喫煙女子必見!それでもまだ吸いますか?タバコが与える3つの悪影響

こんばんは、ゆうにゃん(@younyanco2)です。
タバコを止めて3日目を迎えています。
今日は朝イチから、「タバコを吸いたい」という衝動に襲われましたが深呼吸して無事に乗り切りました。

「禁煙は宣言した方が良い!」と言われる禁煙宣言の3つの効果とは?

2017.03.01

ところでタバコとは長い付き合いだったわけですが、わたしが「女である」というだけの理由でタバコを吸うことを度々批判されていました。

「女のくせにタバコを吸うなんて」
「女だからタバコは体に良くない」

女性の喫煙者ならあるある話ですよね。
でも、どうして女性はそんなにもタバコを吸うことを反対されるのか?
今日はタバコが女性に与える3つの悪影響について見てみましょう(*^_^*)

タバコが女性に与える3つの悪影響とは?

女性の喫煙率は9.7%です。みなさんはどう思いますか?
私は実は意外だと感じました。
私の周りには女性の喫煙者が多くいるからです。

女性は「女のくせにタバコを吸うなんて」と喫煙を反対されることが多くあります。
なので、隠れて吸う人も中にはいるのではないのかな、と思っています。

実は男性の喫煙率が減少傾向にあるのに対し、女性の喫煙率は横ばいなんだそうです。
昔から「女性にタバコは良くない」と言われていたにも関わらず、なぜ良くないのかを理解していない女性が多いと言えるのではないでしょうか。

実際にわたし自身も「なぜ女だからってタバコを反対されなくてはいけないんだ!!」と理解するどころか、反発心さえもっていたほどです。

タバコが女性に与える悪影響は主に3つあります。

 ①見た目が変わる
 ②女性特有のがんの発生率があがる
 ③妊娠や出産に大きく影響する

以下で詳しくみていきましょう。

タバコが女性に与える3つの悪影響①見た目が変わる

みなさんはスモーカーズ・フェイスという言葉をご存じでしょうか?
その名の通り、タバコを吸う人は吸わない人と比べ肌の老化が早く年齢よりも老けて見られる顔のことを指しています。

若いうちはまだわかりにくいかもしれません。
しかし年齢を重ねるにつれ、タバコを吸う人と吸わない人の見た目は大きく変わっていきます。

スモーカーズ・フェイスの主な特徴は3つあります。

 

・同年代の非喫煙者と比較して量が多く、深いシワが目立つ。

・乾いた唇、くすんだ肌色

・歯の黄ばみや歯茎の悪血色

 

なぜタバコを吸うとスモーカーズ・フェイスになるの?

タバコを吸うことでニコチンが体内に入るわけですが、そのニコチンの影響で血管が収縮されお肌に酸素を届きにくくします。
また体内にあるビタミンCがタバコを吸うことで破壊されることにより、ビタミンC不足となってしまいます。

ビタミンCはお肌のハリを作るのに必要なコラーゲンや、シミの原因となるメラニン色素が出来るのを防ぐなどお肌の健康には欠かせないものなのです。それがタバコを吸うことによって破壊されるので上記のような状態になってしまうんですね。

私が喫煙者だったころ(つい最近ですが)お肌を気にしてビタミンCなどのサプリメントを飲んでいたことがあります。
非喫煙者の友人か「喫煙者には無意味だよ」言われたことがあります。
タバコを吸うことで破壊されてしまうのなら、それもそうだと今更ながら納得しちゃいました。

スポンサーリンク

タバコが女性に与える3つの悪影響②女性特有の病気のリスク

肺がん、心筋梗塞、脳卒中、動脈硬化、うつ病、糖尿病等々、タバコが全身の色んな病気に起因することはよく知られていますよね。
女性特有の病気である子宮がんもタバコを吸うことでリスクが高まる病気の一つです。

非喫煙者の1.6倍のリスクがある言われています。

タバコが女性に与える3つの悪影響③妊娠、出産への影響

f:id:younyan212:20170530215217j:plain

妊娠したらタバコは厳禁というのは当然なのですが、どうして厳禁なのか、あなたはご存知でしょうか?
まず、喫煙者の妊婦さんから産まれた赤ちゃんは早産や低体重のリスクが高まります。

他にも産まれた赤ちゃんの成長過程にも影響されることがわかっています。
脳の発達、発育が妨げられているそうです。

タバコや受動喫煙によりタバコから出される煙を吸うと女性ホルモンの代謝は阻害されてしまいます。
そうすると、女性ホルモンが減少し、生理不順、不妊、抜け毛や白髪、早期更年期障害など引き起こされます。

妊娠した女性だけでなく妊活中の女性にとってもタバコは厳禁なのです。

以前勤めていた職場で、ヘビースモーカーの女性がいました。
その女性は妊娠がわかった時になかなかタバコを止めれませんでした。
「本数を減らしたよ!」と自慢げに話していたのですが、無意味なんですよね。

本数は関係なく受動喫煙も含めて完全にタバコの煙をシャットダウンするべきです。
お腹の中の子供は未来を選べません。大切な命です。

ニコチン漬けにさせないでなるべく健康に産んであげようとするのが最初の母親の役目ではないでしょうか。

今日のまとめ。

今日はタバコが女性に与える3つの悪影響についてご紹介しました。
タバコはもちろん男性にも多くの悪影響を与えています。

女性は出産という大きな役目を担っているので
「女性のくせにタバコはだめ」と言われがちですよね。

もし、美しいママになりたい。と願う女性であればタバコは捨てるべきですね。
タバコを捨てずして美しくもなれないし、ママにもなれないことを理解してもらえたら嬉しいです。

最初は物足りなさがあるでしょうが、電子タバコに移行してみる、という手もありますよ。

それでは、また。

スポンサーリンク