超シンプル!『ゼロ秒思考』で考える力を鍛えるための方法って?

スポンサーリンク

 

こんにちは、「なりたい自分になる」を実践、発信中のゆうにゃん(@younyanco2)です\(^o^)/

突然ですが何かを考えなくてはいけないのに、なかなか考えがまとまらない事や、深く考えられないことってありませんか?
例えば、

 最近パートナーとなんとなくうまくいっていないけど理由がわからない

 仕事の効率化を図りたいけど時間に追われて出来ない

 将来のことが不安だけどなにも考えられない

このように、大事なことなんだけど時間がないことや、まとまらないという理由で先延ばしにしている自分の課題が誰にでもあるのではないでしょうか?

思考力がなくなった?!30代からの『考える力』を鍛える4つの方法とは?

2017.10.29

わたし自身がそうなのですが、「考えていること」は常にあるはずなのに、忘れていくし流れていきますよね。さらに、深く考えたいのに考えがまとまらずにこれまた流れてしまう。
これは、「考える力」が無いと言えますよね。

「考える力」を鍛えよう!ということで出会ったのがコチラの本

赤羽雄二氏著書「ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

今日はこの「ゼロ秒思考」を基に考える力を鍛える方法についてご紹介します\(^o^)/

「ゼロ秒思考」で考える力を鍛えたらどうなるの?

まずは、考える力を鍛えることでどんなメリットがあるかについてお話します。

考えることで自分の「今」を把握出来るようになる

普段、わたしたちは色んなことを思い、感じて生活しています。しかし、それは自分の中で残そうとしないとすぐに忘れていってしまいますよね。

記憶や記録をしないとわたしたちの『今』はすぐに過去へと流されていくのです。

考える力を鍛えることで『今』の自分の感情やイメージを把握出来るようになります。

気持ちのコントロールが出来るようになる

自分の『今』を把握出来るようになれば、セルフコントロールが出来るようになります。

自分の中で何に対してどう思っているのかを知っているというだけで全然違います。

何が楽しい?
何が嫌い?
何がうれしい?
何が悲しい?

自分の中の喜怒哀楽の感情を把握出来ればどう行動するかの決断や感情をコントロールしやすくなります。

ストレスレスになり明るく前向きになれる

自分の気持ちのコントロールが出来れば、ストレスが軽減されます。
常に自分の『今』を把握出来て入れば、迷うことも不安に思うことも少なくなります。

ストレスや不安が軽減すれば、いつも明るく前向きな気持ちでいられますよね。

このように、考える力を鍛えるということは人生を前向きで明るいものに変えてくれる方法でもあるのです。

『ゼロ秒思考』という超シンプルなトレーニング方法って?

考える力を鍛えることのメリットについては前述してきました。
では、考える力を鍛える方法である「ゼロ秒思考」ついてご紹介していきます\(^o^)/

ゼロ秒思考とは?

ゼロ秒思考とは、すなわち、瞬時に現状を認識し、瞬時に課題を整理し、瞬時に解決策を考え、瞬時にどう動くべきかを意思決定できることだ。

本書の中にはこう書かれています。

人は瞬時に考えることが出来、時間をかけて悩む必要はないのです。考える力さえあれば、それが出来るのだと。

確かに、深く考えなくてはいけないこと=時間をかけて考えなければならないわけではないですよね。時間をかければ考えが深まるとは限らないのです。

わたしもせっかちなのでそうなのですが特に会社の経営者やトップに立つ人は特に決断にスピードを求められます。ゼロ秒と言わずとも即断即決する力が必要になってくるのです。

「出来るひと」がそれが出来るのは常にアンテナを立てて情報収集を怠らず、考え、あらゆる問題と向き合っているからだ、と著書である赤羽さんはおっしゃっています。

つまり、情報を集め考えることを習慣化しているひとはどんな時でもスっと答えを導きだせるのですね。
ゼロ秒思考を身に着けることが出来れば、瞬時に現状把握して今ある課題を整理し解決策を考えるという思考のスピードと質が上げることが出来るというわけです。

ゼロ秒思考を身に着ける方法とは?

それでは、次にゼロ秒思考を身に着けるための具体的な方法についてご紹介していきます。

やり方はとっても簡単でシンプルです。

感情やイメージを目に見えるようにします。つまりメモ書きです。自分の感情を思いのままメモに残していくというたったそれだけなのです。簡単ですよね(^^♪

先ほども述べましたが、わたしたち人間というのはすぐに忘れる生き物です。今感じていること、思っていることもすぐに忘れます。メモ書きをすることで忘れないだけでなく頭の中が整理されるようになります。

考えたこと、思いついたアイデア、感じた喜怒哀楽を出来るだけすぐに書き留めるようにします。

メモ書きの方法って?

一言でメモ書きと言いましたがそこにも著書の赤羽さん推奨の方法があります。

 

 A4用紙を横書きで使う

 1件につき、1ページ使用する

 4~6行で各行20~30文字にする

 1ページに費やす時間は1分程度で毎日10ページを目標に書く

実際にわたしが書いてみたものがコチラ↓↓↓

このようなメモ書きを1日に1ページ書いていくのです。

詳しいやり方については実際に書籍を読まれたらわかりやすいかもしれません( ゚Д゚)

今日のまとめ。

今日は『ゼロ秒思考』で考える力を鍛えるための方法についてご紹介してきました。

考える力を鍛えるためにはメモ書きを習慣化することで自分の中のモヤっとした感情やイメージを目に見える形にする必要があることを感じることが出来ました。

感情やイメージを可視化していくことで常に自分の中の現状を把握できるようになりますよね!

わたしも考える力を鍛えるために是非、実践していこうと思います。

成果についてなどの詳細はまた後日ご報告します\(^o^)/

気になった方は是非、赤羽雄二氏著書の『ゼロ秒思考』、読んでみてくださいね♪

それでは、また。