禁煙うつは「永遠」じゃない!最強の敵、禁煙うつに勝つためのたった一つの方法とは?

スポンサーリンク

 

こんにちは、「なりたい自分になる」を実践、発信中のゆうにゃん(@younyanco2)です。タバコをやめて3ヶ月とちょっと経過しタバコを吸わないことにずいぶんと慣れてきました。

喫煙女子必見!それでもまだ吸いますか?タバコが与える3つの悪影響

2017.05.30

「禁煙は宣言した方が良い!」と言われる禁煙宣言の3つの効果とは?

2017.03.01

禁煙をする前は、禁煙さえすればタバコから解放された喜びとニコチン依存からの解放で心も体も元気いっぱいでハツラツとした日々になるんだと思っていました。

しかし、「あれ、なんかヤル気が起きない。元気が出ないゾ…」という日々なんです。

これが、いわゆる禁煙うつか。ついに最後の強敵ラスボスの登場です。

そこで今日は、禁煙うつに勝つためのたった一つの方法についてご紹介します。

禁煙うつってなに?最後の強敵ってどういうこと?

禁煙うつとは、禁煙によるストレスからうつのような状態に陥ってしまうことを言います。

禁煙うつの原因はセロトニン不足

なぜ禁煙をすることでうつのような状態になるかというと、セロトニン不足が大きく関係していると言われています。

どういう事かと言うと、喫煙者はニコチンにより脳内を支配されてしまっています。タバコを吸って安堵感のような快楽を覚える瞬間があるのです。

それは快楽物質である「ドーパミン」が放出されているからなのですが、このドーパミンは過剰に放出されすぎると依存などの症状を引き起こしてしまいます。

そうならないために「心のブレーキ」とも呼ばれている「セロトニン」が活躍します。しかし、タバコを止めニコチンを摂取しないことでドーパミンが放出される事が無くなります。

するとセロトニンの活躍する場面も無くなってしまいますよね。それにより、セロトニンが作られなくなり、セロトニン不足になるというわけです。

セロトニン不足になったことにより、ブレーキが効かなくなった心は暴走を始め鬱のような状態へと陥っていくのです。

 禁煙鬱はいつまで続くの?

f:id:younyan212:20170917163627j:plain

「なんとなくやる気が出ない。」

「なぜか、小さなことでイライラする」

そんな状態は本当に辛いですよね。

イライラしたくないしやる気を持って頑張りたい。

だけど、うまくいかないのです。

禁煙が原因で、この鬱のような状態が続くのならまた喫煙した方が楽なんじゃないか。

そう考えてしまう瞬間も正直あります。

 

終わりの見えない戦いにうんざりしちゃいますよね。

 

でも、大丈夫です。

禁煙鬱は永遠ではないのです。

禁煙うつの期間はだいたい3ヵ月

禁煙を始めて3ヵ月くらいしてくるとニコチンに支配されていた脳内が正常に動き出します。そのことから禁煙によるセロトニン不足が回復するのは大体最低3ヶ月程度と言われています。

つまり、禁煙うつも大体3ヶ月程度で落ち着くと言われています。

個人差はあります。禁煙うつ自体、禁煙をしたら誰でも必ずなるというものでもありません。

禁煙うつに勝つためのたった一つの方法とは?

このように禁煙うつは辛く、苦しいことがあります。そんな禁煙うつに負けない、勝つための方法がたった一つだけあります。

禁煙うつは永遠には続かないことを理解する

前述してきたように、禁煙うつは永遠には続きません。それを理解し言い聞かせましょう。
永遠のように感じてしまうから辛く終わりが見えないような戦いに思えてしまうのです。

セロトニンを増やす方法とは?

また、禁煙により不足してしまったセロトニンを増やすことも禁煙うつに勝つためには必要です。

セロトニンを増やすには、以下のことが有効だと言われています。是非、心掛けてみてくださいね。

 

 スクワット、ダンス、ウォーキング等のリズム運動

 朝日を浴びる

 朝食は和食中心にする

 規則正しい生活リズムを心掛ける

 

今日のまとめ。

今日は禁煙うつに勝つたった一つの方法についてご紹介してきました。

禁煙うつは永遠には続かないことを知り、理解することが大事です。

わたしも経験があるのでわかるのですが、人によっては禁煙うつって本当に辛いものなのですよね。意気込んで禁煙を始めても禁煙のせいでうつ病を発症してしまうケースもあるのです。

そう考えるとタバコを吸う人は身体も脳も、ニコチンに支配されているんだとしみじみ痛感できます。

 

禁煙うつには個人差があります。

生活するもの苦しいとか、起きられないほど辛いとかひどい状態ではありませんか?

もし辛いならお医者さんへ行きましょう。

なにがなんでも戦う必要はありません。

最悪の場合、ニコチンを摂取することも選択肢であっても良いと思います。

 

禁煙はまたいつでも出来ます。

禁煙したい気持ちさえ強く持ち続けていれば禁煙は出来ます。

無理をせず、お互いに禁煙に励んでいきましょうね。

 

それでは、また。