尿のトイレ問題や、

これ以上増えないように繁殖させないための避妊・去勢手術を解決していく活動のことを指します。

 

 

T=TRAP(捕獲する)

 

野良猫の捕獲は大変です。

毎日ごはんをあげてもいざ触ろうとすれば威嚇され、時には引っ掻かれることもあります。

 

私自身、これまで保護しようとして野良猫ちゃんにひっかかれた経験があります。

野良の猫ちゃんは人に慣れていないし警戒心がとても強いです。

なので、攻撃力も半端ないのです。結構深い傷を負いましたよ。

 

野良猫ちゃんの捕獲には捕獲器を使用することが一番望ましいです。

わたしの住んでいる所では市の愛護センターが捕獲器の貸し出しをしてくれています。

百均のワイヤーネットを利用して自作する、という人も中にはいらっしゃるようですね。

 

捕獲器を使用する際は以下のことに注意してくださいね。

 

・猫が怪我をしないように気を付ける

・捕獲器の音や動作で猫がパニックになる場合があるので布などを被せ、外の景色を見せない

・野良猫に引っ掻かれないように手袋や長袖を着用する

 

 

N=NEUTER(避妊・去勢手術をする)

 

野良猫の捕獲ができたら、病院に連れて行き避妊・去勢手術をしてもらいます。

手術の費用は病院にもよりますが2万円前後になるでしょう。

基本的にメスは1泊の入院が必要になるので割高になります。

 

雄猫のマーキング防止や、繁殖させないためにも避妊・去勢は重要です。

不妊手術が完了したら、目印として耳をカットするようです。

 

R=RETURN(元の場所に戻す)

 

不妊手術完了後、術後の経過を見る必要があります。

問題がないようでしたら、捕獲した場所へ戻すことがTNR活動の決まりです。

その後も餌を与えることやトイレの処理をすることで地域の猫として人間も猫も共存していける社会に

近付けます。

 

 

TNR活動は必要なのか

このTNR活動に賛否両論あるのは知っています。

現在空前の猫ブームと言われるほど猫に注目が集まっていますが、世の中猫好きな人ばかりではなく

逆に嫌いなひともいますよね。

だけど、野良猫を増やしたのは誰でしょうか。

間違いなく人間です。無責任な人間によって野良猫は増えてきました。

 

これ以上、野良猫を増やさないためにもTNR活動は必要です。

猫嫌いな人のためにも、猫のためにも、猫好きな人のためにもTNR活動は必要だと私は思います。

 

 

TNR活動で不幸な野良猫を減らせると信じて…

 

野良猫は生後半年ほどで妊娠します。

一度に3~6匹、年に2回出産すると言われています。放っておけばどんどん増えていくことが

目に見えますよね。

 

またオスであれば、縄張りのためにマーキングをします。

猫は犬に比べて糞尿が臭いです。これは、猫がきれい好きで体臭が無い分ニオイを体内に飲み込むから

と言われていますが、本当に格別に臭いです。

 

そんな猫臭さが家の周りで放たれていたらがっかりしますよね。

TNR活動では避妊・去勢することでマーキングを防止できる可能性が高いです。

 

また猫に多い猫エイズを防ぐことが出来ます。生まれて間もない仔猫が車に轢かれている姿を

見たことはありませんか?本当に胸が痛みます。TNR活動により不幸な猫を増やさずに済むのです。

 

ただ、お金がかかりますよね・・・

 

この活動には助成金が出る場合があります。

詳しくはお住まいの地域の自治体にお問い合わせすると良いでしょう。

また、熊本市の竜之介動物病院では年に二回TNR活動として野良猫の不妊手術を無料で

行っています。こういった活動を利用させてもらうのもひとつの手段ですよね。

http://ryunosukeah.wixsite.com/boxryunosuke

 

今日はTNR活動についてご紹介しました。この活動には賛否両論ありますよね。

わたしの意見としては賛成派なので今後少しずつでも活動に参加していけるようにがんばります。

 

 

それでは、また。