ダイエット中のお酒っていいの?太らないための注意すべき3つのこと

こんばんは、「なりたい自分になる」を実践、発信中のゆうにゃん(@younyanco2)です。
実はわたくし、禁煙を始めて徐々に体重が増えつつあります。

ダイエットしなければ!と思っているのですが、禁煙の影響からか苛立ちも多少あり、毎晩お酒に走ってしまっています。この季節、ビールも美味しいですよね。痩せたくてもお酒大好きな人はあるあるだと思うのですが、

「ダイエット中ってお酒はダメなの?」
「飲んでも太らないお酒は無いの?」

という疑問を持ったことはありませんか?
お酒はなんとなくNGなのかなぁと思いつつも、飲みながらダイエット出来たらいいなぁと思ってしまいますよね。

そこで今日は、ダイエット中のお酒で太らないための注意点についてご紹介します。

そもそもダイエット中のお酒は厳禁なの?

ダイエット中にお酒はいいのかという疑問についてですが結論から言うと、「絶対にダメ」ではないようです。調べると「厳禁」という人もいます。しかし「飲んでもいいんだよ」と言う人もいます。

「どっちやねん!」と突っ込みたくなるのですが、結論としてはお酒の飲み方や種類のチョイスが大事だと言えるようです。

 太りやすいお酒と太りにくいお酒がある

まず、「お酒は太るからダイエット中はダメ」と言われている要因のひとつはお酒には糖質が多く含まれているからなのです。糖質は脂肪を作り出すダイエットの敵、とも言えますよね。ただ、それは醸造酒と呼ばれる種類のお酒に限ります。

醸造酒とは、麦などの穀物や果実を酵母という菌によってアルコール発酵させたお酒のことを言います。代表的なもので言うとビールや日本酒、ワインなどが醸造酒にあたります。

この醸造酒をさらに蒸留したものに蒸留酒と呼ばれるお酒があります。蒸留酒には焼酎やウイスキー、ウォッカ等がありますが、蒸留酒は太りにくいお酒と言われています。なぜなら蒸留酒は糖分を含まないからなのです。

醸造酒の時点では、原料をアルコール発酵させただけなので糖分を含んでいるのですが、蒸留することでアルコールと香味成分だけを抽出しているので蒸留酒には糖分は含まれないのです。

このことから、蒸留酒は糖分を含まないので「太りにくいお酒」として意識高い系の女子から人気が高いのです。

 アルコールのみでは太りにくいって本当?

f:id:younyan212:20170623174136j:plain

たアルコールのカロリーはエンプティ(空の)カロリーと言われるもので、蓄積されないカロリーと言われています。よく「アルコールだけでは太らない」と言う話を聞きますが、それは少し語弊があるようです。

エンプティ・カロリーとは栄養素をほとんど含んでいない空っぽのカロリーを意味しています。アルコールを摂取したとき、この空っぽのカロリーが優先して消費されます。そのことから蓄積されないカロリーと言われています。

しかし、逆を言えば、アルコールを優先して消費するならアルコール以外のカロリー消費は後回しにされていると言えます。後回しにされ消費されなかった分は体内に蓄積され、太る原因になると言えますよね。

また、高カロリーのアルコールばかりを摂取していたら太る要因にもなります。

アルコールだけでは太らないというのは一概には言えないと結論できます。またお酒は太ると言われますが、本当の原因はそのおつまみにある場合が多いようです。

スポンサーリンク



 お酒には満腹感を鈍らせる作用がある

お酒だけでは太りにくいという反面でお酒は太ると言われる要因もご紹介しておきますね。実はアルコールを摂取すると食欲が増すことは科学的に証明されているようです。

お酒を飲むとどんなに食べてもいつまでも食べれるような気がして食べてしまうことってありませんか?

お酒を飲むことでアルコールを分解しようと肝臓が働きだします。すると血糖値があがりにくくなることで満腹中枢への刺激がなくなり満腹を感じにくくなるという仕組みです。

こうなると、いつまでも食べてしまい、太ることに繋がってしまいますよね。

ダイエット中のお酒で太らないようにするための3つの注意点

f:id:younyan212:20170623174429j:plain

ここで本題です。
ダイエット中の飲酒で太らないようにするための注意点を3つご紹介します。

ダイエット中のお酒で太らないようにするための注意点①空腹でお酒を飲まない

これは肝臓に大きな負担をかけてしまうからです。お酒を飲む前にカロリーの少ない豆腐や野菜を摂取するようにしましょう。

またむくみ対策として海藻なんかもおすすめです。飲酒前の水分補給として水、ミネラルウォーターも良いですね。

ダイエット中のお酒で太らないようにするための注意点②おつまみに注意する

前述しましたが、ダイエット中のお酒で気を付けるべきはお酒よりもお酒と一緒に食べるおつまみにあります。特に炭水化物、揚げ物には要注意です。

焼き鳥、お刺身などの高たんぱく質の食材をとるようにすると代謝の促進にもつながるので良いですね。また発酵食品である納豆、チーズ、キムチもダイエット効果があるので積極的に食べましょう。

ダイエット中のお酒で太らないようにするための注意点③飲酒後の「シメ」は厳禁です

f:id:younyan212:20170623174616j:plain

シメのラーメン、最高ですよね、私も大好きです。

しかし、それだけは絶対だめですね。シメのおかゆとかもやっちゃいますが、グッと我慢して水分をひたすら摂取しましょう。

今日のまとめ。

ダイエット中のお酒は種類や飲み方によってはダメではないことがわかりました。暑い夏の時期はビールをガっと飲むのが最高でしたが、それは今後は控えたいところですが、

「それだけは、止められない!!」

という人もいると思います。そういう方は最初の一杯だけビールにしてあとは無糖の炭酸水で割ったハイボールにするなどはどうでしょうか?

くれぐれも飲みすぎには注意しないといけないですね。

ダイエット中だから飲めない(/_;)と悲観することなくストレスフリーで程よいお酒を時々は楽しみたいですよね。

一緒にがんばりましょう\(^o^)/

それでは、また。

スポンサーリンク