【行動力のある人になる!】「すぐ動く」ために必要なのはたったの3ステップ

こんにちは、内向型ブロガーのゆうにゃん(@younyanco2)です。

あなたは、

「今すぐに行動したいのにお尻に根が張っていて動けない」
「動き出すのが億劫だ」
「やらないと、始まらないのに…」

というように中々動き出せない自分に、嫌気がさすことはありませんか?

もしあなたが私と同じように、内向型人間であれば尚更そうかもしれません。
なぜなら、内向型人間というのは慎重であることが特徴の1つだからです。

【結論:ありのままでいい】内向型をとことん誇る生き方をしよう!

2018.03.25

そんな慎重すぎる内向型の人であっても今すぐ動き出せる行動力のある人になる方法があります。
その方法とはたったの3ステップを踏むだけなのでとっても簡単です。

そこで今日は、行動力のある人になるための3ステップについてご紹介していきましょう\(^o^)/


その3ステップは以下の通りです。

  1. 行動を動機づけるものを知る
  2. やりたくないこと、やりたいことを明確化する
  3. 目標設定をしてイメトレする

簡単すぎて「フザけんな!」って怒られそうですよね。
それくらい簡単なことで、わたし達は「行動力のある人」になれるのです。

こんな簡単なステップなのに、わたしが今までやってこなかったのは知らなかったから。
答えはいつもシンプルです。それだけのことなのです。

上記のステップを踏むだけで、あなたも確実に、行動力のある人になれます。
それでは1つずつ詳しく解説していきましょう\(^o^)/

行動力のある人になる!ステップ①あなたの行動を動機づけるものを知る

まず、最初のステップは、「なぜ、あなたは行動するのか?」を知ることです。

頭の中に「??????????」がいっぱい浮かんでいるかもしれませんね。

わたし達は日々いくつもの行動をして人生を重ねていっているわけですが、そのいくつもの行動には理由があります。

例えとしていくつか挙げてみましょう。

  • 日々の小さな行動・・・歯を磨く、食事をする、靴を履く、車を運転する
  • 人生においての大きな行動・・・就職試験を受ける、プロポーズする、結婚する、旅行する

このように、日々当たり前にしている行動から、決意をもってする行動があります。
この行動には理由があります。

少し考えてみると色んな理由が浮かんで来そうですが、実は大きくわけて2つしかありません。
すべての人に共通して言えることですが、行動を動機づける理由はたったの2つしかないんです。

行動を動機づける理由①苦痛への恐れ

まず1つ目は、苦痛への恐れです。
苦痛というのは、痛い、辛い、苦しいなどの状態ですね。

先ほど例に挙げた「歯を磨く」という行動について見てみましょう。
わたし達は、「虫歯になって痛い思いをしたくない」ということを無意識レベルで恐れています。
それ以外にも「歯を磨かないと汚れる、臭う」という恐怖がありますよね。

だから、わたし達は歯を磨きます。
つまり、歯を磨かないことで苦痛を味わいたくないから、磨くのです。

行動を動機づける理由②快楽への欲望

そして2つ目の理由は、快楽への欲望からわたし達は行動します。
快楽への欲望というと、ダークな感じになってしまいますが、楽しみたいという感情です。

恋愛や、食事、仕事など色んな場面で、わたし達は楽しみたいし、認められたし、満足したいと思っています。
だから、そのための行動をしているのです。

このように、なぜ行動するのか?を理解することで、逆に「なぜ行動しないのか?」が見えてきます。

行動しない原因は、その「行動すべき」と思っていることが、漠然としたものなのかもしれません。

行動する理由が見出せていない、と言えるかもしれません。
そこで、次のステップでそれを明確化していきます。

行動力のある人になる!ステップ②やりたくないこと、やりたいことを明確化する

先ほど、行動を動機づける理由は「苦痛への恐れ」「快楽への欲望」の2つだと言いました。

2つ目のステップでは、あなたの苦痛と快楽について明確化していきます。

あなたの苦痛を明確化→やりたくないことを紙に書き出す

まず考えて欲しいのが、あなたにとってのやりたくないことです。
「これだけは、マジで本当にゼッタイやりたくない!!!!!」っていうことが誰にでもいくつかありますよね。

わたしの場合だと大勢の人前でおしゃべりをすることです。
発表だったり、意見をいうのも苦手です。

とにかく大勢の人前に立つことがホントに嫌!

あとは、他人様にお金を借りることも嫌だし、太ることも嫌。
威圧的な態度されたくない、時間に縛られたくない、不安定になりたくない…

このようにバンバン出てくると思います。
それを紙に書き出してみましょう。

あなたの快楽を明確化→やりたいことを紙に書き出す

次に、あなたにとっての快楽を明確化していくために、やりたいことを紙に書いていきます。

ここでのポイントは先に「やりたくないこと」を書いておくことです。
あなたにとっての苦痛を知ることで、より快楽が明確化しやすいからです。

わたしの場合は、「太りたくない」というやりたくないことから「細マッチョになりたい」というやりたいことを明確化することが出来ました。

細マッチョになれば、他人から褒められる、称賛されるという快楽につながりますよね。

ぶっちゃけてしまえば、わたしの場合、お金を稼ぐことや他人に認められたい、というのが快楽の軸にあるようです。

行動力のある人になる!ステップ③目標設定をしてイメトレする

さて、ここまでで自分が恐れる苦痛や、求める快楽がわかってきたかと思います。

それを踏まえて、あなたはどうしたいですか?
何をしていきたいですか?

明確な目標を設定する

最後のステップとして目標を設定していきましょう。
目標の設定方法については以下の記事で詳しくご紹介してるのでご参考にしてみてください。

目標はどう設定する?目標設定のための超シンプルな3つのポイント

2018.09.09

なぜ出来ない?【超カンタン!】あなたが目標を達成するための4つのステップ

2018.09.08

鮮明にイメージトレーニングする

明確な目標を設定できたでしょうか?

出来たら後は毎日イメージトレーニングしていきましょう。

なりたい自分、やりたいことをできるだけ鮮明にイメージすることがポイントです。
毎日寝る前の数分でいいんです。

鮮明に鮮明に、イメージします
すると、自分のやるべきことが見えてきます。

明日すぐにできることを行動に移す

その時に、明日すぐに行動できることを、明日の行動目標にしましょう。

例えば、細マッチョになりたいわたしであれば、ジムにいくために気分を上げるために新しいウェアを買う、とかでいいんです。

その他にも、美味しくて効果的なプロテインを見つけるなど。

ポイントは明日すぐに出来ることをする!と決意し、行動することです。超カンタン!

筋肉女子必見!筋肉をつけるためのプロテイン摂取方法とおススメをご紹介

2018.10.04

今日のまとめ。

今日は、行動力のある人になるための3ステップについてご紹介してきました。

とてもカンタンですよね。でもしっかり時間を割いて、自分と向き合うことが大事です。

いい加減なリストだと効果も半減してしまうので、一人でじっくり時間を取れるときにリスト化していくのがおススメです!

自分と向き合って、しっかり目標設定することで明日からすぐに行動力のある人になれます。

小さな一歩を毎日踏み出すことが重要です。

小さくても、何もしないよりも進んでいるという事実をお忘れなく!

それでは、また!